link    write  admin

柚木沙弥郎氏は97歳

柚木沙弥郎氏の絵本や表紙絵が好きでした。
数年前に「いのちの旗じるし展」で型染を見て、その北欧風であざやかな色使いに引き込まれたものでした。

IMG_4620.jpg


そして今回は最新作「鳥獣戯画図」がやってきました。

IMG_4604.jpg


1メートル大の大型パネル5枚は迫力があり、動物が生き生きと跳ね回っていました。

IMG_4601.jpg


絵本原画はクスクスと笑え、大きな型染には思わずため息が出ます。

IMG_4613.jpg


奥の喫茶コーナーでは緑の中につわぶきの黄色の花が明るく、コーヒーと一緒に楽しめました。

IMG_4598.jpg


こじんまりとした美術館は疲れが出ず、ゆっくりと過ごせます。
それにしても97歳で現役!
へこたれ気味の私は只々恐れ入っておりますよ!

続きを読む
08:12 | 美術館 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一切は空

梅雨の晴れ間の美術館の前庭は,緑が濃く吸い込まれそうでした。
きょうはこの町の美術協会の会員展を観に行きました。

IMG_4136.jpg


韓国の女性の「空」という絵です。
<関係性で名前はあるがすべては空である>と、先日写経会で習いました。

IMG_4127.jpg


「私は85歳ですよ~、わたしの絵を観てくださいね」と言われた作品です。
椿でしょうか?
色合いが好きです。

IMG_4131.jpg


港の絵です。
いつも見ている山があり・・・海もあり・・・
絵が描ける人がうらやましいです。

IMG_4132.jpg


歩いて30分足らずですので、家に帰ってお茶をしました。
頂き物のバターケーキが今の高揚した気分にぴったりで、静かに余韻に浸れました。

IMG_4156.jpg


        一切は空 一切を空と観ずることも又空    般若経
 
先日読んだ樹木希林さんの本『一切なりゆき』にありました。
難しくて頭がついていきません・・・

05:53 | 美術館 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

歌川国芳と歌舞伎と空豆と

浮世絵を観るのが好きです。
絵のことはわからないのですが、何となくその時代の庶民の粋を感じるのです。
何と今回は幕末から明治に活写された作品で、それだけでもわくわくして出かけました。

IMG_3948.jpg


私のお気に入りの人物「平清盛」、江戸時代の歌舞伎で演じられた顔なのです。
なかなかに男前ですね~

IMG_3943.jpg


人気の役者勢揃い、魅力的な目でした。
みんな私を見ている、ふふふ!

IMG_3941.jpg


一転してこちらは今時の歌舞伎座です。
とてもスマートであか抜けた雰囲気が、素人目にも感じられるのですがどうでしょうか?

IMG_7153.jpg


時代の大きな流れは変えようがないことを、歴史は教えてくれています。
幕末の江戸でひたすらに作られた浮世絵、彼らにどんな心持ちがあったのでしょうか?

IMG_3954.jpg


大好きな豆の季節は足早に過ぎています。
しんがりは空豆ですね。
「Bはこれが好きだったね」「居酒屋では一つ三百円ですよ」
ジジババがぼそぼそと話しながら空豆を食べた初夏の宵でした・・・

     そら豆はまことに青き味したり
               細見綾子

06:44 | 美術館 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

tupera tupera の展覧会

「tupera tupera」は男女のユニットで絵本、雑貨、アニメーション・・・で活躍しています。
私は絵本しか知りませんでした。

IMG_3586.jpg

『しろくまのパンツ』は絵本賞を受賞しています。

IMG_3587.jpg


『パンダ銭湯』はこの奥にお風呂がありました。

IMG_3584.jpg

日曜日のせいか若い親子連れが多くて、ショップも大賑わい。

IMG_3595.jpg

ロビーから雨の福山城が見えました。

IMG_3592.jpg


切り絵なのか絵なのかわからないほど見事な作品ばかりです。

IMG_3603.jpg

tupera tuperaは40代前半のユニットです。
若い力のある作家に目を見張ったふくやま美術館でした。


09:17 | 美術館 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ルオーに会えた三菱一号館美術館

謎解きのような美術展の案内チラシです。
絵と名前の組み合わせ、おもしろいですね~
アメリカの蒐集家フィリップス氏のコレクションから75点が展示されていました。

IMG_3304.jpg


東京駅の近くの三菱一号館美術館で「フィリップス・コレクション展」がありました。
ここは1894年コンドル設計の赤レンガの建物を復元したのです。

IMG_3260.jpg


室内は大理石がふんだんに使われて重厚な雰囲気です。
ドガ・マチス・ゴッホ・ピカソ・・・そして1点だけ終わりころにルオーがありました。
際立って絵の具が厚塗りでした・・・

IMG_3262.jpg


そして75点のすべての絵葉書が買えるのですよ。
風景画の良いのがあったのですが、小さいカードで見たらつまらないのです。
偶然ですが人物画ばかり買っていました。
左が大好きなルオーです。

IMG_3310.jpg


喫茶室です。
時間帯で食事もできるとか。
おいしいケーキとコーヒーで落ち着いて絵の余韻に浸れました。

IMG_3268.jpg


平日の3時過ぎでもチケット売り場は20人ほどの順番待ちでした。
もちろん喫茶室も待たないといけません。
これが東京なのですね。
田舎者の私はおどろくばかりです。

06:35 | 美術館 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑