link    write  admin

秋の吾妻山

吾妻山は広島県と島根県の境にある1239メートルの山です。

ミルさんから写真が届きました。
秋真っ盛りの風景を本格カメラで撮った写真をごらんください。

013.jpg


151.jpg


043.jpg


016.jpg


138.jpg


自然はお絵描きの天才ですね!

06:02 | ミルさんの写真館 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑
平和の絵本会 | top | ほっとくだしでだし長者

Comments

# 秋の吾妻山
秋! 良いですねえ~
この季節が大好きな私です。春は春でそれも好きですが、この歳になると紅葉の美しさの中に秘めた命の儚さって云うのか… どことなくもの悲しさが堪らないですよ。
秋は何と言っても自然の中に居たくなりますね。
by: tomoko | 2015/11/03 13:00 | URL [編集] | page top↑
# まあ、すてき
ほんとに、自然はお絵かきの天才ですね。

その言葉も、ステキ。

ああ、秋を満喫したいな
by: 森須もりん | 2015/11/03 14:15 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは


自然はお絵描きの天才・・・

この言葉も想いつくcoco21さんも天才です。


by: プチ・クレソン | 2015/11/03 16:30 | URL [編集] | page top↑
# 秋の吾妻山
こんばんは、coco21さん
秋のお裾分け、ありがとうございます
ミルさんにも美しい写真をありがとうございます
とお伝えください
まるで、自分が見ているかのような気分になります
空の青さに吸い込まれそうです
by: ヨッシィー | 2015/11/03 18:50 | URL [編集] | page top↑
# Re: 秋の吾妻山
tomoko様

 しみじみとtomokoさんのお便りを読みました。
 同じ年代でしょうか?
 tomokoさんのお気持ちとてもよくわかります。
 
 散ってしまう直前の最後の美しさ・・・
 どうしても自分の人生、生き様と重ねて考えてしまいます。

 近頃はお月様、空、雲、海、山・・・
 自然のものを呆けたように見つめ続ける時間が増えてきました。

 芽吹きの春にはない、深い想いが澄み切った秋の空気に感じられますよね。

 これも加齢の贈り物でしょうね。


 いつも温かい想いをわけてくださりありがとうございます。

 お陰様できょうは良い夢をみられそうですよ。
by: coco21 | 2015/11/03 19:53 | URL [編集] | page top↑
# Re: まあ、すてき
森須もりん様

 秋を満喫する一番手は自然かもしれませんよ!

 なにしろ経済的です。
 山はおみやげがもらえますよ。
 そして心は晴れ晴れ!

 先日、山登りがしたい!と言う、初対面の人ばかりのメンバーで小さい山に行きました。
 
 自然のお絵かきの中で「友達の友達は友達だ!」になり良い時間を過ごせましたよ。

 自然には大きな力がありますねぇ。

 もりんさんの秋も教えてくださいね。
 
 楽しみで~す!

 
by: coco21 | 2015/11/03 20:07 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
プチ・クレソン様

 おはようございます。

 うふふ!プチ・クレソンさんはユーモアの天才ですよ。
 「豚もおだてりゃ木に登る」とか、さてはて私はどうしましょう?
 M春樹氏のように井戸は怖くてはいれません。
 タンスの隅にでも隠れていますよ!

 そうそうまたまた言葉を思い出しました。
 「バカと天才は紙一重」
 昔の人は偉いですねぇ。

 今朝は言葉遊びができました。
 鈍い頭が少し回りましたよ。
 
 いつもプチ・クレソンさんのお陰でうれしく元気になれます。
 ありがとうございます。

 どうぞ今日も爽やかにお過ごしくださいね。



by: coco21 | 2015/11/04 07:31 | URL [編集] | page top↑
# Re: 秋の吾妻山
ヨッシィー様

 おはようございます。

 空がこんなに青いとは・・・
 ヨッシィー さんもそう思われますか?

 そうなんですよ。
 吸い込まれる感覚に私もいつもなるのです。
 殿方もそうお感じになるのですね!

 ヨッシィーさんの感想をミルさんが喜ばれると思いますよ。
 多分ヨッシィーさんとミルさんは同じ年代ではないでしょうか?
 ヨッシィーさんと同じように人生を楽しまれていますよ。

 さぁ今日も良い天気ですね。
 どちらにおでかけでしょうか?

 きのう椿の木の下に弾けた実が落ちていましたよ。
 箸置きにお薦めです!

 どうぞ良い一日を!

 いつも温かい気持ちをいただきありがとうございます。
by: coco21 | 2015/11/04 07:43 | URL [編集] | page top↑
#
紅葉の季節ですね~
こちらの方はだんだん葉っぱが散り始めています。
今年はどこに紅葉を見に行こうかなぁ

湖の写真、幻想的ですね~
なんだか妖精とか出てきそう・・・
そういうお話の絵本、ありませんか?

子供の頃は妖精って本当にいるんじゃない?と思って探したことがあります・・・・

可愛かったあの頃よ、いづこへ~
by: ラーダ | 2015/11/05 09:37 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ラーダ様

 おはようございます。
 昨日美術館のついでに足をのばし、瀬戸内の小島を車で走りました。
 真っ赤なハゼの葉と黄色いえいえ黄金のみかんが、鏡のような海にそれはそれはきれいでしたよ。
 この季節自然が最後の色使いをたのしませてくれますよね。

 そしてモノトーンの冬も近づいています。
 このように自然の話題を静かにラーダさんとお話できるのも、ありがたい贈り物です。
 うれしい!嬉しい!

 湖、妖精・・・北の国を思います。
 ベスコフやフィンランド、そしてクリスマスどんどん広がりますね!

 そうそう今度勉強会で「私のクリスマス絵本この一冊」をするのですよ。
 可愛かったあの頃のラーダ さんの一冊を今度教えてくださいね。

 今日は暖かそうですよ。
 良い一日を!



by: coco21 | 2015/11/06 08:42 | URL [編集] | page top↑
#
話は覚えているけど、タイトルを覚えてない本が多いですね~

でも、好きだったのは寺村輝夫さんの本と「かこさとし」さんの本です。

寺村輝夫さんの「こまったさんシリーズ」は色合いがキレイでお話もぶっとんでいて子供の想像力をかきたてます。
どれも料理がテーマになっているので、子供の興味を持ちやすいかも・・・。

でも、ちょっとページ数が多いかな~


あと、スイミーだっけな?
黒い魚で他の差かなと色が違うので仲間外れにされるけど、実は黒い色が役にたって「体の色は違うけど、それも良かったね!」みたいな・・・。

大きなかぶら・・・とか?

ニルスの不思議な旅・・・とか?

テレビでは日本昔ばなしも毎週見ていました


妖精が出て来た本・・・。
小学生の時に妖精事典みたいな本は読んだことがあります。いろんな精霊を紹介している本ですね
by: ラーダ | 2015/11/06 17:34 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ラーダ様

 おはようございます。

 今とっても驚いていますよ。
 だって寺村輝夫さんの本とかこさとしさんの本、スイミー・・・
 うちの娘と全く同じですよ。
 
 やはり純真な子供の心を捕らえる力のある本なのですね。

 日本昔ばなしも見ていました。
 懐かしいですねぇ。

 遠く離れて同じものを見て大きくなったのですね。
 おもしろいですね~

 今度娘達とラーダ さんの話をしますね。
 盛り上がると思いますよ!

 楽しみ!たのしみ!




>
by: coco21 | 2015/11/07 08:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/224-96a7009d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)