link    write  admin

梅の季節は緑色

梅の季節になりました。
1年が速いです。
「2年が1年のような気がする」と会うたびに言っていた父でした。
その頃の彼の年齢に私も近づいているのでしょうか・・・

IMG_4792.jpg


梅酒を漬けると一安心です。

IMG_4793.jpg
    

去年の梅は色がすっかり変わっています。
まるで人生模様を見るようです。

IMG_3764.jpg
 

それはジャムにして!色はよくないですが、ヨーグルトとの相性は抜群ですよ~
梅酒は琥珀色!いい色!いい味!

IMG_3769.jpg


冬の間は裸木だったプラタナスもいつの間にか、大きく葉を茂らせています。
子供たちが小さい時よく遊んだブランコです。
私も若かった・・・

IMG_2426.jpg

          プラタナス夜も緑なる夏は来ぬ
                              波郷
06:59 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ピカソと父の日とおいしいもの

         父さんの手に つかまって のぼったよ
         たかい やまの てっぺんに
         あるけないって いっても ひっぱるの
         ちょうじょうについたら
         そっと ほっぺを はさんでくれたよ



父の日の贈り物が届きました。
「日本一うまい!」と言いながらいつもZが大喜びする、東京入船「青柳」の最中です。

IMG_4022.jpg


鎌倉の「クルミッ子」もおいしいですよね。

IMG_4012.jpg


父の日にはいつもピカソのカードが添えてあります。
力強く長生きした天才をお手本にしなさい!というメッセージでしょうか?

IMG_4044.jpg


ちかごろは遠出の山行きは減り、初めて植えたプチトマトの成長を楽しみにしているZです。
人間は変容しないと生きていけないのですね・・・

IMG_4052.jpg

そして娘たちからは、時折山登り便りが届くようになりました・・・

   
                父さんの手に つかまって くだったよ
                つるり すべる やまみちを
                あしがふるえる まるきばし わたったよ
                つきでている いわみち おりたんだ
                ふもとについたら
                そっと あたまを つつんでくれたよ


                   「 父さんの手につかまって」
                            後藤れい子


       



05:51 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

びわはやさしいきのみ

          びわはやさしいきのみだから
          だっこしあってうれている
          うすい虹ある
          ろばさんの
          お耳みたいな葉のかげに
                        まど・みちお 
 

IMG_0014.jpg


「ろばさんのお耳みたいな葉」が虫に食べられています。
こんなにも硬い葉を食べる虫は何かしら?

IMG_4003.jpg


今年も町中のお家で実ったびわをいただきました。
還暦を越えた女性がひとつずつもぎ取られたのです。
高いところでそして手間も大変でしたでしょうに・・・

同じ日に手作りおはぎももらいました。
かわいいい丸型、まどさんでしたらすぐに詩ができるでしょうが、いくら頭をひねっても我が頭からは何も出てきません。

IMG_3992.jpg

 
甘い汁をしとらせてパクパク食べた後、種はしっかりと焼酎につけて、びわ種酒にしますよ。
左はもう○年物です。
加齢であせも・湿疹・・・と皮膚トラブルが出てきましたが、これをつけるとすぐに治る優れものです。

IMG_3995.jpg


         びわはしずかなきのみだから
         お日にぬるんでうれている

         ママといただくやぎさんの
         おちちよりかもまだあまく

                 「びわ」
06:05 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

スパニッシュオムレツで~きた!

Aに「お客様料理にぴったりよ」と教えてもらいましたが、卵を8個も使うし、テフロン加工のフライパンはないし・・・と言い訳ばかりして作りませんでした。
それが急に思い立って半量の卵4個、鉄のフライパンでやってみました。
にんにくとじゃがいもを炒め揚げて、卵液を入れて蓋を密封状態にして10分ほど焼いただけです。
皿に逆さまにして出すときは、ちょっと緊張しますが・・・
ふー!うまく移せました!

IMG_3965.jpg


豆ごはんにもよく合いました。
Aは碁盤の目のように一口大の四角に切ると、見栄えがいいと言っていました。
私はきれいに切るのは苦手です。

IMG_3967.jpg


話は変わってこちらはZの朝ご飯です。
もちろん自分が作りますよ。
やっと野菜も入れるようになりました。

IMG_3902.jpg


そんな中、島で採れたにんにくをもらいました。
掘り立てでしょう、まだしっとりしています。
地元産の食材をいただくのは何とうれしいのでしょう!

IMG_3984.jpg

気分よく台所に立てることが、自分の調子のバロメーターのひとつです。
どうしようもなく包丁を持ちたくない時があるのですよ。

07:14 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

やっぱり青豆ごはん!

首を長くして待っていたグリンピースが届きました。
さぁ!豆ごはんをつくりましょう♪

IMG_3888.jpg


私は鍋から蒸気が噴きあがって豆を入れるのです。
熱いからいい加減に入れています。

IMG_3864.jpg


混ぜ込んだらそんなことはわかりません。
でも鍋が古いでしょう?
30年以上使っている無水鍋です。

IMG_3865.jpg


青豆ごはんは目にもお腹にもおいしい!
もちろんおかわりしました。
鶏の手羽肉のカリカリ焼きもおいしい!
骨までしゃぶります!

IMG_3867.jpg


このカリカリ焼きはうちのお気に入りメニューです。
塩・コショウをして熱々の鉄のフライパンで油をひかずに、直にこんがりと焼くだけ。
鶏肉から油が出てそれはそれはおいしいのです。
何よりも簡単ですし、どうぞお試しくださいね~

初夏の楽しみごとが一つ、つつがなく済みました。
これが幸せの時間なのですね・・・

06:25 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑