link    write  admin

農家レストランへ

若い友人に小さい旅に誘われました。
彼女が十年来憧れていた食事所でのお昼ご飯が目的ですよ・・・

電車を乗り継ぎ、倉庫や工場群・住宅街・トンネルを抜け海岸線を走り山の中の小さな駅につきました。
私たちを含め乗降客はパラパラで十人いなかったですね~

IMG_0360.jpg


駅前の風景です。
人っ子ひとりいなくて静かでした。
車の走っていない道路は広くて解放感いっぱいです!

IMG_0357.jpg


タクシーで十分足らず、玉ねぎに迎えられましたよ。うふふ!
壮観でした!

IMG_0336.jpg


昭和の木造家屋で、子供に返った気分になりました。
ここが地元の6人の主婦が切り盛りしている農家レストラン西野です。

IMG_0338.jpg


地元の有機野菜中心の料理が30品目ほどならんでいました。
野菜の刻み方も盛り付け方も、それはそれはていねいできれいでした。
心を込めて作られているのが見てとれるのですよ。

IMG_0340.jpg


小柄で笑顔のすてきなおばあちゃんが「よう来たねぇ」「いっぱい食べんさいよ」と言いながら、取り箸で私の皿にどさっと入れてくださるのですよ!

IMG_0344.jpg


そして彼女は各テーブルを回り「食べてる?どこから来たん?」と、とてもフレンドリーで私はその人柄にすっかりトリコになってしまったのです。
聞けば立ち上げ当時からのメンバーで「今は役に立たなくなってね」と言われますが、いえいえ田舎ではどんな人にも役回りがあり、居場所があるのです。
きゅうりの漬物は彼女のお作です。
年齢はうまくはぐらかされて教えてもらえませんでしたが、「料理をする人はボケない」を目の当たりにしました。

さぁ私も手と頭を動かさないと!と刺激を受けた夏の1日でした。


07:29 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

阿蘇からの贈り物

毎日ごろごろと夏隠りです。
そこにクール宅急便が届きました。
阿蘇の食材を使って長女Aと姑様それぞれが手作りした、ジャムやソースや漬物などです。
トマトやネクタリンのジャムは初めてですよ~
うれしいな!

IMG_0260.jpg


さっそくオムレツを焼きトマトソースをかけてみました。
とても甘くておいしいのですよ。
「あの甘さは何?」と尋ねると「阿蘇のトマトは甘いのよ!何も入れていないよ」との答えです。

IMG_0286.jpg


評判の店の漬物です。
日頃あまり漬物は食べませんが、これはサラダ感覚でご飯がたくさん食べられます。
暑い夏にもってこいですね~

IMG_0281.jpg


三度の食事作りで精一杯の私はジャムなど保存食にまで手が回りません。
良い素材の手作りのものはおいしいのだと、改めて思う夏です。

06:46 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

暑くて!暑くて!

目にも涼しいお菓子をもらいました。

夏干菓子

あり合わせの冷やしうどんで昼ご飯をすませました。

冷やしうどん


たらこ大好き人間の晩ご飯です。
楽ですねぇ~

IMG_2837.jpg


残り物の千切りきゃべつに卵をのせて蒸し焼きにした朝ご飯です。

IMG_6266.jpg


気が向いた時に撮った我が家のご飯、暑さのせいでますます手抜きです。
「これで食べなくなったらバテてしまう」と呪文のように唱えて口に入れています。

パソコンの前に座ってもちっとも頭が回りません。
涼しい秋を待ち焦がれております。

どうぞ大切にお過ごしくださいませ。

06:44 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

どくだみ化粧水

6月に花をつけたどくだみを陰干ししました。

IMG_6859.jpg


3日ほどでパリパリに乾きます。

IMG_6875.jpg


米焼酎に50日ほど漬け込みました。

IMG_6877.jpg


それを漉してグリセリンを混ぜドクダミ化粧水ができあがり!
さっぱりしたつけ心地はこの時期にぴったりです。

IMG_0288.jpg


厳しい暑さにひがなごろごろとトドのように過ごしています。
大げさにいうと「生きているのがやっと」なのです。
そんな中ちゃんとドクダミや焼酎は仕事をしてくれていました。

暑さ厳しい折どうぞご自愛くださいね!

06:55 | いろいろ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑