link    write  admin

小さな秋祭り

町の中心にある人祭りと言われる大きな神社にZは行きません。
山の麓の小さな神社がお気に入りです。

そこの小さい祭列が近所にやってきましたよ。

事業所の前でお礼参りをしていました。
お日様の光に鬼の黄色の衣装がきれいですね!

IMG_2758.jpg


心付けを耳に挿んでもらっている鬼です。
腰を屈めてなんとも可愛い姿です。

IMG_2757.jpg


お宮に帰る祭列です。
回りがビルではなく田園風景や甍の街並みだったら絵になるのにと昭和生まれの私は思いますが。

IMG_2762.jpg


昔、祭りはハレの日でした。
ご馳走が食べられ、晴れ着を着て、お小使いがもらえ、楽しみの日でした。

今は毎日がハレの日です。
メリハリがなくなりましたね。

何でも当たり前・・・になり、我慢をせず、豊かだけれど満足感が今ひとつ・・・とむずかしい時代ですね・・・


06:11 | いろいろ | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
やっぱり太宰治 | top | わー!ステーキだ!

Comments

# 小さな秋祭り
こんにちは、coco21さん
近所の神社は、秋祭りですか
coco21さんは、お祭りと楽しみがつながっているのですね
ヨッシィーはなかったですね
お祭りの日が休みとかになれば、記憶に残るのでしょうが



by: ヨッシィー | 2015/11/15 12:49 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは
日本の大切な習慣ですね。

続いて欲しいですね。

そういえば祭りは、ハレの日でしたねえ。
by: 森須もりん | 2015/11/15 17:18 | URL [編集] | page top↑
# 秋祭り
秋祭りの思い出がしっかりあるcoco21さんはお幸せな方ですね。 私はうすぼんやりと断片的な記憶はあるのですが、両親が休みの無い仕事でしたから、両親と楽しんだことは無かったと思います。 
お祭りの行事が今もしっかり受け継がれている地域は絆が保たれているのでしょうね。
大事にしてほしいと願います。
笛や太鼓の響きは日本人のDNAに刷り込まれていますね!
by: tomoko | 2015/11/15 17:25 | URL [編集] | page top↑
# Re: 小さな秋祭り
ヨッシィー様

 はい、町の中心の大きな神社の祭りが終わり、その後あちこちの小さい神社が一斉に小さい祭りをするのですよ。
 何となくほほえましいでしょう?

 もちろん小さい方が風情がありますよ。

 以前は小さい神社の梯子をして「ああだ!こうだ!」と評論家気取りをやっていました。
 そして巻き寿司を食べるのですよ。
 おもしろいでしょう?

 ヨッシィーさんは多忙なお仕事をされていたのですね。
 だいたい〇〇 のお仕事かな?と想像をしていますよ。
 私けっこう勘があたるのですよ。うふふ。

 そのご褒美に今、日々を祭りのように楽しんでおられますね。
 見習います!

 いつも元気をありがとうございます。
by: coco21 | 2015/11/15 18:04 | URL [編集] | page top↑
#
ここも古くからある街で、夏と秋に祭りがあります。子供たちが御神輿を担いで、大人も子供もはっぴを着て盛り上がるんですよ~

独身時代に住んでいた街は新しくできた街で、どこも整備されてピカピカだったけど、そういう伝統がなかったのはちょっと寂しかったです。

鬼さんの衣装、カワイイですね~
by: ラーダ | 2015/11/16 00:11 | URL [編集] | page top↑
# Re: こんにちは
森須もりん様

 祭りといえば北島三郎の「まつり」という演歌を思い出します。

 彼がテレビで歌っていると「暑苦しい唄だ」と当時は敬遠していました。
 ところが今祭りを一言で言えばあの唄だ・・・と思うのですよ。

 人間って気持ちも考えも変わるのだと、我ながら驚いています。

 〇〇祭が盛んな昨今ですが、やはり昭和時代の祭りが好きですよ。うふふ。

 どうぞきょうも爽やかにお過ごしくださいね。
by: coco21 | 2015/11/16 08:30 | URL [編集] | page top↑
# Re: 秋祭り
tomoko様

 おはようございます。
 
 そういえば子供時代に家族で外出するのは、一年に一度か二度くらいでしたよね。
 食べるために親は一年中働いていました。
 それこそ祭りと正月に休むだけでした。

 今は家族でいつも楽しんでいるのが当たり前、何と豊かになったのでしょう!

 私の住んでいる町は古い保守的な地域なのですよ。
 
 むかしPTAの集まりで転勤族の方達が呆れ果てていました。
 古いものも良い面悪しき面、両方がありますね。
 
 笛や太鼓を聞くと郷愁を覚えしんみりします。

 今の若者はどうでしょうか?
 是非聞いてみたいで~す。
 
 tomokoさん、今日の予定はおありですか?

 毎日日曜の私、珍しくとってもうれしいことがあります。うふふ。

 どうぞ良い一日を!
 
 
by: coco21 | 2015/11/16 08:47 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ラーダ様

 おはようございます。
 
  ラーダさんのお住まいの町の祭りは面白そうですね。
 古い町の伝統はお金では買えませんものね。うふふ。

 そうなんです。
 鬼がいいでしょう?
 もし私が男だったら、鬼の役をしたいです。

 そう話していると、実は鬼は大変なのですって。
 目です。
 お面の小さい穴から外を見るのは慣れないととても難しいそうです。
 あの棍棒は杖の役目もあるのかしら?とひとり思っています。

 11月も半ばになりましたね。
 大好きな秋もあと僅か・・・

 どうぞ良い秋をお過ごしくださいね!
by: coco21 | 2015/11/17 07:17 | URL [編集] | page top↑
# お祭り
お祭り、私も先日見ました、、呉の祭りでしたが、鬼が、沢山歩いていて、とっても興奮しました🎵 私も、小さい時は、祭りがあると、鬼のあとを一緒に歩いたり、楽しかったです。懐かしいですぬ。呉の祭り以外でも、やぶが歩いてるとこが、あるんですね。
by: みき | 2015/11/18 21:01 | URL [編集] | page top↑
# Re: お祭り
みき様

 まあ、うれしい!
 みきさんも鬼好きですか。
 私もですよ~

 もし祭りに参加できて、男だったら是非鬼の役を志願します。
 残念ですが望みはないですよね。

 昨年祭りの日が雨だったのですよ。
 そうしたら買い物に行ったお店の中は鬼がいっぱい、そして外の庇の下にずらりと鬼が並んでいたのです。
 レジの人と「すごいねぇ」と話したのですよ。

 何とそんな時に限ってカメラを持っていないのです。
 絶好のアングルなのに。

 みきさん、狭い店の中を棍棒を持った、たくさんの鬼がうろうろしている光景を想像してくださいね。うふふ。
by: coco21 | 2015/11/19 15:46 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/228-7272e215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)