link    write  admin

誕生日!牛肉だ!

ミルさんから頂いた大きなさつまいもを見てください。
肌が荒れてごつごつした芋なのにオリーブ油でじっくり焼くと甘い甘いおつまみになりましたよ。

IMG_6018.jpg


きょうはZの7(?)回めの誕生日です。
二人暮らしの時は何もしませんでしたが、Bと同居になり、祝いの真似事をまた始めました。
1年に1回あるかないかの牛肉のステーキはただ焼くだけ、そしてさきほどのさつまいも、あとは野菜や生ハムやチーズ・・・を切って並べるだけ。
手をかけず簡単なことしかできません。

IMG_6077.jpg


酒は地元の蔵元のにごり酒です。
以前ギャラリーを訪ねた折、横の小さな事務所で、私が子供時代に使っていたのと同じの、合板の古い机がまだ現役だったのですよ。
質素で堅実な経営姿勢が見え、それなのに瓶や包装はとてもしゃれていて、日本酒よりワインらしく、よく贈り物に使います。
小さいメーカーだから小回りがきくのでしょうか?
微力ですが応援しているのですよ。
もちろんおいしい酒でした。

IMG_6080.jpg


そして饅頭大好き人間のZに婿殿から福岡の千鳥まんじゅうが届きました。
もちろん大喜びです。
冷凍しておけば長持ちすると聞いたらしく、これでほとんど彼のお腹に入るでしょうね~

IMG_6065.jpg


当たり前のことですが誕生日の度に齡を重ね、超高齢社会と言われる未知の世界へ一歩づつ足を踏み込んでいる、頑固爺と意地悪婆です。
老いるとは真っ暗な中、海に向かい絶壁を歩いているようなものだと千代芳子氏は書かれていました。

強がったり不安に苛まれたり・・・と振り子のように揺れる日々・・
拙いブログを綴ることで少し落ち着いて自分をみることができました。
いつもお読みいただき感謝です。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。




06:56 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

私のクリスマス

お隣の教会のクリスマス会でカードを頂きました。
信者さんがそれぞれお好きな聖書の言葉を書いたものを、あらかじめもっていた番号札でみんなにもらえるのです。
そしていつもピアノ伴奏をされる若い女性の書かれたカードが私には届いたのです。

IMG_6063.jpg


「わたしは山にむかって目を上げる。わが助けはどこから来るであろうか。わが助けは天と地を造られた主から来る。」と書かれていました。
静かにピアノを弾いている彼女に「私山が大好き、この言葉も好きですよ」とお礼を言うと、すてきな笑顔でわたしをハグしてくれたのですよ・・・

カード


江戸時代からの老舗「いづう」の鯖寿司です。
さすが京都、小粋な包装ですね。

IMG_6031.jpg


鯖寿司を食べながらピアノをひく美しい彼女の横顔を思う、静かな冬の夜です。

IMG_6037.jpg


06:36 | いろいろ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ララ!今年もベーコン♪

1年に1度美味しいハムとベーコンが届きます。

IMG_5988.jpg


立派なベーコンに歓声が上がりました。
ZとBの大好物なのですよ。

IMG_5990.jpg


薄く切るのはB、カリカリに焼くのはZです。
大雑把な私はこんな繊細なことはできなく、台無しにするので一切ベーコンには触りません。

IMG_5991.jpg


冷蔵庫の茹でたほうれん草を長いままのせたZの男の料理です。

IMG_5995.jpg


大喜びのBの朝ご飯です。

IMG_5993.jpg


実は私はベーコンを料理に使いません。
ですからここ十余年ほどは買ったこともありません。
ZとBは大好物ですが・・・
それだけに年に1度のこの贈り物に大喜びで二人で大切に食べております。

私?はい、ひとり玄米ごはんを食べておりますよ。ふふふ。

07:04 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

巡り来る平家物語

最後の紅葉が美しいひろしま美術館です。

IMG_5958.jpg


そこで安野光雅のものがたり絵本展がありました。
私のお目当ては1996年に描かれた平家物語です。
一点づつ食い入るように絵を見ました。

IMG_5952.jpg


日本画の手法でそれはそれは細かく描かれていました。

IMG_5978.jpg


余りによかったので繪本 平家物語を図書館で借りました。
布張りで荘重な装丁の重い本はもちろん書庫に仕舞われておりましたよ。

IMG_5986.jpg


私の好きな竹生島詣です。
余りにも美しいので見ていただきたくて・・・

IMG_5984.jpg


実ははるか昔にデパートの催事場でこの絵をすべて見ているのです。
その時は何も考えず何も残りませんでした。
そして月日は流れ平家物語を読み始め、安野氏が私達と同じ本を読みこの大作を仕上げられ、再びそれを感動と共に観ることができた幸せ。
読書会に誘ってくれた方との偶然の出会い・・・すべてのめぐり合わせに只々驚き感じ入っております。

偶然は必然・・・感謝のみです。

06:06 | 美術館 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

電車に乗っておよばれに!

地下鉄、電車を乗り継いで十五分ほど歩くと目的地に着きました。
一年半ぶりの訪問です。

笑顔いっぱいのYさんに招じられて食卓につくと「まぁ、凄い!」と思わず歓声が漏れました。
事前に「何がたべたい?」と聞かれ「揚げ物で~す」と厚かましく答えておりました。

IMG_5767.jpg


料理上手のYさんの十八番のひとつが揚げ物で、私の一番の苦手が揚げ物なのですよ。ふふふ。
ししゃもを巻いた春巻き、ごぼうの切り方に注目ですね!
水と粉だけの薄い衣がかりかりでそれはそれは美味しいのです。

IMG_5771.jpg


熊本の郷土料理のだご汁です。
団子がぺしゃんこなんですねぇ。
だしが効いたおいしい汁物です。
朝から料理にかかりっきりで、それが楽しくて仕方がなかったと言われます。
料理の苦手な私はこういう人を尊敬し、憧れるのですよ~。

IMG_5779.jpg


保存食もたくさんできていましたよ。

IMG_5776.jpg


新しいコーヒーメーカーは最近自分にプレゼントされたそうです。
私よりお姉さんですが、生きる姿勢が前向きです。

IMG_5777.jpg


それでおいしいコーヒーも出ました。
隣は食べるいりこにチーズをのせてさっと焼いたおつまみ、魔法のようにおいしいものが次々出てきます。

IMG_5782.jpg


人生には自分でリセットをかけ直さないといけない時期がいやでも巡ってきます。
Yさんは<大好きな料理を人様に食べてもらい、おいしい時間を共有すること>でこれからの日々過ごしたいそうです。
そのために家を片付けて・・・と夢が広がるのですね。
暖かい人柄で話好きできらきら輝く瞳のYさんです。

私毎日でも伺いたいですよ。

05:53 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

嬉しい贈り物

いくつになっても嬉しいクリスマスですね!
人気のパン屋さんの店頭に雪だるまとツリーのがありました。
食べるのがかわいそうでしたよ。

IMG_5944.jpg


編み込み模様がすてきな手首ウオーマーです。
色合いも良いですし何より暖かいのですよ。
編み物好きだった母が「編み込み模様は倍の手間がかかる」といつも言っていました。
お陰でとっても暖かいですよ。
sさんありがとう!

IMG_5928.jpg


私と同じ歳なのに肌がつるつるのOさんに秘訣を聞くと「安いハトムギ化粧水をたっぷり使うこと」でした。
そして愛用品をわけてくださり、おまけに小分けにする容器までつけてもらいました。
さぁ!きれいになれるかな?
ハッピー!

IMG_5932.jpg


野菜のジャムです。
トマト、にんじん、かぼちゃと綺麗どころの野菜が勢ぞろい、これを冷凍パイシートに包み熱々のパイを焼いたらおいしいでしょうね~
ご馳走様!

IMG_5949.jpg


私は近年手まで寒さに弱くなりました。
指先の出るハンドウォーマーは何かと便利です。
手編みなのでとても暖かですよ。
きれいな色でとってもていねいに編まれていて「大変だったでしょう?」と聞くと「糸はのびるからごまかしが効き楽なのよ」との答えでした。
さすが編み物の達人ですね。

IMG_5973.jpg


親が生きている時は当たり前だった貰い物、それがこの年齢になり大きく代わりました。

この広い世の中で偶然に出会えた方々から、物心ともども「只いただくばかり」の人生、感謝だけです。

06:01 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

教会でゴスペル


神社の狛犬、寺の線香の匂い、教会の賛美歌・・・みんな慕わしい私の人生です。
きょうは隣の教会へレイ・シドニー氏のゴスペルを聴きに行きました。

IMG_5912.jpg


小さな三つ編みのヘアーに白いシャツ、人懐こい笑顔でいきいきと話し歌われます。
ロサンゼルスで校長先生をされていたと言われ納得しました。
子供達や若者も加わり、清らかな歌声に元気をもらえます。

みんなで歌うクリスマス賛歌は盛り上がりましたよ!

IMG_5920.jpg


こちらの教会では信者さんが交代でお昼を作られます。
きょうは韓国の方でビビンバとプゴック(干しダラのスープ)でした。

IMG_5915.jpg


好きな物をご飯の上にのせコチジャンを最後に置き、しっかり混ぜていただきます。
野菜がいっぱい、そして初めてのプゴックのおいしいこと・・・
隣にはポルトガル人のパパと赤ちゃんがいましたよ~

IMG_5917.jpg


これも初めてのコルム茶です。
ナッツが入り甘くてほっとできましたよ。

IMG_5918.jpg


夕方牧師先生がタッパーいっぱいにプゴックを届けてくださいました。
夕飯に早速出すと「我が家にはない味だ!うまい!」「しっかり味がついている!お代わり!」と大評判です。

おいしい一日に感謝です。

06:39 | いろいろ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

悲しみの平家物語読書会

今回は「願書」を読みました。
木曽義仲が平家の大軍との戦いの前に八幡宮に祈願すると勝利の印の鳩が飛ぶ場面です。
この頃の義仲は正義感あふれる人間でしたが、この後権力の座につくと変身していくのです・・・

IMG_5898.jpg


お手製のクッキーと干し柿でお茶をしました。

IMG_5876.jpg


そして悲しい知らせを聞きました。
この会の創立メンバーのひとりで一番若いTさんが先月亡くなったのです。

IMG_5148.jpg


45歳でした。
若すぎます。

IMG_4395.jpg


いつも車で送ってもらい、車中で現役世代の暮らし情報を聞くのが楽しみでした。
今でも清潔な横顔が目に浮かびます。
さびしくて残念でたまりません・・・

06:16 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

年末の小さい仕事

最近は余分の仕事が面倒になってきました。
それでも12月になると「いくつになっても嬉しいクリスマス」の雰囲気になります。
そして小さい簡単なものだけ飾りつけをします。
この二枚のカードは一度も会ったことのない中学時代の文通相手のYさんからもらったものです。
一年に一度眺め、甘酸っぱい気持ちに浸りますよ。

IMG_5902.jpg


年賀状箱を整理していると版木が出てきました。
さっぱり覚えておりませんが指を折って勘定してみると、30代の頃彫ったものです。
あの頃は髪はふさふさ黒く、シワもなく、指先に力もはいっていたのでしょうね・・・
折角だからこれを使いましょう!
さて12年後に使えるでしょうか?無理でしょうねぇ!ふー!

IMG_5549.jpg


お気に入りの百円ショップのカレンダーと予定ノート、毎日の記録は服メーカーのおまけの手帖を使います。
そして家計簿です。
ここ数年前から家計簿の記帳、特に月末の集計をする年計表計算がいやになってきました。
電卓を使うのに間違いだらけなのです。

IMG_5890.jpg


思いたちパソコンで表計算を作りました。
ここ二ヶ月入力するだけでぱっと合計が出る便利さに目を見張りました。
でもやはり詰めが甘いのですよ。
累計欄にとんでもない数字が並びます。
計算式を間違えて打ち込んでいるのですね。

IMG_5339.jpg

もう一度ていねいな見直しをして・・・打ち代えて・・・
そうそう苦手な掃除もそろそろしなくては・・・

楽しみながら少しづつ・・・いえいえため息まじりにちょっとだけ・・・の12月です。

06:40 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

花梨と生姜とオートミール

よく熟れた花梨をもらいました。
良い香りが部屋に満ち溢れました。
この可愛さですが、いざ切ろうとすると固くてまっすぐ包丁がたちません。
種にむかって削ぎ切るのがやっとでした。

IMG_5888.jpg


それでも氷砂糖と焼酎に漬けると何とか恰好がつきましたよ。
咳や喉に良い花梨酒が一年後にできあがります。

横の小びんにはゆずの種の焼酎漬けです。
そろそろハンドクリームができる頃ですが。

IMG_5896.jpg


やっと生姜酢ができました。
血管を強くするとか。
先日マーボー豆腐にかけてみるとおいしかったですよ。

IMG_5903.jpg


オートミールは繊維やビタミン・ミネラル・鉄分が豊富です。
いつもから煎りして保存しています。
そしてミルクに湿らせヨーグルト・きな粉・ゴマ・黒砂糖・はちみつ・・・をかけて食べますよ。
お茶の時間にコーヒーと出したら「カフェみたいだ!」と好評でした。

IMG_5923.jpg


いつも茶色のお惣菜しか作りません。
ときおりこのような夢ある食べ物を作ると、まるでスパイスが効いたみたいにうれしくなります。
穏やかで静かなこの暮らしに感謝です。

いつまでも続きますように・・・

06:57 | | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑