link    write  admin

野呂山 玉すだれの滝

野呂山 玉すだれの滝
寒気のピークを過ぎた1月27日、念願の「玉すだれ」を見てきました、歩き始めて4時間着いたのは正午過ぎ日はもう西に廻り初めて、うっそうとした杉木立の下に凛としたその滝が在りました。
三脚で撮影中のカメラマンが三人、聞いてみると雪が少なくて氷結の状態が今一つということでした。
標高740m前後の地点に在って落差は大体20mの滝です。

渡渉点で見つけたオブジェ渡渉点で見つけたオブジェ


仁方弘法道の標識仁方弘法道の標識

ピッケルを弾き返す厚い氷に覆われた昭和池ピッケルを弾き返す厚い氷に覆われた昭和池

昭和池から柏島と蒲刈昭和池から柏島と蒲刈

玉すだれの滝玉すだれの滝

玉すだれの滝2玉すだれの滝2

Map 玉すだれルート図

Zは山を愛する高齢者です。
この日は暗いうちから出かけて行きました。
たくさんの写真から選び出しましたが満足できないみたいです。
どうぞごらんになってくださいね。
文章も彼が書きました。
         koko



06:51 | Zの散歩道 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

年に1度のお楽しみ

本物と本物もどきの区別がつきません。
田舎育ちですから米や野菜や果物の1部はわかりますが、他はさっぱりです。

1年に1回阿蘇から届くソーセージ類です。
それはそれはおいしくて、日頃口にしているお手頃価格の物とは味が全然違うのですよ。
本物の味でしょうか?

IMG_1029.jpg

なかでもベーコンは家族が大喜び、だって日頃私はそれを買わないからです。
調理はもちろん薄く切る所から自分でやりますよ。
私にさせたら大雑把にハチャメチャにしてしまうからだそうです。

IMG_1110.jpg

カリカリに焼いたベーコンエッグの朝御飯が1番のお気に入りです。
「うまいなぁ」と何度も言っております。
私の方はとっくに玄米ご飯の朝食は終わっていますよ~
起床時間が違うので、それぞれが自分のご飯を作ります。
これは年寄り夫婦が円満に暮らす生活の知恵だと思うのですが、どうぞお試しください!

IMG_1112.jpg

さてさて1度収穫した豆苗がまた育ちました。
サラダやスープの緑のあしらいにぴったりです。
小松菜もしっかり葉が出てきました。
うれしいな!

IMG_1178.jpg

ほんものを見極める座標軸がありません。
何をどう判断すればいいのか途方にくれることが多くなりました。
親はどうしていたのか?と思い出したりZと話したり・・・
お気に入りの本を読み返したり・・・と。
全く<下手な考え休むに似たり>の毎日です。

06:11 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

平家物語の読書会

紙の整理をしていると懐かしいチラシが出てきました。
20年以上前にデパートの催事場で安野光雅「平家物語の世界」展があったのです。
ところが「全部細かい絵だった・・・」としか記憶にないのです。
まさに猫に小判でした。

右の絵葉書は昭和14年ころの雪景色の厳島神社です。
静寂な空気が伝わってきて、思わず清盛に思いを馳せました。

IMG_1174.jpg

読書会で「十牛図」を初めて見ました。
本の虫のMさんの本です。
禅の悟りの過程を牛・童・老人の絵で表していますが、私はさっぱりわかりません。

IMG_1135.jpg

後日厳島神社の火徐松明をもらいました。
その日の朝、「石油ストーブから火が出たら怖いね~」と話していた矢先でした。
あまりの偶然に只々驚くばかりです・・・

IMG_1131.jpg

今回は「維盛都落」「聖主臨幸」を読みました。
維盛は清盛の孫で愛する美しい妻子との別れの場面です。

何にも知らなかった平家物語に出会えたのはあるセミナーでYさんに声掛けしてもらったおかげです。
偶然は必然とか・・・「あなたとの出会いは生きていくごほうび」です。

おまけの人生のこれからの私は、この言葉を大切にしたいと思うのです。

06:17 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

とりハムで~きた!

鶏むね肉は栄養があり、お値段も手頃でよく使います。
「ぱさぱさしてコクがない」と家族の評価はよくないのですが、とりハムはまあまあです。

皮を取り除き観音開きにして砂糖と塩をすりこみ2晩冷蔵庫に寝かせます。
たっぷりの水に1時間つけて塩抜きしてきれいに洗い、水気を拭き取りローズマリーと一緒に巻き込みました。

IMG_1121.jpg

沸騰湯の中に入れ、再沸騰して7分、火からおろして鍋帽子に1時間ほど入れておきました。

COOP

さあ!できました。
そのまま食べてもよし!焼いてもおいしい!
冷蔵庫に常備しておくと心強いですよ!

IMG_1125.jpg

すてきな絵葉書が届きました。
ワンピース姿は優雅ですねえ~

IMG_0937.jpg

「今年はスカートをはいてみようか・・・」と春や夏の楽しみを思い描きながら日々過ごす冬の真ん中です。
06:35 | | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

暮しの手帖に教わりました

古い靴下をみてください!
左の深緑色の部分は去年毛糸でダーニングの方法で繕って、履いて・洗ってを繰り返してフェルト状になりました。
右側は今回繕いました。
秋の大整理で毛糸を処分してしまい、手持ちの織りの粗い布の糸を抜き取りそれでダーニングしたのです。
この靴下はもう何年も履き、踵だけ穴があくのです。
繕っては履き続けられて品質のいいものは結局お得なのですね。

このやりかたが暮しの手帖に載っていたのです。
リンクしておりますのでどうぞご覧ください。

IMG_1085.jpg

長方形のお茶帽子の記事?私は気にもとめませんでした。
ウールの端切れを縫い合わせ綿を入れて1か所をボタンで止めているだけ。
ポットの大きさにいろいろ対応もできるのですよ。
これも暮しの手帖で見たのです。

IMG_1089.jpg

近頃は10時と3時にお茶をして一休みします。
一気にやってしまうと、あちこちいい加減にしてしまい結局はやり直しになり、それより何よりも疲れがどっと出るのです。
楽しみながら少しずつゆっくり・・・が良い方法とやっと気づきました。

IMG_1095.jpg

編物名人にモチーフを編んでもらいブローチに仕立てました。
軽くてセーターのワンポイントにもってこいですね~
これは手芸の本からです。

IMG_1127.jpg

この三つはすべてBの手仕事です。
若い人は情報をキャッチして実行するのが上手ですね。
その柔らかさを真似したいです。

06:32 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シューマイと白菜とご飯

我が家のシューマイは皮を細く切り挽肉を丸めてまぶしたものです。
まるでミノムシのようですが、簡単であっという間に出来上がるので気に入っています。

IMG_0993.jpg

たっぷりの白菜の上に並べて蒸すだけで出来上がり、そのまま鍋ごと食卓へ並べて熱々を食べるのですよ。
熱くて湯気がもうもうとたっているせいでしょうか?
シューマイはもちろんのこと、白菜もおいしくておいしくて取り合いになるほどです。

IMG_0994.jpg

40年使っている無水鍋で炊いたご飯です。
これがまたおいしくてご飯があれば他は何もいらないという単純家族です。

ごはん

それにしても野菜が高くて困りますね。
そんな中、食べてしまって丸坊主になった豆苗を水に活けていましたら、緑が日毎に成長してきました。
カブの葉も大きくなりました。

IMG_1084.jpg

朝ごとに育った緑に元気をもらいつつ「そろそろ食べ頃かな?」とにんまりしている欲張り女です。ふふふ!

06:34 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヒマラヤ杉の松ぼっくり

この時期は松ぼっくりのシーズンです。
近くのの公園のヒマラヤ杉のものですが、心なしか小さいと思うのです。
秋の天候不順のせいでしょうか?

IMG_1034.jpg

「1度もそれを見たことがない」と言われた人のために拾い集めました。
いつも下を向いて公園をうろついていましたので、挙動不審者に見えていたでしょう。ふふふ!
小さいけど数でごまかしますね!

IMG_1043.jpg

これがヒマラヤ杉です。
あまりにも大きくて見上げても上までは見えません。
松ぼっくりが3つ並んでいますよ。
緑色が二つ、茶色がひとつでまだ固い蕾状です。
秋の頃の写真です。

IMG_0579.jpg

いつも緑豊かで夏には木蔭、秋には木の実・・・の贈り物、木はいいですね~
時々幹に触り上を見上げています。

      木が美しいのは自分の力で立っているからだ
                     (どなたの言葉か記録しておりません)



07:08 | 自然 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

正月いろいろ

明けましておめでとうございます。

我が家は一人一人が自分の年賀状を作ります。
消しゴムはんこの私の賀状を「幼稚園児が遊んでいるようだ」とZは言い「また山、いつも同じだ」と私も言い返します。

IMG_1018.jpg

元旦にすてきな年賀状が届きました。
お節料理の印刷物を封筒にして犬の切手、レース編みの犬、岩崎ちひろさんの絵葉書には嬉しいメーツセージ・・・が入っていました。
若い人のセンスに感嘆しましたよ!

IMG_1078.jpg

この歳になるとお年玉がもらえるのです。
がま口バッグとポジ袋、袋の大きさと中身は比例するのかしら?ふふふ!

IMG_1069.jpg

うちの雑煮には大きなあんこ餅が入っています。
何でもおいしく食べてくれる婿殿が「これだけは勘弁してください」と申し訳なさそうに言うので、初めて?と思い、会う人ごとに訊ねると皆さん「えーあんこ餅が雑煮になるの?」と絶句されるのです。
子供の時から私は食べているので当たり前と思っていたのですが・・・。

IMG_1066.jpg

この春に変化が訪れます。
最近は日常が変わるとおたおたよろよろと対応に時間がかかります。
コツコツゆっくり!こつこつ!ユックリ!と自分に言い聞かせ過ごすのが精いっぱいの有り様です。

心なしか窓越しの日差しが明るいですね~
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

06:43 | いろいろ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑