link    write  admin

宝瓶それとも急須?

持ち手があるのが急須で、ないのが宝瓶とヨッシーさんに教わりました。

それではこれは宝瓶なのだと初めて知りました。
ふらりと入った台北の店で買ったのです。

IMG_3609.jpg


茶葉を熱湯が通過するだけで、お茶が出ます。
湯の量はいっぱいに入れても茶葉は浸りません。
本来は中国茶のものでしょうか?
わからずに使っております。

IMG_3604.jpg


けっこうおいしくはいり、二煎目もおいしく飲めます。
さすが中国三千年・・・の歴史と感心をしております。うふふ。

IMG_3645.jpg


この店で買いました。
注ぎ口の水が胴部分に液垂れしないか、ちゃんと実演して見せてくれた、親切な店でしたよ。

茶器


お茶も食事もすべて美味しかったタイペイ、大好きな街です。
06:11 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ほっとくだしと煮干し | top | 薪と炎と味噌作り

Comments

#
こんにちは、coco21さん
旅行の思い出の品ですね
使うたびに思い出されて嬉しくなりますね
液垂れしないか、実演してくれる親切なお店
ありがたいですね
by: ヨッシィー | 2016/03/12 13:06 | URL [編集] | page top↑
# 宝瓶
台湾、私も大好きです。
でもいつも知人(台湾出身)が組んでくれたツアーなのであんまり自由がないんです。
それが良いと云えば良いのですけど・・・
思い出の素敵なお品、大事になさって下さい。
by: tomoko | 2016/03/12 17:57 | URL [編集] | page top↑
#
台湾の思い出。
こういう逸品が旅をずっと思い出深いもの
にしてくれますね。
使うたびに思い起こされることでしょう。

私も、台湾のお茶は思い出深いです。
淹れ方を教えてもらいましたが
なかなかその通りにはできませんでした。
最初に淹れてもらったお茶は深みが
あってとても美味しかったですが、
私が入れると・・別物でした(笑)

お茶うけのお菓子も美味しかったです。
台湾のひとたちも、親切でいい思い出
ばかりが蘇ります。

COCOさんのおかげで思い出すことが
できました。
by: ぱす | 2016/03/12 23:56 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 旅先で一生使えるものを買えたらそれはそれはうれしいですよね。
 貧乏性の私はついついためらい、後で「しまった」と思うことばかりなのですよ。

 台北ではお茶や食べ物ばかりのおみやげで、今はこの宝瓶があるだけです。
 娘も気に入っていて、「いつかちょうだいね」と言うのですよv-411
by: coco21 | 2016/03/13 08:38 | URL [編集] | page top↑
# Re: 宝瓶
tomoko様

 おはようございます。
 台湾は日本の昭和の匂いがしますよね。
 多分tomoko さんも私も同じ部分が好きなのですよ。うふふ。

 私はtomoko さんと逆ですべて自由時間でした。
 市場や下町は英語も北京語も日本語・・・すべて通じず、身振り手振りやメニュー表・・・での対応がまたおもしろかったですよ。

 宝瓶を割らないようにしないといけません。
 指先の力がなくなり落とすことが多いのですよv-510
by: coco21 | 2016/03/13 08:47 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 おはようございます。
 お茶が美味しく淹れられる人を尊敬します。
 そうなんですね。
 同じようにしても美味しくはいらないのですよ。
 何が違うのかしら?

 台湾の旅はどなたも満足されていますね。
 ぱすさんが言われるように、親切な人ばかりでしたよね。
 印鑑を作ってもらった店で昼ご飯にお薦めの店を尋ねたのです。
 そうしたら地元の人が利用する食堂に、わざわざ連れていってくださったのですよ。
 もちろん美味しかったです。

 ぱすさんのおかげで楽しい思い出に酔っていますv-372
by: coco21 | 2016/03/13 08:58 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/265-348f7184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)