link    write  admin

すぐ死ぬんだから

エジプトの昔話です。
一見まぬけなおじさんがきらりと光る知恵を発揮して、読み手は痛快気分になります。
すべてのページは天幕に布で絵を描く伝統工芸の布絵で、その雰囲気が斬新なのですね!
絵本ですが、私たちにもぴったりですよ。

ゴハおじさんのゆかいなお話
ハグーハムディ・モハンメッド・ファトゥーフ
ハーニ・エルーサイード・アハマド      絵
デニス・ジョンソン・ディヴィーズ 再話
千葉 茂樹 訳
徳間書店

IMG_0229.jpg


急死した夫に40年前から別の家庭があった。
遺書を読み驚愕する妻と家族・・・
78歳の主人公ハナの物怖じしない生き方にハラハラドキドキで、あっという間に読めました。
テレビではハナを三田佳子さんが演じているとか?
うーん、美人過ぎてイメージと違います、ふふふ!

すぐ死ぬんだから
内館牧子
講談社

IMG_0261.jpg


文豪の珠玉の短編『駅路』を天才が脚本を書き、ドラマにした。
その裏話やエピソードがおもしろいのです!
向田邦子さんは「作家の作品の脚本は書かない」と言われていたが、NHKから『駅路』の話が持ち込まれるとなぜかOKする。
その時彼女は重篤な病を抱えていて、仕上がると「最後の自画像」と自ら題名をつける。
そしてしばらくして飛行機事故で亡くなるのです。

駅路/最後の自画像
松本清張
向田邦子
新潮社

IMG_0206.jpg


トンボや彼岸花やエーデルワイスの消しゴムはんこのはがきです。
益々見事になり、いつも見とれており、一人で見るのはもったいない!
若い人は力がありますねぇ。

諌山


内館牧子氏は高齢者に「品格ある衰退」を勧めておられます。
そして老人の品格は若者に譲ることですって!
うーん、難しそう!


06:12 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

栗ごはん騒動記

栗をもらいました。
ばね指で針仕事や草抜きなどに医師より禁止令が出ている私は、栗の皮むきはしたくない。
たった一人の同居人に聞くと「栗ごはんがいい、私が皮むきする」と言います。
それではと栗を3分茹でてセットしました。

IMG_0263.jpg


「簡単じゃないか」と鬼皮をむいで、次は渋皮です。
「これはダメだ、気が変になりそうだ」と文句タラタラ。
見かねて私は3・4個むいては休んで・・・と半日がかりで、やっとむけました。
「あー死にそうだ!」と後期高齢者じいさんの捨て台詞です。

IMG_0265.jpg


何やかやの騒動の後どうにか栗ごはんができました。

IMG_0271.jpg


そしてかぼちゃ・冬瓜・そーめんうり、これらもみな、頑固爺さんに最初は大きく切ってもらわないといけないのです。

IMG_0187.jpg


手をかばいつつ、それでも作れる野菜料理はいいですね。
野菜大好き!

IMG_0243.jpg


今は曲がりなりにも生活ができますが、加齢と共にあらゆる機能は落ちていくのは当たり前のこと。
千代芳子さんが「年をとるというのは、真っ暗闇を海に向かって歩いて行くこと」と言われています。

ああ!さりながら!さりながら!
06:20 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

これ なあに?

「しんかんせんをあげるね!」と知人が言う。
「新幹線?」と私。
「新甘泉」は新種の梨でした。
甘くておいしい!

IMG_0193.jpg


森山大道氏の写真のパッケージ、これは何?
黒と白のカレーですって!
何となくおっかなくて手がでませんよ~

IMG_0161.jpg


おしゃれなコーヒー屋さんが出しているこれは???
何と羊羹ですよ。
甘くて甘くてコーヒーをがぶがぶ飲みました。

IMG_0160.jpg


「近ごろは干し椎茸もおしゃれなデザインね」と思っていたら、「間違えないように、お菓子だよ」とAから電話がありました。

IMG_0245.jpg


9月になってもぽっちりぽっつりとゴーヤの花が咲いてくれます。
花は花、そのまま花、名残りの花、可愛くていとおしいです・・・

IMG_0463.jpg


世の中はあれもこれも、中期高齢者の私には理解不能のことばかり。

春が過ぎ、夏も行き、いつのまにか秋。

        秋のひかり

     ひかりがこぼれてくる
     秋のひかりは地におちてひろがる
     このひかりのなかで遊ぼう

                     八木重吉


06:05 | | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

9月の絵本勉強会

今月の絵本勉強会の当番は若い方でした。
盛り沢山の発表でしたよ。

まず最初の紹介は、1918年から2年間猛威をふるったスペイン風邪の当時、ユーカリの葉のマスク姿を描いた絵本のページです。

IMG_0194.jpg


『ドリトル先生アフリカへ行く』は1920年発表だとか。
大正時代の作品だと改めて知り、驚きました。

IMG_0195.jpg


人気のパンダたいそうシリーズです。
作者のいりやまさとし氏が「かわいいパンダは絵にするのは難しい、恐い動物をかわいく描くのはやさしい」と言われているとか。
フムフム、なるほど!おもしろいですね。

IMG_0197.jpg


中川素子著『スポーツするえほん』です。
スポーツの楽しさや魅力を描いた絵本60冊紹介しています。
今の時代お薦めでしょうね~

IMG_0202.jpg


その中の絵本です。
すべてコメントが添付してありました。

IMG_0199.jpg


おおきな袋に何十冊もの絵本を入れて回覧して下さり、盛り沢山の発表に感心しました。

IMG_0204.jpg


私は絵本の読み聞かせをしばらく休みたいとお願いしました。
情報過多で迷うばかりの日々でしたが「子供は感染しても無症状が多く、逆に強いウィルスを吐き出す」と聞き、決心しました。
コロナに対して70代の高齢者はあまりにも弱い存在ですから・・・

楽しみ時間がまたひとつお預けになりました。

06:59 | 絵本 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

リモート初体験!

マイク付きカメラをモニターに取り付けて、

IMG_0178.jpg


そしてズームをダウンロードするだけ。
これでいつでも誰とでも繋がるのです。

IMG_0210.jpg


Bから「テストです」と招待メールが届きクリックすると・・・
大きなシロクマの所に相手の顔のビデオ映像、その上の小さいクロクマの所に私の顔ビデオが出て、話がリアルタイムでできるのです。

IMG_0216.jpg


写真や資料を一緒に見られます。
あー!これで会議や授業そしてお茶会・・・もろもろができるのですね。

面白いけど慣れないことでくらくらとのぼせてきました。

ri.jpg



手書きのイラスト入りはがきは素敵!

IMG_5636.jpg


最近のうれしい愉しい手紙です。
膝を交えての濃厚な心の触れ合いが敬遠される淋しい今、リモートと手紙は強力な助っ人になりそうですよ。

IMG_0128.jpg


このズームはカメラ(内蔵式PCはいらない)をセットして、ダウンロードすれば、すぐにリモートができる優れものです。
一定の時間は無料で、それでもかなりの収益をあげているとか。
この優れたアプリは中国の企業の提供ですって!

リモートしませんか?
何事もなく台風が行き過ぎますように・・・



06:04 | いろいろ | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

空は秋

銀座三越前のライオンです。
マスク姿でライオン君も暑そうです。

IMG_0143.jpg


私の住む町でマスクは店頭に並んでいますが、液体アルコールは未だにありません。
そこでネットでまとめ買いしたものをわけてもらいました。
新潟や長野の酒造メーカーが作ったものでした。

IMG_5655.jpg


ボンヌママンのジャムが好きです。
中身はもちろんビンがおしゃれで、口が広いので常備菜を入れるのにぴったり!
近くのスーパーで気軽に買えていたのが、そこは閉店し、探し回らないと買えなくなりました。

IMG_5653.jpg


昨日一瞬ですが、窓から秋の雲が見えました。
そしてすぐにまた真っ青な夏空に戻りました。

IMG_0050.jpg


買物ひとつとっても変わってきましたね。
100年いえいえ200年に一度の危機と著名人の指摘のあるコロナの今ですが、田舎の高齢婆さんにはピンときません。
渦中にあるとき変化は見えないのでしょうか?

      夏と秋の行きかふ空のかよひぢは
                かたへすずしき風やふくらむ    

                   凡河内躬恒
   

06:25 | いろいろ | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑