link    write  admin

7月 文月 暑さ本番

月のはじめには寺で写経会があります。
最後にお茶が出るのですが、今月は坊守さんの手作りの抹茶羹でした。
小豆も炊かれたとか。
大人数分で手間暇が大変でしょうに・・・
もちろんとってもおいしかったで~す。

IMG_0126.jpg


仏様といえば蓮の花です。
この時期きれいに咲いていますよね。
こちらは睡蓮の花です。

IMG_2507.jpg


Zのお気に入りの場所です。
そういえば山も湿気を含んだ夏の空気に変わりました。

IMG_3860.jpg


夏草の中のお地蔵様です。
里山にはよく見られるのですよ。
昔の人の素朴な信仰心に胸がキュとなる思いです。

IMG_3869.jpg


この爽やかでやさしい緑も夏の日差しの中で濃く強い緑に変わっていくのです。

IMG_5051.jpg


      夏の昼の青々とした木陰は私の後悔を宥めてくれる
       
                 中原中也
06:37 | 自然 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

はじめてのヤマモモジャム

6月の山は梅雨の影響がない日は緑豊かで爽やかです。
そしてベリー系の実が食べ頃に熟れているのですよ。

これはヤマモモです。
もちろん山からの贈り物です。

IMG_0016.jpg


ひとつづつ実を外して塩水につけあく抜きをして、さっと茹でます。

IMG_0027.jpg


それを裏ごししながら、種を1個づつとるのです。
この作業は、気が遠くなるような時間と手間がかかり、とても私にはできません。
ちょうど長女Aが帰省しておりまして、殆どの作業を楽しくやってくれました。

IMG_0028.jpg


実の半分位の砂糖を入れ煮詰めていき、最後にレモン汁を加えると、こんなに綺麗な色のジャムができました。
家中に甘酸っぱい香りが漂いましたよ!

IMG_0037.jpg


紬の布で帽子を作り、瓶もおしゃれにしました。

IMG_6977.jpg


ミルクゼリーにかけてみました。
その爽やかな味は初めてもので、それはそれはおいしかったです。

IMG_0046.jpg


パンに塗ってもおいしいですが1番はヨーグルトにかけたものです。
爽やかできれいでベストの味でした。
自然からの新しい贈り物、ヤマモモジャムに出会えうれしい嬉しい6月です!


07:13 | 自然 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ビバ!びわ!

真冬に密やかに咲く枇杷の花です。
この時期の下葉は固くてごわごわしています。

IMG_6156.jpg


その葉をきれいに洗いざくざく切り35度の焼酎につけました。

IMG_6179.jpg


4ヶ月おいてこした枇杷酒です。
うがい薬・虫さされ・汗も・切り傷・・・と我が家では重宝しています。

IMG_6839.jpg


バス道路沿いの庭で採れた枇杷をもらいました。
あの地味な花からこんなにもかわいい実ができるとは・・・
コロンとした形、あたたかいお日様の色そして滴る果汁・・・大好きです。
野鳥やカラスが狙っているのに、貴重でありがたい無農薬の果物です。

IMG_6848.jpg


食べた後の種も焼酎につけます。
1年たつと葉よりも効き目がある枇杷エキスが出きるのですよ。

IMG_6858.jpg


今思わぬ助っ人が来まして、物の整理を大掛かりにやっております。
お気に入りがゴミ袋に入れられていくのをみると「待って!」と言いたいのですが、考えてみるとまだ動けこれが断捨離の最後のチャンスなのだと、自分に言い聞かせております。

寒さの中に凛と咲き美しく実を結ぶ枇杷にあやかりたいものです。

07:24 | 自然 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蛍がきた日

隣のビルが壊され駐車場になり日当たりも風通しもよくなりましたが、何と夏の西日の強いこと、去年は大変な暑さでした。
それで今年グリーンカーテンことゴーヤを初めて植えました。
何しろ園芸は初心者で右も左もわかりません。
ただゴーヤは大好物、毎日食べられるかも・・・との皮算用も大きいのですよ。うふふ!
説明書片手に手探りで植えてみました。

それが日に日に伸び出して、ある朝可愛い花をつけ、ついには小さな実がなりました。
私達の歳甲斐もない、はしゃぎぶりをご想像ください!

IMG_6851.jpg


ある晩のことです。
下からZの大きな呼び声がするのです。
「蛍がいるぞ!」

IMG_0432.jpg


ゴーヤの葉の裏が光っています。

IMG_0436.jpg


目は赤くお尻は神秘な蛍光色・・・
キャーキャー言うのは止めて、ただ不思議な光を時を忘れて見つめておりました・・・

IMG_3827.jpg


IMG_3819.jpg


翌朝もまだ蛍はいました。
そして日差しが強くなるといつの間にかいなくなっていました。

IMG_3844.jpg


幹線道路の傍で市庁舎等の公共施設や商業施設が窓から見える小さい町ながら中心地に家はあります。
家の前に幅が2m足らずの小川があり最近草茫々状態ですので、はぐれ蛍が迷ってきたのでしょうか?

おかげさまでゴーヤの日々の成長、そして思いがけない蛍の来訪と、光と風の贈り物に胸が高鳴り唯々感謝だけの日々です。

06:11 | 自然 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

青葉若葉の日の光

国立公園野呂山の岩海です。
今が新緑真っ盛り!
この滴る緑を見てください。

IMG_3791.jpg


ここが今Zのお気に入りの場所で始終ひとりで登っております。

IMG_3797.jpg



「いたずらに馬齢を重ねた」と嘆く高齢者になり、やりたくてもやれないこと、今までの無為な来し方・・・日々の煩悩や雑念をすべて山は受け止めてくれ、新たな気持ちになり下山できるとか・・・
植物の気も大きな力があるのですね・・・

IMG_3800.jpg


足の具合が悪い私はこの春山行きはなしです。
代わりに豆ごはんで季節を感じておりますよ。
こんな時は花より団子でいきましょう!

IMG_6738.jpg

山は無理でも公園の大きな木の幹に手を当てて葉のそよぎを見つめるだけでも心が落ち着きます。
孤独にこそ大きな力があると思うのですが・・・
木は良いですよ!




06:33 | 自然 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑