link    write  admin

夏の支度を始めました!

築30何年の我が家は夏は暑く冬は寒い家です。
年々暑さ寒さがこたえる様になりましたよ。

おまけにクーラーに弱く、すぐそれで調子をこわします。

朝からガンガンと陽がさしこむ我が家のお茶テーブルです。
よしずをかけて籘のマットをひきました。
ところがBがテーブルの上を物置にしてしまいました。
やれやれ!親の顔がみたいですね。

カフェ


プサンで買ったポシャギです。
さすが麻の国、韓国の手仕事ですね。
目にも涼しく部屋の雰囲気を変えてくれました。

IMG_2525.jpg

長年愛用のぞうりです。
スリッパ代わりに履いています。
もう10足目位でしょうか?
co・opで買っています。
ケンコーミサトっ子という名前で日本製なんですよ。
時折ちびっ子が街中で履いています。
鼻緒は体にも良いと見直されていますし、作り手を応援しなくては・・・と思っています。

IMG_2464.jpg


ガラスも使いやすく水屋の前に出しました。
ガラスは光と仲良しですね~
ぼんやり眺めています。

青いグラス1

今欲しいものは台所とお風呂と一間だけの小さい家です。
経済的にも家族構成・・・でも叶わぬ夢ですが・・・
ならば今の家を心地よくするためにない知恵を絞りましょう。

夏涼しく過ごす工夫を教えてくださいね~
07:02 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コストコのパンケーキは?

オーストラリア製の1セット3本組のパンケーキです。
ミックスした粉が容器の半分ほど入っています。

IMG_2664_convert_20150525164901.jpg


そして印まで牛乳を入れます。

IMG_2665_convert_20150525164948.jpg


その後はひたすら振りますよ。
きれいに混ざるまで振るのですが、私はとてもできそうもありませんね。
婿殿が担当でしたがけっこう時間がかかりました。
容器がパンパンに膨らんでいるのがおわかりでしょうか?

IMG_2667_convert_20150525165444.jpg


選り取り見どりの大きさの焼き上がり・・・楽しいですね。

IMG_2673_convert_20150525165141.jpg


若い夫婦の休日のブランチですよ。
私は座っているだけ!
上げ膳据え膳は何よりご馳走です!

IMG_2672_convert_20150525164735.jpg


私の住む街は高齢化率の高いところです。
右を見ても左を見ても高齢者ですよ。
かく言う私もその中の一人です。

ところが福岡は若者の街でした。
彼らはいるだけで街に元気をあたえます。
大学が街の中程にあるのも良い風景でした。
空気が循環しているのが実感できるのですよ。
少子化のダメージがちょっぴりわかった小さいちいさい旅でした。

あす我が家に帰ります。
リセットをかけて残り時間を暮します。

08:23 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

藤城清治展に行きました

福岡市博物館です。
国宝の金印が常時展示してあります。
でもそれってとっても小さいのですよ。
ペンダントトップ位です。ふふふ。

IMG_2638_convert_20150523153614.jpg


昨年も藤城清治展があり大好評でした。
それにこたえての今回の開催です
1924年生まれの藤城清治氏を世にだしたのは、あの暮しの手帖の編集長の花森安治氏です。
そういえば雑誌に影絵の童話がいつもありましたね〜
今回はそれと宮沢賢治の童話の影絵が中心でした。

私が行ったのは平日でしたが、50歳代以上の人びとで埋め尽くされておりました。
男性が多くて驚きましたよ。

IMG_2647_convert_20150523153448.jpg




私のラッキーカラーのひとつ青を中心に選んだ絵はがきです。
賢治の童話がおわかりですか?

IMG_2655_convert_20150523153359.jpg



見終わって心がしっとり潤い、その足で老舗の喫茶店の「伊藤」に寄りました。
懐かしい佇まいでしょう?
夫婦ふたりでやっている落ち着いた雰囲気の店ですよ。

IMG_2652_convert_20150523153815.jpg


「ホットサンド」が看板メニューです。
切り落としたパンの耳がそれはそれはおいしいのですよ。

IMG_2650_convert_20150523153717.jpg


帰宅して買った絵本を読んでいると後書きに「藤城氏の絵本が花森氏によって初めて出版された翌日に東京通信工業という会社から、影絵を使いたいと電話があり、井深大氏盛田昭夫氏に説明を受けた」と記されていました。
後のソニーですよね。

昔の人は力のある若者を見つけてしっかり育てていたのですね・・・
しばらく遠い世界を見つめる心持ちになりました・・・
16:34 | 美術館 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

どくだみ化粧水を仕込みました


5月は花の季節です。
山ぼうし、栴檀、ユリの木、ばら・・・・・
そしてどくだみです。
十字架のような白い花で雑草扱いされますが、人のためにもなる植物ですよ。

駐車場のかたすみに群れ咲いているのをもらい、きれいに洗ってどさっといけてみました。


IMG_2600_convert_20150522090150.jpg

ミルク入れに1本入れてもいいですね〜

IMG_2602_convert_20150522090603.jpg


そして小さい束にして日陰に干して風に当ててやります。

IMG_2606_convert_20150522090255.jpg


5日程でカラカラに乾きますので小さく切り瓶に入れますよ。
約50gくらいですね。

IMG_2657_convert_20150523104556.jpg


米焼酎を1800cc注ぎ40日ほど寝かせます。
それからは・・・・・・またお知らせします。

出来上がりが楽しみですね!

P5220527_convert_20150523104452.jpg


最近「待つこと」が楽しめるようになりました。

自他ともに認めるせっかち人間です。
この変化は加齢とともに自分の非力さがわかってきたからです。
生きているのではなく大きな力で生かされている・・・・としみじみ思う毎日です。
16:55 | 自然 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

古本大好き!

福岡も五月晴れが続き風と緑が心地良い毎日です!

IMG_2616_convert_20150520174158.jpg


どこへ行っても古本屋さんへ出かけます。
まして旅先で見つけると大喜びですよ!

12の店が大会場で古本祭りをしてます。
よだれが出る・・・とはこんなことを言うのでしょうね。ふふふ。

IMG_2632_convert_20150521094804.jpg


私が新米ミセスの時の教科書は「暮しの手帖」でした。
商品テストを見て買い物をし、料理ページを見てすてきな器に憧れました。
本はどんどん増えていき、スチール本箱から溢れ始めました。
そして家族も増え家が狭くなり、その大量の雑誌をとうとうゴミに出したのです。
・・・・・・・
「物の価値のわからぬ女だ」と今でも時折責められます。
そして何と子供たちは古いそれを見つけては買っているのですよ。

その暮しの手帖があったのです。
まるで旧友に会った気持ちでした!

そして小野かおる氏の絵本と・・・

IMG_2633_convert_20150521094730.jpg


大好きな茨木のり子氏の詩集です。
音読を毎日します。
言葉が増えてボケ防止にもいいのですよ。

IMG_2634_convert_20150521094642.jpg


何と3時間近くも会場にいました。
こんな時は時計の針が早いですよね〜

IMG_2629_convert_20150520173722.jpg



買った本を眺めながら、評判のロールケーキでお茶の時間です。
うれしい!嬉しい!
17:49 | | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

コストコ初体験

今福岡のA家で慣れない小さなノートパソコンで書いております。
画面が小さくて見えにくいです。

そしてなぜか大きいおおきいアメリカサイズの店コストコに初めて行きました。

IMG_2566_convert_20150519134617.jpg


中は撮影禁止です。
広く大きな倉庫の中に見上げるほど商品が積み上げられ、果てしなくものの山が続くのです。
ビッグサイズのカートを押す人の波です。
「今日は人が少ないね」と言う話に驚きました。

帰りの車ですよ。
Aの買い物の量と金額に目玉が飛び出そうです。

IMG_2577_convert_20150519140137.jpg


帰宅してほんの一部が並んでおります。
ひとつの大きさ、量が私がいつも見慣れているものと、比べ物になりません。

IMG_2583_convert_20150519140307.jpg

アップルタルトです。
約15人分ですよ!
Aはカットして冷凍しております。

IMG_2596_convert_20150519140624.jpg


早速買ってきたパエリアを半分晩ご飯にいただきました。

IMG_2597_convert_20150519135745.jpg


値段は安いものもありますが、大量ですから私には向きませんね。
よほど計画的に、何人かでわけたり、冷凍したり・・・・と頭をふる回転しないといけないと思いました。

私には高嶺の花で、近づけませんよ!ふふふ!
14:51 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

平家物語の読書会  5月

雨の瀬戸内海です。
光がありません。

IMG_2454.jpg

部屋にはいり驚きました。

IMG_2453.jpg


流木でできていますよ!

IMG_2452.jpg

50代の女性の作品です。
スケッチもありました。
力がありますね~

IMG_2450.jpg


お茶の時間は岡山の御菓子でした。

IMG_2448.jpg

後白河法皇の子供や孫が10代20代で次々に亡くなり、悲嘆にくれる場面の読書でした。
今と比べると・・・・時代をしみじみ感じました。
06:14 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

気まぐれ母の日

何十年母をやっておりますが、花が届いたり、器だったり、カードだったり、はたまた何にもなしだったり・・・・の母の日でした。
もともと「〇〇の日」にこだわらない家ですし、変人奇人を父に持つ子供たちですから十分気まぐれです。

それが今年はウエストの箱が届きました。

IMG_2475.jpg


クリムトの絵が印刷された缶にリーフパイが入っていますよ。
うーん。やりますねぇ。
因みに去年はルノアールだったそうです!

IMG_2514.jpg


早速あつい紅茶といただきました。
心なしかバターが新鮮でいつもより美味しく感じました。

IMG_2521.jpg

さて晩ご飯はBがシンガポール風チキンライスを作りました。
ショウガ、ニンニク、スパイスが効いたパンチある食事です。
作ってもらうと何でもおいしいですよ。

IMG_2408.jpg

最後に夏みかんゼリーときんかんの丸齧りです。

IMG_2432.jpg


今年は母の日がありました。ふふふ。
06:04 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新緑の山

団地から30分ほどで登れる山からの眺めです。
見渡す限りの新緑、緑、みどり・・・・です。
心洗われる・・・という表現がぴったりです。

八畳岩


山には大きな岩があり〇〇天狗と名付けられたものが多いです。

八畳岩2


その岩に登ると谷をヒョイと越えて、向こうの山に飛んでいけそうな気持ちになるのが不思議ですよ。


八畳岩3



昔の人が天狗様に憧れた気持ちがよ~くわかります。

八畳岩1


山から降りて、清々しい気分で頂くコーヒーはいつもより数倍もおいしいですよ~

カプチーノ

山はお金はかからず、頂き物ばかりです。
子供たちが小さいときに無理やりひっぱって連れていっておりました。
おやつを鼻先にぶら下げて、それが欲しくてついてきてましたね~

彼らは今ではさっぱり登っておりませんが・・・・・
06:47 | 自然 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏みかんでいろいろ!

夏みかんをもらいました。
何てきれいなんでしょう!
もちろんワックスなしですよ。

IMG_2416.jpg


果肉に砂糖をまぶし、しばらくおいてゼラチン液をかけて固まらせた簡単ゼリーです。
新鮮さが口に広がりました。

IMG_2425.jpg


皮の白い部分をとり少しだけピールの真似事をしました。
「砂糖の取りすぎは体を冷やすの」と家族に言い納得させて、グラニュー糖をまぶさない横着半分の簡単ピールです。
シロップもできました。
ヨーグルトやパンにかけるのが好きです。


IMG_2420.jpg

ママレードです。
今回は皮が少なかったのでとろとろママレードです。
作る度に出来栄えが違います。
いい加減さがでますが「添加物無し」と「達成感」で満足していま~す。

IMG_2423.jpg

休日のBの朝ご飯です。
Zの作るパンをBが切りそして私のママレードです。

IMG_2428.jpg

夏みかんの皮むぎはZにしてもらいます。
私の親指はそういう作業が出来にくい指になりました。
手が使えず家事ができない状態を2回も経験しているので、Zも協力せざるをえないのですよ。
経験で学んでいるのですね。ふふふ。

家族に力を出してもらわないと家事がくるくる回らない今日この頃です。

06:49 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑