link    write  admin

久しぶりのはるみさん

料理も暮らし方も人柄も・・・すべてに憧れ尊敬している友がいます。
私は彼女のことを「私の町の栗原はるみさん」と呼んでいますよ。
若い頃は月に1度は会っていましたが、近頃はご無沙汰ばかりです。

「おもしろい山菜おこわを食べにきて」との誘いがあり、大喜びで1年ぶりに彼女の家に行きました。

どこを覗いてもOKの彼女の家です。
ここはお風呂ですよ。
オリーブと青紅葉がさわやかでした。

IMG_6742.jpg


山菜おこわはセラミックの土鍋で電子レンジを使って炊いてありました。

IMG_6749.jpg


ご近所さんからもらう人参のマビキナを1時間かけて始末をし、根っこまで綺麗に洗い、捨てる部分なし、そういう姿勢で食べ物に向かう彼女の料理です。
だしをとった後のこぶの酢煮・鶏ハム・白和え・・・みそ汁もありましたよ。
「野菜だけしかないの」と彼女は謙遜しますが、それは手がかかる割には主役になれないのですが、体に良くて何よりおいしいのですよ!

IMG_6752.jpg


その後はスムジーです。
同行の友人のリクエストです。
彼女は長引く喉の不調に悩んでいます。
さきほどの料理は残しましたが、スムージーは3杯もおかわり!
「あースッキリした」「もっと飲んで!明日の朝喉が治るよ!」
うれしい会話です!

IMG_6764.jpg


小さい干菓子は土筆を甘く煮て干して砂糖をまぶしたもので、かりかりでした。
もちろんはるみさんの手作りです。
手も時間もかかりちょっぴりしかできません。
お茶の心得のある友が点てたお抹茶との組み合わせは至福の味でした。

IMG_6761.jpg


彼女が結婚の時に持ってきたコーヒーカップの上品なこと。
はるみさんは良い物を大切にする人なのです。

IMG_6765.jpg


「7月岡山からおいしい麺が届くからまたおいでね」の嬉しい言葉に送られて、るんるん気分で帰宅しました。

さぁ翌日から冷蔵庫や抽出しの中を片付け、常備菜をいつもより丁寧に作ったり・・・とこまねずみのように動きだしました。
でも1日2日たつとまた元の横着者になっていきます。
続けることがいかにむずかしいか、この歳になっても、いえいえこの歳だからでしょうか?
ずーと続けているはるみさん、しっかりと身について当たり前になっています。
正に継続は力ですね。

♪ケセラセラ!私は私なりに楽しみながら少しずつ・・・



06:04 | | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

桜桃の実る頃

いつでもBはクリームパイ、Zはロールケーキ、私は気分であれやらこれやら・・・
お店はいつもの所です。
家族だけのためのケーキは滅多に買いません。
久しぶりのせいか随分小さくなった気がしますが・・・

IMG_6708.jpg


幹線道路沿いにあるお家の庭の桜桃をもらいました。
カラスや鳥が狙っているのにこんなにも頂いて、うれしいです。

IMG_6714.jpg


右手前の皿以外はすべて沖縄の器です。
おおらかでのびやかな気持ちになれますよ~

IMG_6718.jpg


近くのパン屋さんのお買い得のケーキも桜桃を飾るとおしゃれに変身です!

IMG_6723.jpg


甘酸っぱい桜桃を口に含むと胸がキュッとなり、昔のあれこれが思い出されます。

そして夏の近さも・・・
それを迎え撃つ力はありません、せめて仲良くつつがなく過ごせればと願うばかりの5月です。

06:37 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今年も筍

今年も筍の季節になりました。
よーく見ると不思議な形ですねぇ。

IMG_6652.jpg


皮をむいてもおもしろい!
うちは小さい鍋しかないので、これをさらに半分にして茹でます。
それでも充分においしいのですよ。

IMG_6654.jpg


大好きなかか煮、本当はこの倍くらいペロリと食べます。

IMG_6705.jpg


四角の重箱は案外たくさん入りますね。
わらびとか山や畑のものばかりの散らし寿司です。
この春に九州に帰った友にもらった一人分ずつの小さい重箱です。

IMG_6688.jpg


そして筍ご飯です。
もちろん2杯はお代わりします。
汁を撮り忘れていました。

たけのこ


筍堀は大変な作業と聞いています。
毎年忘れずに届けていただき感謝だけです。

親がいなくなり10年以上になりました。
その親の年齢に近づきながら、人様に気にかけていただくありがたさを只かみしめる日々です。

07:35 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

うれしいおみやげ

憧れの地フィンランドのコーヒーです。
やっぱりムーミンが出てくるのですね!
「どうってことのない普通の国よ」との感想と共にいただきましたよ。
コーヒーはもちろんおいしかったで~す。

IMG_6554.jpg


エコ先進国ニュージランドの石けんです。
箱または紙ひとつに包まれているだけ・・・
形も色も何とすっきりしているのでしょう!
石けん党の私は大喜びです。

IMG_6549.jpg


江戸のたわしは粋ですね。
亀の子たわししか知らない私はなかなかうまく使いこなせません。

江戸 たわし


京の都には亀屋陸奥もあるのですね。
「一会」という名の和菓子です。
創業1421年だとか、悠久の時にため息が出ました。

IMG_6510.jpg


そしてさすが和三盆です。
小さくても口に入れるとしっかりとした味わいです。
コーヒーともあいますねぇ。

IMG_6512.jpg


居ながらにして美味しいものや珍しいものが手に入る便利な世の中ですが、手渡ししてもらえる喜びはひとしおです。
人との縁の大切さをしみじみ思う春の宵です。

07:10 | | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

使い切る 2

心を溶かすような深い色合いのとろとろの梅酒ができあがりました。
この時期は次々とビンに入れ替えします。

IMG_3593.jpg


梅も取り出し一度茹でこぼしシロップ煮にするとまたおいしいのです。
そのままお茶請けもよし、ヨーグルトにあしらってもよし、ころころとかわいいですねぇ。
そして食べ終わるとシロップが残りました。

IMG_3601.jpg


それに醤油を足して煮豚を作りました。
こっくりとさわやかな深みのある味にしあがりました。
生野菜と一緒にいくらでも食べられますよ。

IMG_6561.jpg


いつものかぼちゃの甘煮もこのシロップで煮るとお上品な味に仕上がりました。うふふ。
今年初めての筍ご飯によく合いましたよ。
これで梅もシロップもすべて使いきりました。
満足!満足!

IMG_6616.jpg


近頃何でも捨てることにとても罪悪感を感じるようになりました。
これが高じると腐った物も食べお腹をこわす、困った老人になるのでしょうね。
くるくる無駄なく回すためには鈍い頭をしっかり動かさないといけません。

そうそう筍ご飯の器は抹茶茶碗です。
何でも仕舞わずに良いものから使おうと決めましたよ。


08:05 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑