link    write  admin

タティングレースの贈り物

繊細なレース編みをご覧ください。
針ではなくシャトルで編むタティングレースです。
見えにくいけど小さいビーズも編み込んであるのですよ。

夏の盛りの体調の悪い時に頂き、うれしくて机の前に飾りいつも見ていました。

IMG_2996.jpg


これは以前もらった小物入れです。
きれいでしょう!

IMG_2999.jpg

一本の糸が人の手で作品になる・・・
手業のすばらしさにうっとりしています。



03:23 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

'15-8月 絵本会

らっこ、ペンギン・・・がすいかを見つけて、休んだり、ジャンプしたり・・・と楽しみます。
最後に大きなくじらがやって来ると「食べられるよ」と子供がつぶやきましたよ!

青い海とすいかの取り合わせが夏にぴったりの絵本でした。

すいかのたび
高畠純
絵本館


IMG_2875.jpg


写真の紙芝居です。
今人気の今森氏がかぶとむしを撮ると迫力があります。
男の子が多かったので喜んでもらえましたよ。

むしのおうさま カブトムシ
今森光彦
教育画劇

IMG_2966.jpg


夏籠もりをして何もせず、ごろごろと怠惰に暮らしておりました。
するとだんだん考えることも何もかもが億劫になっていきました。

暑さのせいよ!とうそぶいておりますが、怠惰な生き方に染まるのはかんたんと反省をしております。

こんな人間ですが、これからもよろしくお願いします。

   天上もわが来し方も秋なりき     中村宛子
06:07 | 絵本 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

絵本原画展に行きました

山あいの田園を車で走り、東広島市立美術館に着きました。
緑の中に2階建ての小じんまりした建物が静かに佇んでいます。

IMG_2951.jpg


ここはボランティアの方のセンスがすばらしいのです。
毎回展示作品のイメージを作品にして、飾りつけしてあります。

IMG_2932.jpg


切り絵も見事ですね!

IMG_2935.jpg


階段回りの様子ですよ。

IMG_2946.jpg


万華鏡も手作りです。
きれいで大人も不思議の世界にひきこまれますよ。

IMG_2938.jpg





今ボランティアの会員は20名位ですって。
近くでしたら入れてもらいたいけど遠くて私は無理ですね。

IMG_2960.jpg


お近くの方は是非どうぞ。
新しい出会いが始まりますよ!

06:52 | 美術館 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大葉からエゴマからソウルへ

週に一度大葉を届けてくれる親切な隣人がいます。
大葉があるだけで食卓が豊かになるのです。

「これはエゴマの味がする」Aが食べながら言いました。
彼女は何度も韓国に行っています。

IMG_2718.jpg


本場の焼肉です。
こんなに野菜が出るのですよ。
「肉の3倍野菜を食べる」という栄養学に叶っていますよね。
エゴマの葉は必ず出てくるのですよ。

R0011560.jpg


ハングルのスターバックスコーヒーの看板文字です。
最初、ハングルは全部同じ文字に見えました。
今慣れてやっとひとつひとつが判別できます。

R0011535.jpg


ソウルでお腹ペコペコで飛び込んだ店のお昼です。
ハングルがわからず、写真で注文しました。
もやしがたくさんはいっていましたよ。

R0011533.jpg


屋台でオモニが作っていたのり巻きです。
おいしかった!

R0011549.jpg


五味子茶です。
きれいでしょ?
甘くておいしいのですよ。
おかしは木の実が入ってもっちりしてとてもおいしかったです。

R0011543.jpg


大葉から懐かしいソウルの旅を思い出しました。

後日、隣人がエゴマも混じって生えていたよ!と言われましたよ!
めでたし!めでたし!


06:11 | | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蘇った茶托

「物の価値がわからない女」
「良いものを捨てて、ゴミを大事にする女」
家族が私に押した烙印です。

そういうわけで不用品はダンボール箱に入れ、だれでも見れるようにしております。

ゆり

Aがその不用品箱から茶托を出してきました。
昔お茶の師匠をしていた叔母がくれたものですが、すっかり色あせて出番がないものでした。
左のものですよ。

IMG_2841.jpg


それにAがオリーブ油を塗り始めました。
塗っては乾かしの作業を何度も何日も繰り返し・・・上の写真の右側のようにきれいになりましたよ。

IMG_2839.jpg


小さめのサイズを探していたAは喜んで持って帰りました。

IMG_2435.jpg


「何でも回すのよ」と知識から物から力・・・を惜しみなく人に差し出す知人がいます。
私も「もらってもらう」「作業所に持っていく」「献品する」・・・と物を捨てないようにして、ほんの少しですが、彼女の真似事をしています。

その後は何とも言えず、心が爽やかになるのですよ!



07:56 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

すいかだ!スイカだ!

スイカをもらいました。
ちょうど読んでいた絵本とぴったりでおかしかったですよ!

IMG_29063.jpg


重くて大きくて、まな板がぎりぎりです。
そして私の力では刃がたちません。

IMG_2916.jpg


Zにたのみやっと半分に切れました。

IMG_2919.jpg


糖分がのっておいしそう!
きれいな色ですねぇ。

IMG_2922.jpg


一口大に切って容器にも入れました。
冷蔵庫の中はスイカでいっぱいですよ。

IMG_2924.jpg


子供の時は井戸でスイカを冷やし、母が切ったものを縁側で種を飛ばしながら大勢で食べたものです。
あの頃は暑いといっても三十度を少し越える位で、今よりは過ごしやすかったですね。
エアコンがなくても蚊帳の中で眠っていました。
丸いスイカで昔を懐かしみました。
06:57 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑