link    write  admin

足踏みミシンとひとり遊び

1927年製のミシンですから88才です。
腕の立つミシン職人に出会い分解掃除をしてもらいきれいに縫えるようになりました。
「良いものだから毎日動かすのだよ!」ときびしく言われましたよ。

IMG_1447.jpg


物の価値がわからず何でも処分しては家族に怒られてきました。
ところが布端だけはそれができなくて切れっ端が箱いっぱいあるのです。
そこでミシンで毎日つないでいます。
その日の気分で色あわせをしますが、けっこうおもしろいのです。
大雑把の性格そのままで、大きさいろいろのコースターがいつのまにかできていますよ!

IMG_1662.jpg

ランチョンマットと右はBにもらった着物地で長いストールを縫いました。
しつけもせず真っ直ぐ縫うことしかできませんが、絹は肌触りがよく暖かいですね~

IMG_1213 rennketu


Bはがま口バッグを縫っています。
今流行っているそうですね。
私はバスの車掌さんのかばんを連想してしまいますよ。ふふふ。

IMG_1455.jpg


裏布にこだわっているのを見てやってください。

「作ってあげようか?」と声をかけられましたが、口金が堅く開けにくいので断りました。
情けないですね~

IMG_1457.jpg


まいにち隙間の短い時間にごそごそ手を動かしているといつの間にか出来上がる手仕事は、絶好の気分転換になりますよ。
無心の時間と達成感も贈られます。
07:02 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
美味しい!グラノーラ! | top | 石井桃子さんと林真理子さんと・・・・・

Comments

#
あーやっぱりcoco21さん、針持たれるんだー(´▽`)/ さすがです。

徳島の藍染なんですねー、やっぱりです、違いますもの。むか~し、質の良い婦人雑誌だったと思いますが、時の人間国宝、徳島のおばあちゃんでいらっしゃいましたが、藍染の作家さん、私、それ以来藍染大好きになったんです。

また、今もご健在だと思いますが、京都の草木染の作家さん、この方の番組も先日久しぶりにBSで見ましたが、とってもい色を出されます。

私、名前を覚えるのが苦手で、でもお顔(形)は一回で覚えるんです。文字より形や色の方を認識しやすいタイプのようです(笑)

私もね、これでもかつては器用と言われた方で、手芸は大好きで、黙々と作業に没頭するのが至福のひと時だー!!というタイプでした。が、今は、肩がこる、針に糸が・・・、目が・・・手がこわばる・・(笑)

楽しみは来世に持ち越すことにしました(笑)

素晴らしいレトロミシンで、母娘でお作り続けられる作品を、これからも楽しみに拝見させて下さいませ(´▽`)/

私は、いつも勝手におそばで、coco21さんの楽しみのおすそ分けをちゃっかり頂いているつもりになっていますのでe-343e-266e-415 意地悪ばあさん、結構結構(´▽`)v 私は、ムーミンのミー、いじわるミーですi-235

あ、そうそう、私も学生時代、スキーの合宿で大雪山でテント張って合宿していました。国立公園の中で、そんなことしてはいけないとの事で、やがて下のキャンプ場にテントは移りましたけど(笑)

私も、懐かしく思い出しました。おかげさまです~
by: つるりんどう | 2015/02/06 14:46 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
安定感のある素敵なミシンですね。
昔のものは、軽々しくなくて多分使い勝手がいいと
想像できます。
大切になさってくださいね。
娘さんにも繋げられますね。

このガマ口を作ったことがあります。
作った時が初めてで、裏など付けるととても難しかったです。

ちまちまと端切れを紡いでいく夜長も中々良いものですね。
昔のような時間が流れていきます・・・・

by: はなこ | 2015/02/06 20:47 | URL [編集] | page top↑
#
つるりんどう様

そうなんですよ!
ある時から目、肩、腕、手・・・・と波のように不調が出てきました。
そして本と針仕事を天秤にかけて針仕事を止めました。

しかししばらくして何ともイライラしてきたのですよ。
そして満足感、達成感・・・はそのどちらかひとつだけでは補いきれない、性質の違うものだと気づきました。
それで出した結論はかたつむりの手仕事です。
ゆっくり小さく!

つるりんどうさんに指摘され改めて過去を見直し活字で再確認。
思いもしない思考パターンが出来上がりつつありますよ!

これからもよろしくおねがいしま~す!
by: coco21 | 2015/02/07 14:28 | URL [編集] | page top↑
#
はなこ様

やはりはなこさんも作られていたのですね。
口金はボンドより縫う方が良いと言っておりましたよ。
そして作れば作るほど楽にできるようになったとか。
今帯地でやっております。
また見てやってくださいね!

映画「8月の鯨」でおばあさんが小袋をミシンで縫い教会バザーに献品するという場面がありました。
私の夢は一間きりの平屋でそのような手仕事をし、本を読んで暮らしたいのですが・・・

もし叶いましたら知恵袋様になってくださいね。ふふふ。
by: coco21 | 2015/02/07 14:39 | URL [編集] | page top↑
#
懐かしさいっぱいでミシンを見ています(笑)

裏も素敵で、きっと悩まれたり楽しまれたり時間をかけて作られたことでしょう・・・
これからも楽しみにしています。

リンク、ありがとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
by: krinrinka | 2015/02/08 20:26 | URL [編集] | page top↑
#
krinrinka 様
そうなんですよ。若い人のこだわりについていけません。
良いものを作るには段取り7分なんですね。
krinrinka さんは腕の立つ作り手さんですからよくおわかりいただけますね~
雑な私はぱっぱっと手を出し、やっぱりやり直しの多いことです。
今から勉強しま~すね?
by: coco21 | 2015/02/09 14:25 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/108-aa216fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)