link    write  admin

映画「あん」


本の虫のひろさんが「今まで原作を越えた映画を観たことがなかったが、この「あん」」は初めて原作を越えた映画よ!」と言われました。
私はその本を読んではいませんが、それを聞いただけで観たくなりました。

冒頭から一面満開の桜です。
どこまでもどこまでも・・・
そして季節の移ろいで葉桜に代わり、人間模様も変化していくのです。
「あん」はドラ焼きのあんこのことなのです。
老女が作るあんがとびきりおいしく、店は大繁盛するが・・・

樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子が大人の日本人を演じています。
昭和の時代にはこういう大人が回りに多数存在していましたね。
内田の演じる大人びた中学生も多くいましたねぇ。
かたや浅田美代子が自分勝手な平成的な女を好演していますよ。

IMG_2782.jpg


ままならぬ人生に並行して、緑豊かな木々の映像がスクリーンいっぱいに広がり続きます。
大人の男の泣き方、老人の去り際のさりげなさ、弱い人に手を差し伸べる自然さ、昭和まで当たり前だった事が平成になり、無くなっていることが切ないですね。

よるくま
酒井 駒子
偕成社

IMG_2790.jpg


「よるくま」の絵本を内田が男の子に読むシーンがありました。
つながりがよくわかりません。

中学生を演じる内田は樹木希林の実の孫ですよ。
パパによく似ていました。
パパはそうあの人ですよ。うふふ。
07:47 | 映画 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
みりんと醤油で出来ました! | top | ♪ いいもの見つけた!

Comments

# 話題作がご近所で観られるなんて!
coco21さまへ

どちらも気になる話題作ですねー
お散歩の延長でお邪魔できる環境が羨ましいですぅ~(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

特に『あん』のキャストが贅沢すぎます

coco21さまの、「昭和まで当たり前だった事が平成になり、無くなっていることが切ないですね。」が重みがあります
by: ぴんくモッチー | 2015/07/23 11:12 | URL [編集] | page top↑
#
そうなんですか?
私は原作で読んでみて きっと映画を観たら
思い描く印象が壊れちゃいそうな気がして
映画は無い!って思っていたのですが
coco21さんが足を運ぶ気になったなら
桜がどら焼きに落ちるシーンとか
小豆が煮える音など やはり生で感じたくなりました。
昭和生まれの私たちは 昭和の感覚が心地良いのですが
平成生まれさんも 平成も優しさがあふれて 心地よく思う世の中になって欲しいものです。
by: nanami☆ | 2015/07/23 21:23 | URL [編集] | page top↑
# Re: 話題作がご近所で観られるなんて!
ぴんくモッチー様
 おはようございます。

 その近所が良し悪しなんですよ。
 家事が済み、その気分のまんま映画館へ行き、終わると魚や野菜を買って、家に直行です。
 おしゃれをしてカフェでお茶をして、余韻に浸って・・・がないのです。
 もったいないでしょう?
 それでせめてブログに書いて、感動を確認しているのですよ。

 でも歩いていける映画館は大切にしなくてはとしみじみ思います。
by: coco21 | 2015/07/24 08:02 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
nanami☆ 様

 おはようございます。
 そうなんですよ。
 同感!どうかんで~す。
 今回は原作も読んでいないので「渡りに船」の気分でした。
 大好きな木がまるでキーワードのように映し出され、その中で人々は言葉少なく、じっくり向き合うのです。
 最近の偉い方々がやたら修飾語を付けて会見されるのが虚しく聞こえますね。

 nanami☆ さんは昭和のお生まれですか?
 感覚がとても新しいですねぇ。
 いつもまぶしいですよ。
 そんな方にコメントを頂けてとてもうれしいです。
 新鮮な刺激をわけてくださいね。
 いつもありがとうございます。
by: coco21 | 2015/07/24 08:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/189-60fcae9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)