link    write  admin

手作りのお雛様

吉野の工房で職人さんに桜の木で作ってもらいました。
奥様が美味しいお茶を淹れてくださり、葛餅もいただいて良い時間を過ごしたものです。

IMG_1678.jpg


作者は自閉症の息子さんといつも一緒です。
「この子のおかげでいろんな人に会えるのよ」と言う手先の器用なママです。
叱る時は人前でも大きな声を出され、教育の厳しさをいつも教えられたものでした。
でもその分やさしさも溢れている人ですよ。

IMG_1681.jpg

千葉県で習った雛をこちらで大勢の人に教えたそうですよ。
私も生徒のひとりでしたよ。

このぼんぼりを作った人は若くして亡くなりました。
手を動かすことが大好きな人でした。
彼女のミシン部屋は糸、布、小物・・でいっぱいでした。
「窓から庭をみながら手仕事をするのが幸せ」と言うのが口癖でした。

IMG_1679.jpg

折り紙です。
誰に頂いたか覚えていません。
こういう単純なものが好きですね!

IMG_1680.jpg


町の小さなあられ屋さんの雛あられです。
素朴なおとなしい味です。
いつも届けてくれる友がいるんですよ。
一年経つのが早いこと!

IMG_1718.jpg

お雛様を飾りながらいろいろな人に出会い支えられて生きてきたと、しみじみ思います。
数えきれないほどの失礼、失敗を繰り返しいたたまれない気持ちにもなります。
それを肥やしにしなければいけませんねぇ~

そして3月、私は年齢がひとつ増えるのですよ・・・・・・・

06:25 | いろいろ | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

うちのコーヒーはサイフォンから・・・・

40年使ったコーヒーサイフォンが壊れました。
上の部分をていねいに洗っていました。
指先がフニャとしたので見るとガラスが蜘蛛の巣状になっていました。
ガラス疲労でしょうか?

ちょうどその折co・opから「美味しいコーヒーのいれかた」講習会の案内がありました。
行ってきました。

コーヒードリップポットでいれます。

IMG_1742.jpg


ていねいに時間、分量・・を考えていれたのが右でいい加減にいれたのが左です。
味音痴の私でもかたや「コクがある」左は出がらしの味がするのがわかりましたよ。

IMG_1740.jpg


生の豆です。
この焙煎方法で値段が変わるそうですね~
3種類を飲み比べしましたが、値段に関係なく、お手頃のマイルドミックスが一番人気でしたよ。

IMG_1738.jpg

ドリッパーに粉を入れたらトントンと平らにする、95度の湯を粉が湿る程度に入れ30秒蒸らす、そして真ん中に静かにゆっくり湯を注ぎ、人数分が出来たらドリッパーに湯が残っていてもはずす。
これがこつでした。

納め込んでいたポットを引っ張りだしました。
父がくれたもので処分しづらかったものですが、生き返りました。
おまけにサイフォンが占めていた所がぽっかり空いてきれいになりました。

ぽっと

このように自然にものが減っていく形がいいのですが、なかなかうまくはいきませんよね。
「欲と執着・・・」がついてきますもの。

Kコーヒー

さぁ美味しいコーヒーをどうぞ!
08:27 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

福岡市博物館と市場

福岡の町が好きです。
古いものと新しいもののバランスがよくて疲れないのですよ。

この建物が博物館です。

IMG_1782.jpg


ロダンの弟子のエミール・アントワーヌ・ブールデル作のブロンズ像に圧倒されます。
「雄弁、力、勝利、自由」題名を訊き納得しました。
4体あるのですが撮りきれません。

IMG_1783.jpg

国宝の金印です。
フラッシュ禁止のためこんな写真しか撮れませんでした。
ペンダントトップにしたいほど小さいのですよ。

IMG_2470.jpg


いつも行く商店街です。
ここはまだ元気でした。
乾物屋、粉屋、茶屋・・・・等の専門店や市場、食堂何でもありますよ!
安くておいしいで~す!

IMG_2442.jpg


近くの農家の人が朝採り野菜や漬物をリヤカーで売っているのが名物のひとつなのですよ。
いちごをいるだけ取り計り売りしてもらいました。
新鮮な甘さが口に広がり大満足です。

IMG_2445.jpg

独特の博多弁がとっても温かい福岡の町ですね~
また行きたいです。
08:05 | 美術館 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

青い魚が好きで~す!

安くて栄養たっぷりの鰯、鯖、鯵・・・が好きです。
特に煮魚が好物ですがZが食べません。
焼くか油を使ったものだけ食べるのですよ。

今からの季節が美味しい小鰯です。
いつも頭、ハラワタを取りてんぷらにしていましたが、油の摂取量の多さと手間がいやになりました。
そして得意の手抜き料理がひらめきましたよ!

水溶き小麦粉の中に生姜、にんにくの千切りをたっぷり入れ小鰯も入れ混ぜて、鉄のフライパンに5ミリほど油を入れ、さきほどの鰯を全部平らに入れて蒸し焼きです。

ガレット風の鰯が出来上がりました。
おいしかったですよ!

そうそう刺身用で1パック百三十円でした。

IMG_1715.jpg


塩鯖は辛すぎると敬遠していました。
ところがco・opのちらしに人気商品!といつもいつも出ているのですよ。
じゃぁと買ってみました。

IMG_1707.jpg


うちでは鉄のフライパンで魚を焼きます。
熱したフライパンに魚を直に入れて蓋なしで焼くのです。
素材の油だけでこんがりと焼けるのですよ。

IMG_1709.jpg


あのうるさいZが「白いごはんとこれさえあれば良い」と苦手の魚を美味しそうに食べております。
こちらは冷凍で六百円ほどですよ。
小さい家計ですから、とっても助かります。

IMG_1700.jpg


バレンタインのチョコです。
少しづつ大切に食べています。
日持ちがするのがうれしいですね~

IMG_1728.jpg


青い魚で血液さらさら!呪文のように唱えていま~す!
08:14 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

エクスプローラーの中のポメロ


メロンボールさんにポメロのことを聞いて気になっていました。
南国の果物で柑橘類のポメロ・・・・・
そして思い出しました。
シンガポールにもあるはずですね~

パソコンのエクスプローラーのホームホルダーを開いてドキュメントを開きます。

IMG_1694.jpg


アルバムが出てきました。
そこを開くと・・・・・

IMG_1695.jpg


シンガポールが出てきましたよ。

IMG_1696.jpg


そこを開くと一覧が出てきました。
そこで果物を探しました。

IMG_1698.jpg


果物店です。
ドリアンを探して下町を歩きました。
上からぶら下がっているのがポメロでしょうか?

果物市場


市場1


ついでに笑い話を聞いてくださいね。
写真では見えませんがビーズのすてきなチョーカーをしている女性に会いました。
思わず単語を並べただけのめちゃくちゃ英語でそれを褒めました。
すると彼女はそれを買った店の名前と住所を紙に書いて私に渡してくれました。
そばでAとBが呆れ果てておりましたよ。

小  s

ポメロが懐かしい思いでを運んでくれました・・・・・

08:48 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

散歩をするとちびっ子天使に会えますね~

毎日二十分以上は歩きます。
買い物でなく散歩の時はうれしいですね。
荷物がなく手ぶらで歩けるのはとっても楽ですよ。

特に路地が大好きです。
まだこんな塀がありますよ。

IMG_1465.jpg


坂の多い町です。
登ったり下ったり・・・で足の使い方が変わり、筋肉が出来てる実感が湧きますね~

IMG_1462.jpg


ちびちゃんの後ろ姿に惹かれます。
「撮っていいですか・」とママに声かけすると、彼女の顔がぱっと明るくなります。
「毎日いそがしいでしょう?」というとほっとした表情になり、2言3言言葉を交わします。
今の時代の子育てはそれは辛いものがあるでしょうね~



こっちはパパと一緒でした。
得意そうにこちらを見ては三輪車のペダルを踏んでいます。
「上手だねぇ」というと彼もパパも笑い顔。
「忙しいでしょう?」「はい、休みですので・・・」と頭をかくパパは爽やかですね~
「ばいばい!」
手を振るぼうやの得意顔。
ポーズまでとってくれ何度も振り向いて手を振ります。
「かわいいねぇ、」「忙しいでしょう?」その言葉だけで子育て中の若い人は元気になれるみたいですよ!




川には白い鳥がいました。
鳥も天使のお使いと云いますよね。

IMG_1687.jpg


犬は歩くと棒に当たるそうですが、私は天使達に会いました。
うれしい外歩きです。 

08:20 | いろいろ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

♪ゼリーはおうちで作りましょう~

口あたりの良いゼリーは爽やかでおいしいですよね~
出来合いを買うとけっこう高いものです。
それが意外にかんたんに出来ますよ。
そして安心安全です \(^O^)/

三宝かん


美味しい果物を絞るのが一番ですが我が家ではそのまま食べるのが忙しくとてもジュースをとれません。
それで100パーセントジュースを使います。
いつも常備してあるものばかり、思い立ったらすぐできますよ。
きょうはみかんゼリーです。

IMG_1496.jpg


アガー大3.5
さとう 100g
これをしっかり混ぜ合わせます。
ここがいい加減だとアガーは水にとけませんよ。
水2.5cを沸騰させさきほどの混ぜたものを煮とかします。
こんな具合ですよ。

IMG_1494.jpg


ジュース1c
オレンジキュラソー大1を混ぜゼリー液が出来上がり。
これをかためる器に入れますよ。
常温でかたまりますからみかんは好きな時入れてくださいね。
入れる時により、中に入ったり写真のように上にのっかったりします。

さぁ出来上がり!
きょうは器に直にいれましたがプラスチックの使い捨ての容器でしたら手みやげにぴったりですよ。
10個位できますね。

IMG_1498.jpg


ジュース、果物を変えるといろいろ楽しめます。
どうぞ楽しんでくださいね~
08:23 | | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

とんど  ミルさんの写真館

ミルさんは会社勤めのかたわら安全な米と野菜作り、古民家のオーディオルーム「響庵」の運営・・・・等忙しい毎日です。
持病を研究、工夫、鍛錬・・・で克服した強い精神力の持ち主ですから、それぐらいは何でもないのでしょうね!

いつもの私のデジカメのスナップ写真ではなく、本格カメラのものをごらんください.

やっぱり今年は羊ですね~

026.jpg


032.jpg


私が幼い頃は火は身近にありました。
親が注意深く扱っていたのを幼いながら感じていました。
風呂やご飯炊きの手伝いの時、火がちょろちょろ動くのをじーと見ていました。

044.jpg

084.jpg



現在の便利な生活は火がなくても暮らせるようになりました。
この神々しい火を見てください。

047.jpg

101.jpg


ぜひ生の火を子供たちに見てほしいです。
その怖さと大切さを実感して欲しいとしみじみ思いました。


11:55 | ミルさんの写真館 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

本の交換会に行きました

「いらない本は何冊も引き取ってもらえ、欲しい本は何冊でももらえる!」
こんな涎の出るような催しがありました。
私にとって、願ったり叶ったり・・・・ですので、とんで行きましたよ。

市の外れ田んぼの真ん中の小さい公民館でありました。

IMG_1666.jpg


ただでいただけると聞くと、欲の虫が動きだします。
他に二人だけだったので、落ち着いて選べましたよ。

IMG_1667.jpg


もらった本です。
最近安野光雅氏の表紙絵の本はどうしても欲しくなりました。
ほとんどビョウキ状態ですね?

渡辺和子氏の本はこれで10冊になりましたよ。
時折読み返しては心の掃除をしてもらえる、大切な本です。
氏の本は制限なしでもっております。

IMG_1685.jpg


さぁ難関の長田弘氏の詩集です。
ぱらぱら見てみましたが、歯がたちません。
ここはかたつむり読書法でいきましょう。
これは私には荷の重い本を読むやり方です。
一日1篇か1段落そして付箋をしてまた明日!・・・・・
本にもよりますが1年2年・・・はざらなのですよ。あー!

IMG_1665.jpg


でもいつかは読み終えますよ。
「わかった?」と聞かれると、「うーん」と返事はできませんが。ふふふ。
一応その本と縁ができたな!とうれしがっております。

公民館の前の山は心なしか眠りから覚めかけているようですね。
もうすぐ笑い出しますよ。
楽しみな春ですね!。
08:52 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

美味しい!グラノーラ!

若者と暮らしていますと変わった物が食べれますよ!
初めてのグラノーラです。

オーツ麦、ナッツ、ベリー類が大量に送られてきました。
Aがコストコで買ったのをわけてくれたのです。

o-tu.jpg


Bはナッツを叩いてつぶして、すりごまや干しぶどう等を加えてフライパンで二十分ほどから炒りをしていました。

そしていったんフライパンを空にしてオイルとメープルシロップを大さじ3づつ入れゆっくり煮とかし、さきほどの材料を戻し丁寧にからめると出来上がりですよ。

IMG_0533.jpg


これくらいの分量です。

グラノーラ


ヨーグルトと混ぜ晩ご飯に食べると翌朝のトイレはすっきりです。
便秘の方はぜひどうぞ!

最近ココナッツ油に替えましたらさらにおいしくなりました。
甘味はきび砂糖でもいいそうですよ。

グラノーラ4
07:38 | | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑