link    write  admin

憧れの石鎚山

西日本最高峰の石鎚山の朝です。
まだ暗い5時に出発し夜明けとともによく晴れて、山並がきれいに見えます。

IMG_3941.jpg


7時過ぎ夜明峠に着きました。
険しい頂上が天を付くように立ちはだかっています。
やっと北壁の全貌が見えました。
これからは一時間余り急な階段と桟橋を歩くのです。

IMG_3943.jpg


さあ、頂上の天狗岳です。
紅葉が始まっています。
あっと言う間にガスがかかって来ました。
街は晴れていても山は曇りや雨が多く、Zは十数回ここに登っていますが、ぐるり360度を遥か彼方まで見られたのは初めてです。
そして同行のFさんは初めてでこの眺め、運が良いですねぇ。

IMG_39671.jpg


その山の北斜面に平家落人伝説の小松町があり、そこに古くから伝わる黒茶です。
2度発酵させた珍しいお茶です。

IMG_0588.jpg


生姜煎餅は固くて懐かしい味でした。
天狗様の話は近頃は出てきませんね。

IMG_0585.jpg


先日の窯元巡りの砥部焼が届きました。
これはAの買い物です。

IMG_0592.jpg


これが私の買ったものです。

IMG_0576.jpg


これも断捨離効果でしょうか?
消えてしまう食べ物以外の物は器と匙だけしか買いませんでした。

Zは山だけ参加、私は窯元巡りと温泉と町巡り・・・
おかしいでしょう?あっちとこっちを向いて楽しむ、我が家流の愛媛の楽しい旅です。

06:32 | 自然 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

7月 文月 暑さ本番

月のはじめには寺で写経会があります。
最後にお茶が出るのですが、今月は坊守さんの手作りの抹茶羹でした。
小豆も炊かれたとか。
大人数分で手間暇が大変でしょうに・・・
もちろんとってもおいしかったで~す。

IMG_0126.jpg


仏様といえば蓮の花です。
この時期きれいに咲いていますよね。
こちらは睡蓮の花です。

IMG_2507.jpg


Zのお気に入りの場所です。
そういえば山も湿気を含んだ夏の空気に変わりました。

IMG_3860.jpg


夏草の中のお地蔵様です。
里山にはよく見られるのですよ。
昔の人の素朴な信仰心に胸がキュとなる思いです。

IMG_3869.jpg


この爽やかでやさしい緑も夏の日差しの中で濃く強い緑に変わっていくのです。

IMG_5051.jpg


      夏の昼の青々とした木陰は私の後悔を宥めてくれる
       
                 中原中也
06:37 | 自然 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

はじめてのヤマモモジャム

6月の山は梅雨の影響がない日は緑豊かで爽やかです。
そしてベリー系の実が食べ頃に熟れているのですよ。

これはヤマモモです。
もちろん山からの贈り物です。

IMG_0016.jpg


ひとつづつ実を外して塩水につけあく抜きをして、さっと茹でます。

IMG_0027.jpg


それを裏ごししながら、種を1個づつとるのです。
この作業は、気が遠くなるような時間と手間がかかり、とても私にはできません。
ちょうど長女Aが帰省しておりまして、殆どの作業を楽しくやってくれました。

IMG_0028.jpg


実の半分位の砂糖を入れ煮詰めていき、最後にレモン汁を加えると、こんなに綺麗な色のジャムができました。
家中に甘酸っぱい香りが漂いましたよ!

IMG_0037.jpg


紬の布で帽子を作り、瓶もおしゃれにしました。

IMG_6977.jpg


ミルクゼリーにかけてみました。
その爽やかな味は初めてもので、それはそれはおいしかったです。

IMG_0046.jpg


パンに塗ってもおいしいですが1番はヨーグルトにかけたものです。
爽やかできれいでベストの味でした。
自然からの新しい贈り物、ヤマモモジャムに出会えうれしい嬉しい6月です!


07:13 | 自然 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ビバ!びわ!

真冬に密やかに咲く枇杷の花です。
この時期の下葉は固くてごわごわしています。

IMG_6156.jpg


その葉をきれいに洗いざくざく切り35度の焼酎につけました。

IMG_6179.jpg


4ヶ月おいてこした枇杷酒です。
うがい薬・虫さされ・汗も・切り傷・・・と我が家では重宝しています。

IMG_6839.jpg


バス道路沿いの庭で採れた枇杷をもらいました。
あの地味な花からこんなにもかわいい実ができるとは・・・
コロンとした形、あたたかいお日様の色そして滴る果汁・・・大好きです。
野鳥やカラスが狙っているのに、貴重でありがたい無農薬の果物です。

IMG_6848.jpg


食べた後の種も焼酎につけます。
1年たつと葉よりも効き目がある枇杷エキスが出きるのですよ。

IMG_6858.jpg


今思わぬ助っ人が来まして、物の整理を大掛かりにやっております。
お気に入りがゴミ袋に入れられていくのをみると「待って!」と言いたいのですが、考えてみるとまだ動けこれが断捨離の最後のチャンスなのだと、自分に言い聞かせております。

寒さの中に凛と咲き美しく実を結ぶ枇杷にあやかりたいものです。

07:24 | 自然 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蛍がきた日

隣のビルが壊され駐車場になり日当たりも風通しもよくなりましたが、何と夏の西日の強いこと、去年は大変な暑さでした。
それで今年グリーンカーテンことゴーヤを初めて植えました。
何しろ園芸は初心者で右も左もわかりません。
ただゴーヤは大好物、毎日食べられるかも・・・との皮算用も大きいのですよ。うふふ!
説明書片手に手探りで植えてみました。

それが日に日に伸び出して、ある朝可愛い花をつけ、ついには小さな実がなりました。
私達の歳甲斐もない、はしゃぎぶりをご想像ください!

IMG_6851.jpg


ある晩のことです。
下からZの大きな呼び声がするのです。
「蛍がいるぞ!」

IMG_0432.jpg


ゴーヤの葉の裏が光っています。

IMG_0436.jpg


目は赤くお尻は神秘な蛍光色・・・
キャーキャー言うのは止めて、ただ不思議な光を時を忘れて見つめておりました・・・

IMG_3827.jpg


IMG_3819.jpg


翌朝もまだ蛍はいました。
そして日差しが強くなるといつの間にかいなくなっていました。

IMG_3844.jpg


幹線道路の傍で市庁舎等の公共施設や商業施設が窓から見える小さい町ながら中心地に家はあります。
家の前に幅が2m足らずの小川があり最近草茫々状態ですので、はぐれ蛍が迷ってきたのでしょうか?

おかげさまでゴーヤの日々の成長、そして思いがけない蛍の来訪と、光と風の贈り物に胸が高鳴り唯々感謝だけの日々です。

06:11 | 自然 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑