link    write  admin

ララ!誕生日!

14年前にもらった手書きの誕生日カードです。3月になると毎年出したくなるお気に入りです。
「あのころは若く元気だったなあ」とどうしてもそこに思いがいってしまいますよ。

IMG_6449.jpg


今年もらったカードです。
アルファベット部分の切り抜きの見事さ、めまいがします。

IMG_6456.jpg


料理上手のあこさんからのおはぎです。
まだ温かい作りたてでした。
彼岸に生まれたのでおはぎは縁があります。
若い時はいやでしたが、今はあんこ大好き人間に変わりました。

IMG_6454.jpg


Bが大きながま口バッグをくれました。
「大きいのは美的に問題あり」と言いますが、この歳になると大は小を兼ねるのですね。
すぐ斜め掛けにしてしまいました。ふふふ!

IMG_6461.jpg


関東に帰ってしまい、会うこともままならない友から今年はトートバッグが届きました。
ファブリックペイントだそうです。
こういう手法を初めて知りました。
そしてモラの小袋、細かい縦まつりに感心しています。

IMG_6460.jpg
      
       お誕生日素直に
       お祝いしましょう 

       歩ける 行ける
       考えられる
       食べられる 笑える

       これは幸せなことです
       大事にいたしましょう

             暮しの手帖より

07:36 | いろいろ | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ビオラの小さいコンサート

待ち焦がれていた春がきました。
大好きなサクラソウも満開です。
どんどん花芽が増えていくのが楽しみです。

IMG_4213.jpg

隣の教会で「LOVE&LOVE」礼拝がありました。
すべての歌詞を覚えているたったひとつの賛美歌「慈しみ深き・・・」で始まりましたよ。
気持ちよく歌えてうれしい!

IMG_6395.jpg


40代のヤングママのビオラとピアノのミニコンサートです。
低い音色は心に沁みます。
音大を卒業して途上国でボランテァをし、そしてクリスチヤンになる・・・その半生をとつとつと低い声で語られました。
神様に会われる前にどれほどの思いをされたのでしょうか?
素直な話しぶりに引き込まれ私の心も鎮まります。

ランチです。
このケーキがお目当てできたのですよ。
やはりお若い信者さんのお得意のパウンドケーキです。
練習を重ねもう何100本も焼いたそうです。
「バターが高くて・・・」と爽やかに微笑む彼女も数をこなすことで、着実に力をつけているのです。
継続は力ですよね!

IMG_6402.jpg


若い人が前向きに溌剌と生きている姿に目を見はり、力をわけてもらえた時間でした。
08:30 | いろいろ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雛の季節

今年はお雛様をひとつしか出しませんでした。
面倒くさがりがひどくなっています。

これは桜の木でできていて、吉野の工房で見つけました。
作者のご夫婦と桜茶を頂いたことを懐かしく思い出しています。

IMG_6385.jpg


この時期に頂く手紙は華やいでいますね~

IMG_6382.jpg


タティングレースのお雛様の額をお手製の雛の封筒に入れて届けてもらいました。
すてきですねぇ。

IMG_6387.jpg


これも若い友からの定期便の雛あられです。
素朴でおいしいのですよ。
いつも覚えていてもらいうれしいです。

IMG_6380.jpg


散らし寿司を作りました。
さもない食材だけですがおめでたい雰囲気になるのがおもしろいです。
この器はその時だけの出番です!ふふふ!

IMG_6405.jpg


うれしい春3月がやってきましたが、もうふた月が風のように過ぎ去った・・・と呆然としているこの季節です。
できなくなったことを数えず、今からできることをやらなくては!


08:27 | いろいろ | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私のクリスマス

お隣の教会のクリスマス会でカードを頂きました。
信者さんがそれぞれお好きな聖書の言葉を書いたものを、あらかじめもっていた番号札でみんなにもらえるのです。
そしていつもピアノ伴奏をされる若い女性の書かれたカードが私には届いたのです。

IMG_6063.jpg


「わたしは山にむかって目を上げる。わが助けはどこから来るであろうか。わが助けは天と地を造られた主から来る。」と書かれていました。
静かにピアノを弾いている彼女に「私山が大好き、この言葉も好きですよ」とお礼を言うと、すてきな笑顔でわたしをハグしてくれたのですよ・・・

カード


江戸時代からの老舗「いづう」の鯖寿司です。
さすが京都、小粋な包装ですね。

IMG_6031.jpg


鯖寿司を食べながらピアノをひく美しい彼女の横顔を思う、静かな冬の夜です。

IMG_6037.jpg


06:36 | いろいろ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

教会でゴスペル


神社の狛犬、寺の線香の匂い、教会の賛美歌・・・みんな慕わしい私の人生です。
きょうは隣の教会へレイ・シドニー氏のゴスペルを聴きに行きました。

IMG_5912.jpg


小さな三つ編みのヘアーに白いシャツ、人懐こい笑顔でいきいきと話し歌われます。
ロサンゼルスで校長先生をされていたと言われ納得しました。
子供達や若者も加わり、清らかな歌声に元気をもらえます。

みんなで歌うクリスマス賛歌は盛り上がりましたよ!

IMG_5920.jpg


こちらの教会では信者さんが交代でお昼を作られます。
きょうは韓国の方でビビンバとプゴック(干しダラのスープ)でした。

IMG_5915.jpg


好きな物をご飯の上にのせコチジャンを最後に置き、しっかり混ぜていただきます。
野菜がいっぱい、そして初めてのプゴックのおいしいこと・・・
隣にはポルトガル人のパパと赤ちゃんがいましたよ~

IMG_5917.jpg


これも初めてのコルム茶です。
ナッツが入り甘くてほっとできましたよ。

IMG_5918.jpg


夕方牧師先生がタッパーいっぱいにプゴックを届けてくださいました。
夕飯に早速出すと「我が家にはない味だ!うまい!」「しっかり味がついている!お代わり!」と大評判です。

おいしい一日に感謝です。

06:39 | いろいろ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑