link    write  admin

喜べ!恐れるな!

感情を入れずに日々の記録を書いた手帳が、段ボールに一箱あります。
大判は水に浸して乾かして、くしゃくしゃにして、鍋や器の汚れのふき取りに使い、その他はゴミに出しました。

IMG_5167.jpg


今話題のBCGの接種記録がある母子手帳の処分は、娘に任せましょう。
また引き出しに収めました。

20-4-30.jpg


古い手帳に「聖書には<喜ぶは800回、恐れるなの言葉が365回>出てくる、一日に3回『喜べ!恐れるな!』を声に出して言おう」とありました。
生きる勇気が湧くのでしょうね。
あぁ!教会に行かれているOさんに教わったのだ!と思い出しました。
それで早速書きつけて貼り付けました。

IMG_5191.jpg


お気に入りのルオーの「秋 ナザレット」です。
最近やっと奥の方にキリストが立っているのに気づきました。
何でもみているつもりでみていないのが私です。

IMG_5165.jpg


美術館の案内チラシをもらいました。
先の戦時期の画家、松本竣介と靉光展、靉光は「戦争画は描けない」と苦しみ、松本竣介は軍の干渉に抗議をしました。
そして共に30代で亡くなったのです・・・
どんなにか口惜しかったでしょう・・・

IMG_5180.jpg


戦争で人生が大きく変えられた二人の天才の絵を観たくてたまりません。

コロナウイルスの世界的な蔓延で美術館の閉鎖、生まれてはじめての経験です。
期間は7月19日までですが・・・



07:33 | 美術館 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

広島市現代美術館で

広島市現代美術館は比治山の頂上にあるので、エスカレーターで登ります。

IMG_4736.jpg


茂った木々の間に美術品が設置されて、散歩にもいいのですよ!

IMG_4738.jpg


これはムーアの作品でとても高価と聞きました。

IMG_4745.jpg


黒川紀章設計の建物です。

IMG_4739.jpg


今回は未完成の建築物資料を集めた「インポッシブル・アーキテクチャー展」です。
左の挿図はブルーノ・タウトの「アルプス建築」です。
今横山秀夫著『ノースライト』を読んでいてブルーノ・タウトが小説の中心線なのです。
タイミングがよくてうれしくなりました。

IMG_4754.jpg


ザハ・ハディド氏設計新国立競技場の模型です。
残念ながら採用されませんでしたが、数分間の映像でプランのすばらしさに魅了されましたよ・・・

IMG_4752.jpg


見終わっていつもと違う道を降りていくと1646年に建立されたという神社に出ました。
すがすがしい社の気と遠く広がる街並みと遥かに連なる山並みと・・・
只々立ち尽くし眺めるばかりです・・・

IMG_4748.jpg


今年もあと少し、時は休みなく過ぎ去るばかりです・・・

       冬になり冬になりきってしまはずに    細見綾子
 

16:54 | 美術館 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

柚木沙弥郎氏は97歳

柚木沙弥郎氏の絵本や表紙絵が好きでした。
数年前に「いのちの旗じるし展」で型染を見て、その北欧風であざやかな色使いに引き込まれたものでした。

IMG_4620.jpg


そして今回は最新作「鳥獣戯画図」がやってきました。

IMG_4604.jpg


1メートル大の大型パネル5枚は迫力があり、動物が生き生きと跳ね回っていました。

IMG_4601.jpg


絵本原画はクスクスと笑え、大きな型染には思わずため息が出ます。

IMG_4613.jpg


奥の喫茶コーナーでは緑の中につわぶきの黄色の花が明るく、コーヒーと一緒に楽しめました。

IMG_4598.jpg


こじんまりとした美術館は疲れが出ず、ゆっくりと過ごせます。
それにしても97歳で現役!
へこたれ気味の私は只々恐れ入っておりますよ!

続きを読む
08:12 | 美術館 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一切は空

梅雨の晴れ間の美術館の前庭は,緑が濃く吸い込まれそうでした。
きょうはこの町の美術協会の会員展を観に行きました。

IMG_4136.jpg


韓国の女性の「空」という絵です。
<関係性で名前はあるがすべては空である>と、先日写経会で習いました。

IMG_4127.jpg


「私は85歳ですよ~、わたしの絵を観てくださいね」と言われた作品です。
椿でしょうか?
色合いが好きです。

IMG_4131.jpg


港の絵です。
いつも見ている山があり・・・海もあり・・・
絵が描ける人がうらやましいです。

IMG_4132.jpg


歩いて30分足らずですので、家に帰ってお茶をしました。
頂き物のバターケーキが今の高揚した気分にぴったりで、静かに余韻に浸れました。

IMG_4156.jpg


        一切は空 一切を空と観ずることも又空    般若経
 
先日読んだ樹木希林さんの本『一切なりゆき』にありました。
難しくて頭がついていきません・・・

05:53 | 美術館 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

歌川国芳と歌舞伎と空豆と

浮世絵を観るのが好きです。
絵のことはわからないのですが、何となくその時代の庶民の粋を感じるのです。
何と今回は幕末から明治に活写された作品で、それだけでもわくわくして出かけました。

IMG_3948.jpg


私のお気に入りの人物「平清盛」、江戸時代の歌舞伎で演じられた顔なのです。
なかなかに男前ですね~

IMG_3943.jpg


人気の役者勢揃い、魅力的な目でした。
みんな私を見ている、ふふふ!

IMG_3941.jpg


一転してこちらは今時の歌舞伎座です。
とてもスマートであか抜けた雰囲気が、素人目にも感じられるのですがどうでしょうか?

IMG_7153.jpg


時代の大きな流れは変えようがないことを、歴史は教えてくれています。
幕末の江戸でひたすらに作られた浮世絵、彼らにどんな心持ちがあったのでしょうか?

IMG_3954.jpg


大好きな豆の季節は足早に過ぎています。
しんがりは空豆ですね。
「Bはこれが好きだったね」「居酒屋では一つ三百円ですよ」
ジジババがぼそぼそと話しながら空豆を食べた初夏の宵でした・・・

     そら豆はまことに青き味したり
               細見綾子

06:44 | 美術館 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑