link    write  admin

たらの芽とこごみと・・・

春本番になると山は山菜の季節です。
麓でその採り頃を見極めるのはむずかしいですねぇ。

我が家から東の山に行ったZが「ちょっと遅かった」と持ち帰ったたらの芽です。
もう芽ではありませんがこれがけっこうおいしいのですよ。

IMG_6637.jpg


山菜は小麦粉と水だけの薄いあっさりとした衣がおいしいですね。
さわやかな苦味は体の毒を消してくれそうです。
おいしい!美味しい!

IMG_6646.jpg


こごみは山に行ってもわかりません。
ぜんまいと間違えそうでこわいのですよ。
これはいただきものです。
何ときれいな緑色でしょう!

IMG_6650.jpg


同じように揚げましたがさっぱり味がないのですよ。
それで気がつきました。
これは栽培物なのですね。
近頃は山菜も農家で作るのです。
見ためは同じでも味は野性のものとは別物ですよ。

IMG_6662.jpg


緑滴る里山を見てください!
私の大好きな場所です。
山にひっそり佇む神社からの写真です。

IMG_3724.jpg


これからこしあぶら採りがはじまるので~す。
06:51 | 自然 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

使い切る 2

心を溶かすような深い色合いのとろとろの梅酒ができあがりました。
この時期は次々とビンに入れ替えします。

IMG_3593.jpg


梅も取り出し一度茹でこぼしシロップ煮にするとまたおいしいのです。
そのままお茶請けもよし、ヨーグルトにあしらってもよし、ころころとかわいいですねぇ。
そして食べ終わるとシロップが残りました。

IMG_3601.jpg


それに醤油を足して煮豚を作りました。
こっくりとさわやかな深みのある味にしあがりました。
生野菜と一緒にいくらでも食べられますよ。

IMG_6561.jpg


いつものかぼちゃの甘煮もこのシロップで煮るとお上品な味に仕上がりました。うふふ。
今年初めての筍ご飯によく合いましたよ。
これで梅もシロップもすべて使いきりました。
満足!満足!

IMG_6616.jpg


近頃何でも捨てることにとても罪悪感を感じるようになりました。
これが高じると腐った物も食べお腹をこわす、困った老人になるのでしょうね。
くるくる無駄なく回すためには鈍い頭をしっかり動かさないといけません。

そうそう筍ご飯の器は抹茶茶碗です。
何でも仕舞わずに良いものから使おうと決めましたよ。


08:05 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初めての庭仕事

所帯を持ってから庭には縁のない暮らしでした。
それでも鉢植えなどやってみましたが、すべて枯らしてしまい、「野山の野草が自然でいいわ」と開き直っておりました。

IMG_6599.jpg


昨年隣のビルが解体され駐車場になり、南側に細長い地面が現れました。
何十年も園芸などしたことがない悲しさ、何を植えていいのかもわかりません。
そこで毎日午前中は庭で花仕事をしているという大ベテランのKさんに相談しました。

IMG_6582.jpg


さっそくこぼれ種からの苗を届けてもらいましたが???
その地面は小石がごろごろ、そして10センチほど掘るとコンクリートにぶつかりました。
それでも「まあ植えてみなさいよ」と助言をもらい、やってみました。

IMG_6319.jpg


ノースポール・サクラソウ・ムスカリ・ビオラ・・・が咲いたのです。
そして初めて自分で育てた摘みたての花でテーブルを飾れました。

IMG_6583.jpg


曲がりなりに自分で世話をしたものは愛おしいですね。

IMG_3707.jpg



PC・読書などで目が疲れたとき庭仕事で気分転換できることを、この年齢になり初めて知りました。
毎日石ころを拾い草を抜いています。
もちろん楽しみながら少しづつ・・・しかできませんよ!

06:23 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

らくらく!ステーキごはん

ブルーナのうさこちゃんではありませんが、さやえんどうが大好きです。
あの可愛い花からこんな豆ができるとは!自然の妙のすばらしさにうっとりしています。
おまけに友人が育てたおいしい摘みたての豆ですよ!

IMG_6586.jpg


毎日が昔の田舎風ごはんの我が家に、またまたステーキコールが出始めました。
仕事で毎晩遅いBのため大きなステーキを1枚買い、塩・こしょう・にんにくを擦り込み焼いてコロコロに切りました。
これで3人分ですよ。うふふ!

IMG_6587.jpg


そしてその鍋でご飯も炒め塩・こしょう・醤油をふりかけます。
肉を戻して混ぜ込み簡単ステーキごはんのできあがり。
野菜もたっぷり、にんにくの薄切りと一緒にひとつの皿に盛り付けるとできあがり!
さやえんどうももちろん飾りましたよ。

IMG_6592.jpg


後は常備菜のひじきの炒め物と煮豆、定番の納豆とヨーグルトです。

IMG_6589.jpg

さすが牛肉ですね。
たったこれだけでもお腹がいっぱいです。
「おいしかった!やっぱり肉がいいねえ」「満足感が違う」と家族がさかんに言っております。

いえいえ、明日からまたいつもの汁・飯・煮物の食事ですよ!

05:21 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

身軽に暮らす

手元に置いていつも眺める本のひとつです。
6人の実践のレポートと暮らし方のヒント集です。
すっきりした暮らし方に刺激されこの春30着近く服を処分し、少し身軽になれましたよ。

身軽に暮らす
石川理恵
技術評論社

身軽に暮らす


鎌倉の古い文具店で代筆もする若い女性の話です。
落ち着いてお茶を煎れて手紙を書きたくなるような本でした。
作者は「間」を意識して書き上げたとか・・・

1日1枚手紙を書ける暮らしが目標ですが、現実は程遠い私です。
ついうっかりともらった手紙の返事を書き忘れないようにしなくてはと、いつも言い聞かせております。

ツバキ文具店
小川糸
幻冬舎

IMG_6419.jpg


オランダの児童文学です。
ナチスドイツ占領下、家を追われ人里遠く離れた山奥の農家での共同生活する11歳の少女が主人公です。
子供はそれなりに環境に順応し楽しみも見つけますが、親の苦悩はどれほどでしょうか?
生活の基盤を失い子供を育て生きていくきびしさは想像もつかず、胸が詰まるばかりでした。

第8森の子どもたち
エルス・ベルフロム作
野坂悦子訳
福音館書店

第8森の


今大規模な自然災害の警告が巷に溢れています。
片や人的災害の最たるものの戦争ですが、こちらも「歴史は繰り返す」の言葉がヒタヒタと押し寄せている時代ではないでしょうか?
本を読み想像力を膨らませたいものです。


08:06 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

緑の葉っぱの春野菜

「花が咲くから全部切ったよ」と無農薬のパセリやセロリ・サラダ菜をもらいました。
お店では買えないものですね。
うれしい!嬉しい!

IMG_6544.jpg


長いものは大きな器にドカンと活けました。
部屋の雰囲気がさっと爽やかになりましたよ~
緑色は眺めるだけで心が鎮まる魔法の色ですね!

IMG_6547.jpg


その色に惹かれたのか、ちょうど休みのBがイタリアンパセリでオープンサンドを作りました。
お昼にふたりでこれを全部食べました。

IMG_6558.jpg


根付きのわけぎです。
始末をしているとほろ苦い匂いが立ち上がります。
春の香りですね!
ほろ苦さで体内の毒消しをしてもらいましょう!

IMG_6555.jpg


ワカメと松山揚げの素朴なぬたの出来上がり、白いごはんにぴったりのおかずです。

IMG_6557.jpg


いよいよ大好きな緑の季節本番です。


            悲しめるもののために
            みどりかがやく
            くるしみ生きむとするもののために
            みどりは輝く

                 室生犀星
07:02 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

時が醸し出してくれたもの

去年の6月に漬けこみ10ヶ月たってとろりとろりとした梅酒ができました。
色も良し!味もさらに良し!と悦に入っておりますよ!

梅は1度茹でこぼしシロップで煮ました。

IMG_6467.jpg


ゆずの種を焼酎につけこんで50日、手のローションができました。
すっきりとした無色透明、匂い無しで手がしっとりしますよ。

IMG_6476.jpg


ひと月たったショウガ酢です。
以前はハチミツをいれ黒酢で作っていましたが、今は米酢にショウガの皮付きを薄切りかみじん切りを漬けておくだけです。
きれいなピンク色になりました。
普通に料理に使いますが・・・

IMG_6499.jpg

晩ご飯の後のヨーグルトです。
オートミールをから煎りしてショウガ酢をかけ、プレーンヨーグルト・きなこ・プルーン・さきほどの梅のシロップ煮をのせています。
こっくりとしたこの味に慣れると甘いヨーグルトは欲しくなくなりました。

IMG_6502.jpg


これも夜の定番の納豆、これにもショウガ酢とショウガを入れています。
これだけ食べると、さてはて血管が強くなるでしょうか?

IMG_6504.jpg


お陰様で今のところは家族みんなが薬無しの生活です。
ただ私は「あこが痛い、ここが痛い・・・」と針を棒のように日々ため息交じりに言っておりますよ。
06:41 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

さようなら!こしあぶらの君

50代は元気でした。
山行の誘いがあるといつも二つ返事で喜んでどこへでも行きました。
そして「友達の友達はともだちだ!」で仲間も増えていきましたよ。

こしあぶらのき

ある山で山菜のてんぷらが出ました。
初めての味に感嘆していると「こしあぶらですよ、あの木です」と教えてもらったのが彼との出会いでした。
それから私は彼を「こしあぶらの君」と呼ぶようになったのですよ。

kosiabura.jpg


彼は鳥にも詳しく足元に海が広がる山頂で「あれはオオルリですよ」との彼の声で皆で歓声を上げて眺めたものでした。
野山を飛び回り、坂道を駆け下りる姿は生き生きと、まるで野ウサギのようでした。

ある時共通の友人宅で会った彼は俯いて手元を見てばかりで寡黙で、山中の姿との違いに驚きました。
そしてほどなく彼の入院を知りました。
自然の申し子のような彼に、病院のベッド生活はさぞ辛いものでしょう・・・

Zの散歩道1_松山航路のお帰り_左とんがり帽子は古鷹山、右最奥は宮島

そして先日亡くなったことを聞いたのです。
64歳でした。

はるかに海を眺める丘に墓がありました。
墓前で頭を垂れていると突然ひよどりの鳴き声が聞こえました。
見上げると高い木の枝に止まりこちらを見ていたのです・・・

IMG_6536.jpg


さあ今年もそろそろこしあぶらの季節がはじまります・・・

08:12 | 自然 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

布・ぬのが好き!

築40年の家に住んでおります。
住人も家も古ぼけガタがきていますが、建て替えたり大幅改修する気力も財力もありません。

あれもない!これもない、ないない尽くしの我が家ですが、布大好き人間ですので、それだけは溢れるほど持っています。
それで・・・

猪熊弦一郎デザインのMIMOCAの布をタペストリーにしました。
現代美術はよくわかりませんが、これは自然を感じ爽やかな気持ちになれるのですよ。

IMG_6458.jpg


丸亀市の猪熊弦一郎美術館です。
駅のすぐ近くにあり、その昔子供たちと休みにJRの青春切符で何度も出かけたものです。
特に喫茶室が好きでしたが、ある時見上げるほどに広くて大きな窓にマンションが現れがっかりしたものです。

猪熊弦一郎美術館


Zからのお下がりの私専用のPCです。
こういう武骨なものは部屋の空気に添いません。
ますます倉庫のような雰囲気の家になっていきます。
それで型染めの藍布でデスクトップを被いました。
それにしても昔の布はクラッシックモダンですね。
この家紋のお金持ちの娘の嫁入り道具を被っていたのでしょうねえ。

IMG_6465.jpg


小風呂敷の大きさが好きです。
回りを縫うだけですぐに出来上がり!
弁当を包んだり、被いにしたり、はたまたプレゼントを包むと、紙袋とは違う柔らかい雰囲気になるのがうれしいですね。

IMG_6463.jpg


羽織の裏地で小さい壁掛けにしました。
なんと華やかな絹地でしょう!
この時期にぴったりです。
こちらに目が行って部屋の汚れをごまかしています。ふふふ。

IMG_2029.jpg


大きく広い布は部屋の雰囲気を変えてくれ、畳むと小さくなり収納も簡単です。
おまけに軽く扱いが樂で、作り上げる達成感も味わえる、恰好の素材ですよ。
古い家に新しい風を入れてくれる布遊びで元気を出している春です。


07:38 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑