link    write  admin

びわの実の熟れる頃

        びわ

   外見だけでは
   どれがおいしいか まずいか分からない
   大きい小さい 色も形もさまざま
   一つ一つたべて 味がはっきりする
   まして人とのつきあいも初対面だけではね

            河野進
                (一部抜粋)

びわ1


幹線道路沿いのビルの中の庭で収穫されたびわを、今年もいただけました。
カラスが大挙してやってきて大騒動になると近所迷惑になるので、ちょっと早めに採って「味が心配よ」との言葉添えもありました。

このコロンとした丸みと、、優しさを含んだちょっと朱っぽい色合い、何より無農薬、こんなにうれしいびわはありません。
うれしい!嬉しい!

IMG_4766.jpg


水分をしたらせながら皮を剥き、口にほうばると甘い汁がしみわたります。
例えていえば初夏の味ですよ~
さっぱりしていていくらでも食べれます。
そして種は大切に取っておきます。

IMG_4768.jpg


種は焼酎につけると一年でびわ種酒ができますよ。
湿疹などの皮膚病・痛い所に塗り温める・がんに効くともいわれてますが・・・

IMG_4772.jpg


数年前Zが体中それこそ足の裏まで蕁麻疹が出て真っ赤になりました。
虫さされの塗り薬にアレルギーを起こしたのです。
もちろん初めてのことでした。

加齢により体質は変わる事と、薬は本質的に「毒をもって毒を制していること」を改めて思い起こさせました。
私も近年アセモや湿疹が出るようになり、このびわ種酒を使っていますよ!

06:18 | | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑
芋が好き!丼も好き! | top | 爽やか絵本会

Comments

#
おはようございます coco21さん
びわを食べるにはスーパーで買うしかない
状況の我が家ですが、値段を見ると手が出ません
昔は近所に植わっていたのにね
イチジクも同じ思いです
そのため、数年に1回ぐらいしか買いません(笑)

枇杷色が鮮やかですね
うらやましいです
by: ヨッシィー | 2016/06/04 08:44 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 よ~くわかりますよ!
 びわ・柿・いちじく・・・これらは庭にあるもので、買うものではないと子供時代に刷り込まれてしまいましたよね。

  ヨッシィーさんも私も同じ昭和の空気を吸って育ったのですね。
 時折、なりっぱなしのびわを見て「もったいないなぁ」と思うのです。
 住人が高齢なのでしょうね~
 昔でしたら腕白坊主の恰好のおやつでしたが。

 枇杷色は際立つ色ですね。
 見ていて幸せになります。
 それを何個も食べましたから良いことがあるでしょうね。きっと。うふふ。

 どんよりとした日曜日です。
 梅をもらったので、がんばらねばいけません。

 どうぞ良いお休みを!v-98

by: coco21 | 2016/06/05 07:32 | URL [編集] | page top↑
#
おはようございます coco21さん
きれいな枇杷色をいただいたのですから
心も身体もきれいになれますよ

今度は、梅ですか
coco21さんの人徳ですね
ヨッシィーは梅干しは苦手なので
梅は梅酒になりますね
by: ヨッシィー | 2016/06/05 07:44 | URL [編集] | page top↑
# ブログでは初めまして(*^o^*)
こんにちは!はたまたお久しぶり?!でしょうか。

北九州在住のflopsyと申します!

先日ミルさんとお話しする機会がありcocoさんのブログを紹介していただきました。

私もびわが大好き!
あの自然な甘さはいくら食べても飽きないですよね(^_^)

びわが食べたくなりました〜〜
by: flopsy | 2016/06/05 15:26 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2016/06/05 20:58 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわ。
もう、枇杷の季節なんですね。
梅雨時、そんな頃の果物ですね。
梅雨入りしましたね。

しばらくすっきりしませんね。

枇杷の種のお酒。
私もやってみようかなと思いました。

毒をもって、毒を制する
COCOさんが以前、アドバイスしてくださった
事を今繰り返し思い出しております。
薬は一時しのぎにしかすぎず
中から、治すのがベストですね。
自然のもので、治癒できれば
いいなあと私も思います。
自然治癒力。なるべく私もそう思います。

種はどのぐらい漬けると
この色合いになるのでしょうか・・。
常備しておくと、いいですね。

種のお皿・・小鹿田焼ですね♪
by: ぱす | 2016/06/05 22:15 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。

 うふふ。
 漬物系・梅干し・・・そして納豆もお嫌いでしたねぇ。
 白いご飯に、上記の物があれば何にもいらない私には信じられないですよ。
 もちろん酒がなくても大丈夫です!
 ヨッシィー さんに比べて、何でも安上がりにできているなぁと今クスクス笑っておりますが!!!
 いかがでしょうか?

 きれいな琵琶色ですが、相変わらず「あこが痛い!ここも不具合!」とブツクサ言っておりますよ。
 はるみさん曰く「焼かねばなおらない」
 あーまったくですね。

 週の初めからぼやいてごめんなさい!v-8


by: coco21 | 2016/06/06 07:43 | URL [編集] | page top↑
# Re: 美味しそうな枇杷ですね
鍵コメント様

 おはようございます。
 安心しましたよ~
 実は連絡が取れず心配でした。
 あーよかった!v-119 
by: coco21 | 2016/06/06 07:46 | URL [編集] | page top↑
# Re: ブログでは初めまして(*^o^*)
flopsy 様

 おはようございます。
 まぁ!ここでお会いできるとは!!!
 ブログをやっていて良かった!

 今お顔を思い浮かべています。
 その節はいろいろお世話になりましてありがとうございます。

 琵琶が取り持ってくれたうれしい再会、一生忘れず、琵琶を見たらflopsy さんを思いますよ。

 これをご縁にお話しましょうね~
 待っていま~すv-20
by: coco21 | 2016/06/06 07:55 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 おはようございます。
 
 是非作ってくださいね。
 種に切れ目を入れて、玄米焼酎がベストなのですが、手に入らず、私はホワイトリカーで1年間漬けておりますよ。

 ビワの種  300g
 焼酎  0、7l

 もちろん薄めて飲めますよ。

 痒い時にも塗ってくださいね。

 ところでお庭にビワの木はありますか?


 ぱすさん、小鹿田焼を見つけてくださりうれしいです。
 何をいれても落ち着くいい器ですね!v-22
 
by: coco21 | 2016/06/06 08:15 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。
昨年ビワをたくさん頂き、種をホワイトリカーに漬けました。
この液が、喉の痛みに効きます。
気温の変化が激しい今日この頃、今朝喉が少し痛かったので早速この液を薄めてうがいしました。
大分痛みが和らぎました。

あせもや湿疹にも良いのですね。
今度使います。
by: Hibisucus | 2016/06/06 17:15 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
Hibisucus 様

 おはようございます。
 まぁ!うれしい!
 お仲間ですね。
 びわの葉酒と比べてこちらは色も香りもいいですよね。
 うちには少ししかないので大切に使っています。
 うがいにはもったいないなぁとケチケチばあさんは計算しています。うふふ。

 そうそうその種はどうされていますか?
 粉末にしたら良いとも聞きましたが、具体的にどうするのかわかりません。
 良いお知恵がありましたら授けてくださいね!

 梅雨らしくどんよりしています。
 どうぞ喉を大事になさってくださいね。v-25
by: coco21 | 2016/06/07 07:53 | URL [編集] | page top↑
# ビワの種
カビが生えなければ半永久的に使えるらしいです。
我が家のも大丈夫そうなので、ホワイトリカーを継ぎ足しました。
by: Hibisucus | 2016/06/07 14:21 | URL [編集] | page top↑
# Re: ビワの種
Hibisucus様

 おはようございます。
 
 良いことを聞きました。
 入れっぱなしでいいとは、横着者の私にぴったりですよ。
 ありがとうございます。

 それにしてもビワ種酒は良い香りがしますねぇ。
 昨晩もほれぼれと眺めておりました!

 また良い知恵を授けてくださいねv-10
by: coco21 | 2016/06/08 07:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/297-f733b0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)