link    write  admin

凧・たこ、あ~がれ!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

奴凧です。
正月の間だけ飾ります。
10年以上前赤と青とふたつ見せてもらい、どっちにしようか散々迷いました。
凧作りと花仕事が趣味だった温厚な紳士の手作りです。

凧 coco


福凧です。
これは年から年中ぶら下げていますが、紙も絵柄もちっとも傷まずあせません。
これもさきほどの紳士の作品です。
ていねいに仕上げてあるのでしょうね。
福を呼び込んでくれているのでしょうか?

毎年「今年はどんな凧を作られたのかな?」と楽しみでした。

正月前奴凧を取り出し飾る度に、「良い人は早く逝かれるねぇ。惜しい人だった」としみじみ話しております。

IMG_1150.jpg


二十年以上前に銀行でもらいました。
その頃古くて暗い粗末な建物でしたが、馴染みの行員さんが和やかに事務処理をしてくださり、待ち時間はちっとも苦になりませんでした。
その銀行も合併でなくなり、大きくなっていますね。
そして今私は銀行で専ら機械操作をし、用を済ませるのです。
そこに行列でもあるとうんざりし、つくづく堪え性がなくなったと、我ながら呆れはてるのですよ。

IMG_3705.jpg


子供の頃田んぼで高く高く上がった凧を頭を反らして見続けていた記憶があります。
その糸が強い力で空に引っ張られていたのも覚えています。

一枚の薄い紙の凧が強い風を真正面に受けて、それだからこそ落ちずに上がり続けていられる・・・
この凧上げのきびしい仕組みがわかったのは、大人になってからでした。

青空に高く上がる凧・・・ロマンがありますね~

09:00 | いろいろ | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
変化の兆しが・・・ | top | あなたとの出会いは生きていくご褒美

Comments

#
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いします

凧、強い風がないと高く上がりませんね
上がってしまうと安定した感じになりますね

我々は今はどこでしょう 安定しているのか
少し下がって来たのでしょうか
かなり落ちて来ているかも
まさか、糸が切れてフラフラしていたり(笑)

凧のように見えると良いのですが
でも、見えないから生きて行けるかな
by: ヨッシィー | 2016/01/02 09:27 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 穏やかな天気が続きますね。
 散歩道の桜が2本ほど咲いていました。
 植物も気温変化に困っているでしょうね。

 凧が哲学的な話になり、正月呆けの頭がついていけませんよ。
 どうしましょう?

 時折凧の糸が切れたような精神状態に陥っております。

 どうぞ助言・叱責をよろしくお願いしますね。うふふ。

 今日も美味しいお酒をお楽しみくださいませ。
by: coco21 | 2016/01/03 09:31 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます
あけましておめでとうございます。
穏やかなお正月となりましたね。
昨年はうっすら雪が積もっていた事を思いだしています。

和凧はいいですね~
しかも手作りなのですね。
色あせず、そして想い出もこちらの凧とともに
生きているって素敵だなぁと思います。
いつのころからか、カイトと呼ばれる洋凧が出てきましたね。
簡単に空に舞うのも小さい子どもにとっては、良かったんですけどね。

こちらの奴凧はやさしい感じがします。
きっと作られた方のお人柄が出ているのでしょうね。

coco21さんにとって 良い一年でありますように^^
今年もよろしくお願いします。
by: 花梨 | 2016/01/03 09:32 | URL [編集] | page top↑
# 凧
おめでとうございます
今年も宜しくお願いします🎵
凧いいですね。昔ながら凧って、風流がありますね。私も、昔は、仕事場で、見てましたが、このごろは、みてません。凧上げも、私の家の前で、よくしてるのを見てましたが、今年は、まだです。
やはり年々、しなくなるんでしょうね。寂しいですね。でも、色々な凧が見れて、良かったです🎵ありがとうございました。
by: みき | 2016/01/03 16:01 | URL [編集] | page top↑
# Re: おはようございます
花梨様

 良いお天気の穏やかなお正月でした。

 去年は雪でした?
 覚えていないのですよ。
 ただ、客人が震えあがってストーブの傍にいました。
 寒かったのでしょうね (>_<)

 洋凧はカイトと呼ばれていたのですか?
 形と上がり方が和凧と異質で、あの頃はアメリカのもの・・・というだけですばらしいと感心したものでした。

 ところが今は日本古来のものが何でもお気に入りになりました。
 変わるものだなぁとつくづく呆れ果てております。うふふ。

 人形でも作り手の顔に似るといいますよね。
 手で作るものは作り手の思いが伝わるのでしょうね。
 料理も同じでしょう。
 私も花梨さんを見習い、もう少し丁寧にしなくては!と年の初めに考えておりますよ。

 どうぞ刺激を与えてくださいね。
 
 今年も温かいお話の時間がたくさんできますように!

 ありがとうございました。
by: coco21 | 2016/01/04 09:08 | URL [編集] | page top↑
# Re: 凧
みき様

 明けましておめでとうございます。
 今年も仲良くしてくださいね。

 そうでした!
 いぜんはお店や会社に飾ってありましたよね。
 近頃公園で凧上げも見なくなりましたよ。

 小さい子は凧上げするのかしら?
 おもちゃ屋さんに和凧を売っているのかしら?
 そうそう独楽もありましたよ・・・・
 知らないことだらけですね。うふふ。

 いろいろな方に凧を褒めてもらい、作り手の紳士もきっと喜んでおられると思いますよ。
 よかった!

 今年も爽やかな元気をわけてくださいね。
 お手紙待っていま~す。

by: coco21 | 2016/01/04 09:18 | URL [編集] | page top↑
#
新年 あけましておめでとうございます。
昨年は こちらにお邪魔させていただく度に
穏やかなでセンスの良いお暮しの記事を拝見できて
とても癒されました。
今日もなんと色艶やかな凧!と拝見しました。
凧を見るのは ほんと久しぶりです。
寒さの中で 兄弟であげた思い出が思い出されました。
前は手作りでしたよね~新聞紙で足を作ったり
孫くんたちにも 凧を上がる原理とかも伝えながら凧あげをしたくなりました。
でも そんな場所も無いんでしょうね~
昭和の遊びが やっぱり馴染む昭和女かな・・笑

本年も健康で 素敵な記事を綴って頂けると
私も元気になれます。
よろしくお願いしますです。
by: nanami☆ | 2016/01/04 18:39 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
nanami☆様

 明けましておめでとうございます。
 こちらこそいつもいつも爽やかさと元気を頂いて大喜びしていますよ。

 nanami☆さん、新聞紙で凧の足を作られていたのですか?
 それを聞いて思い出しました。
 弟が作っていましたよ。
 すっかり白い障子紙と思い込んでいました。
 いろいろ話をしていると縺れた糸がほどけるように記憶が鮮明になってきます。
 これがブログの面白さなのでしょうねぇ。

 nanami☆さんが昭和女と言われると私はどうしましょう?
 激動の昭和は長いですからね。うふふ。

 どうぞ孫ちゃんにひとつでも多くあらゆる文化を伝えてあげてください。
 先に生きる者は生きる知恵をこれからの人に伝えるべきと思い始めております。

 それはエネルギーもいりますし、場面によっては嫌われますし、しんどいことですが・・・

 今心に残る思い出の人は私に苦言を言ってくれた人たちです。

 新年早々小難しいことをごめんなさい。

 nanami☆さんのうれしい便りを読み、つい筆がすすみました。

 どうぞ穏やかな年でありますようにと祈りつつ。

by: coco21 | 2016/01/05 08:55 | URL [編集] | page top↑
#
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

暖かいお正月でしたね。
春のような陽気でした。
一年、健やかにどうぞお過ごしくださいね。

ブログを通じて楽しいお話し今年も
出来たらいいなあと思っております。

凧あげ・・めっきり見かけなくなりましたが
残したいお正月風景ですね。
by: ぱす | 2016/01/05 23:35 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 去年ぱすさんにお会いして、毎日の楽しみが増えました。
 全く「偶然は必然」という言葉がしみじみと胸に沁みます。
 そして近頃「かん」もあるのかな?と思いだしました。
 科学万能の現在「おかしいのでは?」と言われそうですね。うふふ。

 どうぞ今年も仲良くしてくださいね!
by: coco21 | 2016/01/06 09:46 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/244-449af20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)