link    write  admin

農家レストランへ

若い友人に小さい旅に誘われました。
彼女が十年来憧れていた食事所でのお昼ご飯が目的ですよ・・・

電車を乗り継ぎ、倉庫や工場群・住宅街・トンネルを抜け海岸線を走り山の中の小さな駅につきました。
私たちを含め乗降客はパラパラで十人いなかったですね~

IMG_0360.jpg


駅前の風景です。
人っ子ひとりいなくて静かでした。
車の走っていない道路は広くて解放感いっぱいです!

IMG_0357.jpg


タクシーで十分足らず、玉ねぎに迎えられましたよ。うふふ!
壮観でした!

IMG_0336.jpg


昭和の木造家屋で、子供に返った気分になりました。
ここが地元の6人の主婦が切り盛りしている農家レストラン西野です。

IMG_0338.jpg


地元の有機野菜中心の料理が30品目ほどならんでいました。
野菜の刻み方も盛り付け方も、それはそれはていねいできれいでした。
心を込めて作られているのが見てとれるのですよ。

IMG_0340.jpg


小柄で笑顔のすてきなおばあちゃんが「よう来たねぇ」「いっぱい食べんさいよ」と言いながら、取り箸で私の皿にどさっと入れてくださるのですよ!

IMG_0344.jpg


そして彼女は各テーブルを回り「食べてる?どこから来たん?」と、とてもフレンドリーで私はその人柄にすっかりトリコになってしまったのです。
聞けば立ち上げ当時からのメンバーで「今は役に立たなくなってね」と言われますが、いえいえ田舎ではどんな人にも役回りがあり、居場所があるのです。
きゅうりの漬物は彼女のお作です。
年齢はうまくはぐらかされて教えてもらえませんでしたが、「料理をする人はボケない」を目の当たりにしました。

さぁ私も手と頭を動かさないと!と刺激を受けた夏の1日でした。


07:29 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沖縄は夏の味方


いつの頃からか冷たい飲み物が苦手になってきていました。
それがことさら暑い日が続く今年は、時折無性にジュースが飲みたくなるのです。
その時はこれです。
半分位飲むと生き返りほっとできるのですよ。

沖縄飲み物


私の3時の楽しみのコーヒーです。
この夏は沖縄の黒砂糖とミルクを泡立て、濃いコーヒーを入れて「黒砂糖ラテ」がお気に入りですよ。
本を読みながら、コーヒーを飲み外を眺めて目を休め・・・の繰り返し。
ひとりの静かな午後です。

IMG_4475.jpg


時折どうしようもなくぼーとしてしまいますが、その時は自家製の気つけ薬の梅酒です。
底なし飲み助のDNAを受け継いでいますのでこれくらいでおしまいにしないと、後が大変です。
それにしても良い色ですねぇ。
惚れ惚れしますよ~
琥珀色大好きです。

IMG_2967.jpg


どうして家にやってきたのかわからない物がいろいろあります。
何となく処分されずにピアノの上に残っていました。

IMG_1403.jpg


ダルマさんの様に我慢強く、象さんの様にゆっくりとこれから生きていきましょう!
秋が待たれます。


06:50 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

宝瓶それとも急須?

持ち手があるのが急須で、ないのが宝瓶とヨッシーさんに教わりました。

それではこれは宝瓶なのだと初めて知りました。
ふらりと入った台北の店で買ったのです。

IMG_3609.jpg


茶葉を熱湯が通過するだけで、お茶が出ます。
湯の量はいっぱいに入れても茶葉は浸りません。
本来は中国茶のものでしょうか?
わからずに使っております。

IMG_3604.jpg


けっこうおいしくはいり、二煎目もおいしく飲めます。
さすが中国三千年・・・の歴史と感心をしております。うふふ。

IMG_3645.jpg


この店で買いました。
注ぎ口の水が胴部分に液垂れしないか、ちゃんと実演して見せてくれた、親切な店でしたよ。

茶器


お茶も食事もすべて美味しかったタイペイ、大好きな街です。
06:11 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シークヮーサーと沖縄と

シークヮーサーは沖縄に自生するみかん科の柑橘類です。
ちょっと苦味がかった爽やかなジュースは、体中を清めてくれるような美味しさがあります。
抗ガン作用があるのも納得できますよ!

沖縄の山の上のピザ屋さんで飲みました。
汗ばんだ体に沁み渡りましたよ。

花人逢 1


那覇のホテルの朝ご飯の時もまずシークヮーサージュースでした。
食がすすみます。

モーニング11


その大好きなシークヮーサーがこの地でも採れる事を知りました。
温暖化のせいでしょうか?
退職後の男性が丹精こめて栽培されたシークヮーサーを頂きました。

レモンのようにサラダや肉・魚料理にかけると美味しいこと・・・

IMG_3829.jpg


紅茶にも浮かべます。
いつものバターケーキが更に美味しいですよ~

IMG_3900.jpg


思いがけない頂き物で沖縄の海を思い出しています。

古宇利島10017


ひとりの静かな時間も、出会いに胸をときめかした沖縄の思い出も、かけがえのない愛おしい時間です。


06:10 | | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑

真鍮好きと沖縄の風

沖縄が好きです。
買い物、故郷納税・・・小さいことしかできませんが応援したいです。

沖縄の海の美しさ・・・
そこにいるだけで幸せに包まれますよ。

古宇利島10019


Bが沖縄に行ってきました。
おみやげに真鍮のおさじをたのみました。
もちろんci.cafu さん手作りです。

沖縄のやちむんです。
やちむんは焼き物のことですが、味のある言葉ですね。

カフェオレボールですが、茶碗と皿にも使えます。
代表的な青色の草花模様、そして線描きです。
丸い線描きの洗練された美しさに目をみはりました。
やちむんは伸びやかな雰囲気の器で、使って楽しい気持ちになりますよ。

IMG_3344.jpg


私の宝物が増えました。
ci.cafuさんのおさじが勢ぞろいです。
笑顔のさわやかなふたりの女性の小さな工房で作られています。
記事の6行めと7行めでリンクしていますので、様子をどうぞご覧くださいね。

ピアス、ブローチ・・・もいいですよ。

IMG_3331.jpg


沖縄には工芸に携わる若者が多く移住しています。
彼らを温かく受け入れるおおらかな土地柄でしょうね。

この美しいトンボ玉、これもひとつひとつ手作りです。
チョカーや髪飾りにぴったりですね。

そして左は琉球漆です。
王朝があったお国柄です。
とっても品がいいのですよ。

IMG_3360.jpg


沖縄のものにはのびのびとした奥深い広がりが感じられるのです。
きれいな海と、数々の歴史を巡った伝統の賜物でしょうか?

06:28 | | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑