link    write  admin

意志あらば道あり

テレビで何度も何度も観たローラ一家の物語です。
いろいろ出ていますが右の岩波書店の谷口氏の訳でガース・ウイリアムズの絵のものが好きです。
下の写真集で風景や人々を確認しながら読んでいます。
右上の女性がローラですよ。

「長い冬」は7ヶ月猛吹雪が続き、食べ物・灯り・暖房・・・が底をつき、すべてが暗闇の中、父親と母親のありようで一家の生き方がどのようにでもなることを教えてくれます。
正に父親の言葉の「意志あれば道あり」なのです。

大草原の小さな家(全12冊)
ローラ・インガルス・ワイルダー作
谷口由美子 訳
ガース・ウィリアムズ さし絵
岩波書店

IMG_5086.jpg


IMG_5104.jpg



須賀氏の本はこれまで何度か挑戦しましたがすべて2・3ページでギブアップでした。
ところが「とってもおもしろいのよ」と本の虫ひろさんから手渡されたのがこの本でした。
半信半疑で12編の随筆集を読み始めました・・・

最後のオチがすばらしい!と言ってはこの格調高い文章に失礼でしょうか。
「こういうことが用意されていたのか!」とただただ文の構成に驚くばかりでした。

ヴェネツィアの宿
須賀敦子
文芸春秋

IMG_5025.jpg


初めて浜氏の声をラジオで聞いたとき「この人は男か女かどちらだろう?」と考え込みました。
ドスの聞いた迫力のある口調でした。
文章もそのままです。
悲しいかな読み手の私経済もわからないのですよ・・・

アホノミクス完全崩壊に備えよ
浜矩子 作
角川新書

IMG_5106.jpg
06:22 | | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
小さい美術館 | top | 小さい秋が・・・

Comments

#
おはようございます coco21さん
「大草原の小さな家」は、テレビで放送していましたね
映画化される話もあるようです
でも、ヨッシィーは見ていないのです(笑)

coco21さんに刺激を受けて図書館に行って来ました
借りて来た本は、時代劇小説です
ミステリー小説からこちらに好みが変わって来たようです



by: ヨッシィー | 2016/08/26 11:48 | URL [編集] | page top↑
#
cocoさん
私も昔(#^^#)TVで妹と一緒に『大草原の小さな家」を楽しみに観ていましたよ
何年かのちに再放送も観ました
家族のこと勇気を持つことあきらめない事自然の素晴らしさなどなど いっぱい気づかされたような気がします
こんな本に出合えたら人生豊かになりますよね

経済の本はむずかしいけど TVなどでこの浜さんという方はずばずば意見を述べてくれて 聴いていてすっきりしました 
by: bienes | 2016/08/26 12:59 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわ。
大草原の小さな家
昔、テレビでしか見たことが
ないのですが、良かったですね。

そばかすのローラ。
やさしいお母さん。頼りがいのあるお父さん。

過酷で、厳しい生活ながらも
雄大な自然と人々のやさしさと・・・・
憧れを持ったものでした。

浜さんは、一風変わった感じの人ですが
コメントは的を得て、聞き入ってしまいます。
経済。良くなっていると思っているのは
政治家だけでしょうね。
全然、良くならない・・・・。
年金の株の運用での損失。
もう、腹立たしい限りです。
by: ぱす | 2016/08/26 23:05 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 まぁそうなんですね。
 考えてもみませんでしたがローラの物語は女・子供からの支持が絶大なのですね~
 そういえばZも見ませんでしたねぇ。

 時代物チョンマゲもの、いいですよね。
 義理と人情・・・昔は毛嫌いしていましたが、今はシビレていますよ。ふふふ。
 だって演歌に通じますものね。

 お薦めがありましたら是非教えてください。v-87
by: coco21 | 2016/08/27 07:39 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
bienes様

 おはようございます。
 一緒ですね。そうなんですよね!
 再・再再・・・放送を何度も見てあのTVの俳優や声優を本人と思い込むほどでしたよ。うふふ。
 写真集で見た限りではローラとアルマンゾは本人の方がよほど良い姿でした。

 時折思いだして読むと「しっかりしよう!」と勇気をもらえる本のひとつなのですよ。
  bienesさんのお薦めを教えてくださいね。

 浜氏は男性以上に男っぽい方ですよね。
 そういえば人間が近頃中性化していると思いませんか?

 かく言う私も女ではないと家族から冷たく言い放たれておりますよ。v-40
by: coco21 | 2016/08/27 07:51 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 おはようございます。
 その本を読むと自然の厳しさにたじろいでしまいます。
 一瞬の雹で一年の収穫がゼロになる・・・
 形は変わってもこういうことの繰り返しです。
 もちろん保険とかはありません。
 諦め・覚悟・・・強い精神力で生きていくのみですね。
 どうぞ原作を読んでみてください。
 人生が限りなく愛しくなりますよ!

 それと対極にあるのが現在の姿です。
 偉い人ほど無責任で誰も責任をとりません。
 何に対しても畏敬の念がないのでしょうか?
 「御天道様は見てござる」と教えられて育ったものですが・・・
 今は死語でしょうね~v-31
by: coco21 | 2016/08/27 08:04 | URL [編集] | page top↑
#
おはようございます。

NHKで放送されていた大草原の小さな家、大好きでした。後半はあまり見ていませんが・・・

自分のドレスの布地で、娘たちのドレスを作る母さん。

あんな母親になりたかったなあ・・

うちは、息子たちばかりで、思いとは裏腹に毎日ドタバタでした・・
by: gin | 2016/08/28 07:52 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
gin 様

 おはようございます。
 一緒ですねぇ。
 あの小さいテレビで子供達と見ましたよね。
 まさに昭和です!

 そして縫い物はみんな手縫いなのですよね。
 後半にやっとミシンが出てきました。
 馬車でお父さんが運んで帰り、みんなの前でカバーをはずし、お母さんが驚きそして喜んで・・・
 感動的でした。

 息子さんばかり、ではgin さんはマドンナでいらしたのですね。
 息子さんはやさしいでしょう?
 ずーと男の子に憧れていましたよ。v-10
by: coco21 | 2016/08/29 08:18 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/322-3f0c76da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)