link    write  admin

スーホの白い馬

「好きな絵本は?」と聞かれると『スーホの白い馬』と答えます。
「それ教科書に載っているよ~」と絵本会で子供に教えられましたよ。

IMG_0340.jpg


絵を描いた赤羽末吉氏の息子さんのお嫁さんが出版された本です。
東京下町で育ち、青年期に満洲に渡り、戦後の引き揚げ時の辛い経験、やっとの思いで東京に帰りつくも、3人の子供は相次いで亡くなる・・・
それからの生活と出合い・・・
まるで大河ドラマのようでした。

IMG_0240.jpg


そんな折作者赤羽茂乃さんのリモート講演会を教えてもらいました。
初めてのことで、申し込みや確認やらでおろおろしましたが、どうにかその日を迎えられ、画面が出た時はほっとしました。

IMG_0317.jpg


茂乃さんは暖かく聡明な人で「おしげ」と呼ばれ、末吉氏とその奥さん(姑さん)から信頼されていたのですね~

IMG_0319.jpg


氏の最後の創作絵本『おへそがえる・ごん』シリーズ3冊です。
絵巻物風で軽やかに、かえる・へび・鬼・たぬき・きつね・少年が「強気をくじき弱きを助ける」話で痛快気分になれますよ!
へびは苦手でしたがこの絵本のはかわいいのです。
ちょっとしんどい今、元気が出る絵本ですよ~

IMG_0342.jpg


本とネット講演会で赤羽茂乃さんに出会え、赤羽末吉氏の絵本がもっと好きになりました。
この秋は図書館の彼の本を全部読みなおすつもりですが???ふふふ!
そして来年は、東京銀座の教文館で開かれる「赤羽末吉絵本原画展」に行きたいです。
行けるかしら?たのしみ!楽しみ!

06:59 | 絵本 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

9月の絵本勉強会

今月の絵本勉強会の当番は若い方でした。
盛り沢山の発表でしたよ。

まず最初の紹介は、1918年から2年間猛威をふるったスペイン風邪の当時、ユーカリの葉のマスク姿を描いた絵本のページです。

IMG_0194.jpg


『ドリトル先生アフリカへ行く』は1920年発表だとか。
大正時代の作品だと改めて知り、驚きました。

IMG_0195.jpg


人気のパンダたいそうシリーズです。
作者のいりやまさとし氏が「かわいいパンダは絵にするのは難しい、恐い動物をかわいく描くのはやさしい」と言われているとか。
フムフム、なるほど!おもしろいですね。

IMG_0197.jpg


中川素子著『スポーツするえほん』です。
スポーツの楽しさや魅力を描いた絵本60冊紹介しています。
今の時代お薦めでしょうね~

IMG_0202.jpg


その中の絵本です。
すべてコメントが添付してありました。

IMG_0199.jpg


おおきな袋に何十冊もの絵本を入れて回覧して下さり、盛り沢山の発表に感心しました。

IMG_0204.jpg


私は絵本の読み聞かせをしばらく休みたいとお願いしました。
情報過多で迷うばかりの日々でしたが「子供は感染しても無症状が多く、逆に強いウィルスを吐き出す」と聞き、決心しました。
コロナに対して70代の高齢者はあまりにも弱い存在ですから・・・

楽しみ時間がまたひとつお預けになりました。

06:59 | 絵本 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

絵本会は再開ですが・・・

図書館の絵本グループの例会が再開です。
しっかりと窓を開けて、全員がマスク姿です。

IMG_5487.jpg


来月から絵本会再開で、読み手はフェースシールドを付けるのです。

IMG_5480.jpg


イギリスの絵本作家のクェンティン・ブレイクの勉強をしました。
最初びっくりして次におかしくて最後はちょっと悲しくなる、お気に入りの絵本ばかりです。

IMG_5482.jpg


今回の勉強本の当番の方は紙芝居でした。
アーサー・ビナード氏が8年もかけて完成された作品『ちっちゃいこえ』です。
絵は丸木俊・位里氏の屛風絵の一部を切り取り構成したものです。
日本人以上に日本を愛し心配している氏の、思いの詰まった紙芝居でした。

IMG_5489.jpg


当番が決まってビナード氏の講演会に行き、実演を観てそしてメッセージを聞き、そのあつい感動を伝えてくれた若い会員さんの最後の一言は、これからの私の生き方に大きな指標を与えてくれました。
「勉強することは素晴らしいことだと気づきました。」
この言葉で発表を終えられたのですよ・・・

06:40 | 絵本 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いっしょだよ

4歳の女の子のために読みました。
さくらんぼ柄のパンツをお母さんがはくとリンゴになる、トカゲは恐竜に(小さい物が大きく変身していく)・・・の繰り返しで、3年生男子はすべてクールに先読みし答えをつぶやいていましたよ。

おかあさんのパンツ
山岡ひかる
絵本館

IMG_4629.jpg


森の生物が共存して生きる姿を美しい写真で紹介しています。
こういう場所に行くことが今の子供たちはあるのでしょうか?
少しでも森に興味を持ってほしいのですよ!

いっしょだよ
小寺卓矢 写真・文
アリス館

IMG_4594.jpg


2007年に出た中国の絵本です。
「あ!教科書にお薦めの本で出てたよ」と見るなり3年生の女子が言いました。
子供を猟師に殺され怒り狂うトラに城の小さい王子をいけにえに差し出し、王様は?お后様は?・・・
ハラハラドキドキのお話ですよ~

ウェン王子とトラ
チェン・ジャンホン作・絵
平岡敦訳
徳間書店

IMG_4649.jpg


きょうの工作は段ボールで大きな輪っかを作りその中に入り回ります。
全身で動きまわり「キャーキャー」と大喜びでしたよ!

IMG_4683.jpg


『ウェン王子とトラ』を高齢者の集まりでも読みました。
ページいっぱいに大胆にしかも細部までていねいに描かれた絵は、とても好評でした。
どうぞご覧になってください。

09:32 | 絵本 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

なんみんってよばないで。

10月の土曜学校で読みました。

秋にはいつも読んでいます。
愉快なさつまいもの動きに、だれでも大笑い、高齢者は「孫に買ってやるわ」と言われましたよ!

さつまのおいも
中川ひろたか 文
村上康成 絵
童心社

IMG_4497.jpg


イルカ・キツツキ・・・など11種類の動物の一生を平均数字で絵解きしてあるのです。
大人も楽しめますよ~

ライフタイム
ローラ・M・シェーファー ぶん
クリストファー・サイラス・ニール え
福岡伸一 やく
ポプラ社

IMG_4528.jpg


イギリスで難民の説明を子供にするために描かれた絵本です。

読む前に「なんみんって知ってる?」と聞くとみんな「知らない」と答えました。
若いお母さんと坊やが国を出て行くのですが、「きみならきがえやはみがきはどこでする?」等、ページごとに読者に問いかけがあるのです。

なんみんってよばないで。
ケイト・ミルナー さく
こでらあつこ やく
合同出版

IMG_4523.jpg


見返しページを見せて「これなあに?」と聞くと、「テント」と言ってくれました・・・

IMG_4555.jpg


これは「ガオーレディスク」で「ポケモンガオーレ」というゲームで勝つともらえるとか。
3年生の男の子に教えてもらいました。
もちろんゲームセンターでお金を払うのです。

IMG_4550.jpg


その金額は100円ではないのです。
知らないことに只々びっくりしました。

やっと記事が書けました。
待ち望んでいた季節になったのですが、PCに対して頭が動かず気力もわきません。
どうしましょう・・・
困った!こまった!



06:04 | 絵本 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑