link    write  admin

憧れのロールケーキ!

海に架かった2つの橋を渡り、瀬戸内海に浮かぶ江田島にゆうさんの家を訪ねました。
広い島で田んぼがあり田植えが終わっていました。
この田園風景は子供時代を思い出させてくれます。

IMG_4832.jpg

犬と相性が悪いのですよ。
この若い元気な雌のわんこちゃん、私を吠えて吠えてそして時折こんな目で見るのですよ。

IMG_4838.jpg


さあ前置きはこれくらいにしまして、この島には知る人ぞ知る!おいしいロールケーキがあるのです。
車のない我が家はとてもここまで買いには来られません。
人様にときおりいただくだけなのです。
タマに便があり立ち寄ると売り切れだったり、休みだったり・・・と今まで縁がありませんでした。

ところが今日は最後の2本を友とわけることができましたよ。
彼女は抹茶味も買い、その重さにふーふー言っておりました。

IMG_4857.jpg


さぁやっと自分で買えたケーキです。
イタリアンロールとラベルに書いてありました。
ずっしりと重く両手でしっかり抱えます。

IMG_4859.jpg



Zは自分用にこの3倍の厚さに切っておりました。
濃いコーヒーと頂くと、コクのあるしっとりとした甘さが広がりました。
食べ応え十分です!

IMG_4860.jpg


ゆうさんは友達の友達で2年前に出会いました。
お母様の介護の隙間時間に招いてくださり、幸せな時間を頂きました。
出会いほど不思議なことはない・・・と最近しみじみ思います。
赤い糸で結ばれているのか、神様の思し召しなのか、偶然は必然なのか・・・
この広い広い世界で出会え感謝し、大切にしたいと素直に思える一日でした。



05:20 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
小さい針仕事 | top | 美しいもの

Comments

#
おはようございます coco21さん
美味しいのが分かる写真ですね
今、はやりの生クリームがタップリではない
ふんわり、しっとりのスポンジのロールケーキ
厚く切ったケーキには、珈琲ですね

ウエッジウッドのカップ 我が家にもあるデザインです
エキゾチックと言うかオリエンタルな柄が珈琲にあいますよね
by: ヨッシィー | 2016/06/22 08:01 | URL [編集] | page top↑
#
江田島へお出掛けされたのですか!
つい先日、江田島を舞台に繰り広げられるミステリーを読み終えたところでした。不思議!
ホントに美味しそうなロールケーキですね。
シュー皮で巻いてあるみたいで、うわ~
食べたい!  よだれがでそうです(笑

人との出会いって、不思議で素敵ですよね!
by: tomoko | 2016/06/22 18:38 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 こちらは昨晩強い雨が降り、雷も鳴り響き、少々寝不足です。

 ヨッシィーさんと同じカップとは!うれしいです。
 すぐ飽きてしまうのですが、これだけは飽きがこない不思議な器ですね。
 
 生クリームたっぷりのもいいのですが、こちらを頂くとそれがちょっと物足りなくなるのがおかしいですよね。

 やはり古いタイプのケーキがいいで~す。v-25
by: coco21 | 2016/06/23 07:37 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
tomoko様

 おはようございます。
 えー 江田島を舞台のミステリーがあるのですか?
 早速検索しなくては!
 江田島は全国的に認知されているのでしょうね~
 そしてこのロールケーキは男性にも人気があるのですよ。
 島で職人が武骨に作るお菓子・・・
 昭和に還ったみたいでジーンとくるのです。うふふ。
 とてもとてもおいしいのです。

 それにしてもtomoko さんと偶然が多いですね。
 私も服のリフォームをごそごそやっているのですよ。
 今度見てくださいね!v-22
by: coco21 | 2016/06/23 07:46 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは 

玉虫 聖徳太子玉虫色を思い浮かべました。

大昔 玉虫の羽を取り よく作ったものだと

感心しますね。




田んぼ・子供の頃を思い出す 懐かしさ。

街・育ちなので田舎に憧れた子どもの頃。



ロールケーキ ずっしり感ありますね

お菓子食べている時って幸せ感じますよね

 


仰るとおり 偶然は必然です

縁がなければ 近くにいてもめぐり合わず

縁あれば 遠くでもめぐり合えると

中国のことわざに古くからあります。


ブログがご縁でCOCO21さんと知り合え

こんなおバカな私ですがこれからも

宜しくお願い致しますv-411





by: プチ・クレソン | 2016/06/23 14:42 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
プチ・クレソン 様

 おはようございます。

 こちらは今日もどんより鉛色です。
 何だか気持ちも晴れません。
 いつも元気いっぱい、はつらつプチ・クレソン さんの気をわけてくださいね。

 そうなんですね~
 私もすぐ天平の時代を思いました。
 あの時代の人と美を共有している・・・
 ロマンがありますねぇ~
 プチ・クレソン 家のまわりには玉虫がいるのではないかしら?
 あっちの木から、こっちの葉陰から・・・彼等(?)がプチ・クレソン 家を観察しているかもしれませんよ。ふふふ。

 プチ・クレソン さんは町育ちですか。
 道理でおしゃれさんなのですね~
 私のように蛙の鳴き声の中育ちとは違うのですね・・・
 そうそうそのずっしりケーキも田舎育ちですが、とってもおいしいですよ。

 ふしぎなご縁のプチ・クレソン さん、ないしょ話ですよ。
 本当のバカは自分はバカとは決して人には言いません。
 人様にわからないように必死で隠しますよ。
 私の体験ですから間違いありません。おっほん!

 こちらこそ本物バカですがよろしくお願いしますね~。v-14
 
by: coco21 | 2016/06/24 07:26 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/304-eb540d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)