link    write  admin

映画「キャロル」

1952年のニューヨークが舞台です。
きちんとセットされた髪型、上質のスーツや長いコートそして何より飛び切りの美女ふたりに引き込まれます。

しかし世間は「かくあらねばならない」という強い力があり、女性には生きにくい時代です。


IMG_4270.jpg


ふたりの目の力に圧倒されました。
言葉以上を物語っているのですよ。

IMG_4274.jpg


作者は何と「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミスです。
当時は別の名前で発表せざるを得なかった、内容です。

IMG_4273.jpg


時代は大きく変わり、女性の存在感も安定しているように見えます。
そしてタガが外れたように、何でもありの現在ですね。
でも本当に心を解き放って生きているかしら?
幸せかしら?
女の生き方いろいろ迷う日々です。
06:28 | 映画 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
らくらくシューマイ作り | top | 笑い、いろいろ・・・

Comments

#
おはようございます coco21さん
映画「キャロル」問題作ですね
あらすじは、テレビで知りました
う~ん、見には行かないですね

「太陽がいっぱい」これは、見ました
アラン・ドロンも魅力的でしたし、
ラストも良かったです

女性だけでなく男性もおなじ
制約はないけど、いろいろあって迷いますね
もう、ヨッシィーには、迷うほど道はないですけど(笑)
by: ヨッシィー | 2016/04/02 10:40 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー 様

 見にいかれませんか?
 そうですね、観客は女性ばかりでしたよ。
 殿方には恐すぎる映画でしょうか?うふふ。

 アラン・ドロン魅力的でしたよね。
 あの頃はノボせていましたが、今はずいぶん男性の好みも変わりました。
 それにしても日本は豊かになりましたよね~
 おしゃれな人・町・・・昭和は遠くなりました。

 そして自由がある部分は迷います。
 幸せの証拠でしょうか?
 迷えるのは・・・

 何だか禅問答になりました。
 こちらは今日明日が桜の見頃ですよ。

 どうぞヨッシィー さん良い週末を!v-252
by: coco21 | 2016/04/02 13:33 | URL [編集] | page top↑
#
おはようございます。

60年以上封印されていた
物語。
そして、ケイト・ブランシェット。
興味がわいて来ました。

ぜひぜひ、後ほど見る映画として
書き記しておきたいと思います。

by: ぱす | 2016/04/03 07:39 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 ケイト・ブランシェットすばらしかったですよ!
 エリザベスの時もそうでしたが、存在感に圧倒されます。
 そしてファッション・インテリアです。
 品があるというのでしょうか?
 ブローチ・スカーフ・バッグ・・・小物の使い方に見とれました。

 それにしても女が憧れる女性はいいですね。
 ぱすさんの見近におられますか?v-110

 
by: coco21 | 2016/04/03 19:32 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ。
どんな映画かネットで調べてみました。
なるほど、という感じ。

以前、アメリカの女性作家や女性詩人について書いてあったものを読んだところ、いわゆるカミングアウトはしていないものの多くがレズビアンだったのを知って少々驚いたことがありました。創造の秘密とはそういうものかと。

映像の美しさの裏には過酷な現実があったのでしょうね。


by: みどり | 2016/04/03 22:28 | URL [編集] | page top↑
# Re: こんばんわ。
みどり様

 おはようございます。
 そうそう、同感ですよ。
 日本のものでも「あーあれもそうなのだ!」と今更ながら納得しています。

 そして今アメリカでは更に進み、近親結婚も許すべきという動きもあると聞きました。
 
 私の固い古い頭は大混乱ですよ。

 でもあの時代のファッションいいですねぇ。
 憧れですv-22
by: coco21 | 2016/04/04 08:34 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
私も、どんな映画なのか
ネットで調べました。

美しい姿に圧倒されそう。

みてみたいです。
by: 森須もりん | 2016/04/04 22:44 | URL [編集] | page top↑
# Re: こんばんは
森須もりん様

 おはようございます。
 そうです!
 もりんさんの雰囲気にぴったりですよ。
 きっと気に入られること間違いなしです。

 あぁもう1度見たくなりました。
 感想がまた違ってくるでしょうね~
 おもしろい!面白いv-10
by: coco21 | 2016/04/05 07:35 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/275-524fc88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)