link    write  admin

帰ってきた暮しの手帖

見てください!
昭和の暮しの手帖ですよ。
私がその雑誌を処分して、家族から非難の声があがった・・・とブログに書きました。
知人がそれを見て届けてくださったのです。

Zは「表紙の絵がすばらしいのだ」と感激し、Bは「きゃー!あった!これもこれも!」と叫び、写真に撮り、Aに送っていました。

IMG_2709.jpg

藤城清治氏の表紙です。
我が家の一番人気の表紙絵ですよ。

IMG_2713.jpg


最近の暮しの手帖ですよ。
平成風というのでしょうか?
感覚が全然違いますね~

IMG_2714.jpg


AとBはどうやら小学校の1.2年生の頃読んでいたようです。
家族のどの年代からも熱烈な支持を得ていた雑誌が作られていた昭和、そして名編集長花森安治氏が懐かしいです。
厳しさの中に、穏やかでていねいに物作りをし、しかも人を育てていた昭和の時代が懐かしく、しんみりしている私です。

そうそう!狭い我が家です。
BさんZさん、この本をどこに置くのですか?

06:57 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
初めての餃子の皮作り | top | せっけん大好き!

Comments

# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2015/07/07 00:56 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
(*_*) 様

 そちらも雨ですか?

 病はひとつだけでもしんどいです。
 それが加齢と共にあそこもここも・・・という状態になるんです。
 ご本人の落ち込みは本人しかわからず、さぞさぞお辛いでしょうね?

 私の父などあれほど強い人が晩年は考えるのを放棄した状態でした。
 今考えると辛くてつらくて、それどころではなかったのでしょうね。

 年をとることは「真っ暗の中を断崖の海に向かって歩いていくこと」と千代芳子氏が言われていました。
 そうだなぁと私も思い始めました。

 どうぞくれぐれもご無理をされませんように!
 何とかなるさ!と開き直ってくださいね!
by: coco21 | 2015/07/07 08:07 | URL [編集] | page top↑
# とと姉ちゃん
はじめまして、たまたま通りすがったものです。
暮しの手帖には藤城清治さんの影絵が連載されていたので、年配の方には印象深い雑誌なのだと思います。
そんな暮しの手帖の創業者を主人公にしたドラマが、来年NHKで放送されます。

平成28年度前期 連続テレビ小説
とと姉ちゃん
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/221702.html

興味ありましたら、ご覧くださいませ。
by: けろちゃん | 2015/07/16 11:39 | URL [編集] | page top↑
# Re: とと姉ちゃん
けろちゃん様

 ようこそ!ようこそ!
 いらして頂きとてもうれしいです。

 暮しの手帖は私がミセスになり母になり・・・その間いつも一緒でした。
 藤城氏の表紙絵が特に好きでした。
 子供たちは影絵と家庭学校のファンでしたが。
 記事ひとつひとつに思い出がつまっているのですよ。
 今、家族の共通の話題のひとつの本なのです。

 大橋さんってどんな人なのでしょうか?
 楽しみですね。
 またいろいろ教えてくださいね。
 ありがとうございます。
by: coco21 | 2015/07/16 14:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/181-61a6ae19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)