link    write  admin

いじめと老いの本

6年生の女の子が主人公の児童文学です。
いじめにあう彼女の心と体が壊れていく様は読んでいて辛いものです。
ただ彼女の回りには同じ立場の同級生・おじさん・祖母・・・がいて全くの孤立ではありません。
それがとても大切なのですね。

きみは知らないほうがいい
岩瀬成子 作
長谷川集平 絵
文研出版

IMG_6843.jpg


この本が話題の的だった時期に図書館で予約すると何と124人待ちでした。
「これは先のことだ~」と忘れていましたら順番が回ってきたのです。
93歳の佐藤氏は相変わらず歯切れがいいのですが、聴力や気力・・・の衰えを盛んに嘆いておられます。
そして片や60代でそれを愚痴っている嘆かわしい私、30年後を考えることは恐くて・・・
まったく人間の出来がからっきし違いますね。

90歳。何がめでたい
佐藤愛子
小学館

IMG_6781.jpg


桐島氏の半生は大河ドラマのようでした。
型破りだけど人間的なご両親に育てられ、今の洋子さんがあり、かれんさんたちがいる・・・
しみじみ「教育は3代」と思います。

媚びない老後
桐島洋子
中央公論新社

IMG_6878.jpg


佐藤氏も桐島氏も筋が通ってまっすぐ生きておられ、惚れ惚れとし尊敬します。

けれども現代はそのように生きようとする子供や若者は孤立しがちです。
いったい何が変わったのでしょうか?

07:07 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
はじめてのヤマモモジャム | top | ビバ!びわ!

Comments

#
こんにちは、coco21さん
図書館で人気の本は予約の人数に驚かされますね
90歳なんて想像できませんし、我々はそこまで生きないでしょうね
そう言いながら80歳ぐらいは生きたいですね

佐藤さんも桐島さんもまっすぐ生きておられていますね
昔の方が狭くて窮屈で大変だったでしょうね
それに比べると、今の方がずっと選択が広くなったと思いますよ
by: ヨッシィー | 2017/06/20 12:40 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
私も80歳くらいまで生きるかなと思っています。
それまでは今の体調を保ちたいものです。

今の閉塞感は日本社会を取り巻く経済状況から来ているように思えます。
私の若い頃はどんな仕事をしてでもとにかく生活できましたから。
でも今は違います。
私もリーマンショックの後、長年勤めていた会社が倒産し、失業しました。
「選びさへしなければどんな仕事でもある」なんて何も分かっていない人の言うことです。
仕事はあるかもしれませんが、ぼろ雑巾のように使われ、まともに考えることも判断することもできなくなりますから。
そういう厳しさが分かっているから若い人たちはおとなしくならざるを得ないのだと思いますよ。


by: みどり | 2017/06/20 21:29 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわ。
佐藤愛子さんの本。面白かったですね~。
何度か、笑いましたよ。
からだの不調や、心のふさぎ込みは
誰しもある程度は同じなのでしょうか・・・。
それを笑い飛ばす、向き合っていくそこが
まず違うのかなと私も思いました。
書く事の力も大きいですね。

生きづらい世の中だけど、
もっと、広い世界を知って欲しいなと
思いますね。
by: ぱす | 2017/06/20 22:25 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 以前でしたら○十人待ちなんていやだ!とうんざりしていましたが、「待てば海路の日よりかな」がやっと自然体でできるようになりました。
 そして「75歳でこの世と別れたい」等とうそぶいておりましたが、これも若気のいたり・・・
 この歳になり恥ずかしいことばかりです。

 両氏とも窮屈な時代を凛として生きられ、何でもゆる~い今を私、感謝して前向きに老いと仲良くしようと思います。

 殿方の違う見方の助言を期待しております。
 どうぞよろしくお願いします。v-425
by: coco21 | 2017/06/21 07:45 | URL [編集] | page top↑
# Re: こんばんは。
みどり様

 おはようございます。
 そうそう!そうなのですよね。
 とってもよくわかり同じ気持ちです。
 やはり同じ時代を生きてきたからでしょうか?
 価値観がよく似ています。
 それにしても若い人たちが気の毒です。

 これからは健康だけがたよりですね。
 最悪の場合野垂れ死にも覚悟しないといけない時代でしょうかv-362
by: coco21 | 2017/06/21 07:56 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 おはようございます。
  ぱすさんはずいぶん早い時期にこの本を読まれましたよね。
 「お若いのにこんな本を読まれるのだ」と思ったものです。
 文章を書く人・絵を描く人・・・手や頭や体を動かす人は 良い顔・雰囲気をお持ちです。
 長年農業や漁業に携わる人にはほれぼれするのです~

 広い世界を知る・・・良い言葉ですねぇ。
 凝り固まった頭で物事を判断している私こそ肝に命じなくてはいけません。
 はっとしていますよ。
 爽やかな風をありがとうございます。v-46
by: coco21 | 2017/06/21 08:07 | URL [編集] | page top↑
#
図書館で忘れた頃に連絡があって~って
人気の本はそんなことばかりですが
cocoさんの 100人超えとはびっくり~!

佐藤愛子さんのエネルギーにはいつも脱帽
佐藤さんや桐島さんという人生の先輩がいることで 
未来が明るくなります
私たちもまだまだやれる事はありそうですね
by: bienes | 2017/06/23 12:03 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは

桐島洋子さんの本 媚びない老後・・

予約します。

桐島さんの70代がホントに面白いだったかな

一気に読みましたよ

スカッとするような バイタリティーある

女性ですね。

桐島さんの本 若い頃に買った聡明なオンナは

料理が・・・その頃から読んでます。


佐藤愛子さんの本は今や 人気ですよね

サトウハチロウさんの妹ですね







今日は沖縄終戦記念日 4人に1人が

亡くなっている・・。


女学生の朗読がすごくよかったですし

知事の言葉も拍手が多く

安部さんの時は拍手がパラパラ

人が書いたのを棒読みしてるだけ・・・。





by: プチ・クレソン | 2017/06/23 12:54 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
bienes 様

 おはようございます。
 ベストセラーのものは殺到するのですね。
 以前下重さんの「家族の○○」も百人を越えていましたよ。
 買うという選択肢のないケチな私です!ふふふ!

 そうなんです。
 おふたりの本を読むと元気になりますよね。
 私も bienes さんのように前向きにいきますね~v-81
by: coco21 | 2017/06/24 07:22 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
プチ・クレソン様

 おはようございます。
 ぜひぜひ読んでください。
 私達「桐島さんのことをちっともわかっていなかったのだ」としみじみ思いました。
 大した人ですねぇ~

 その昔お昼のテレビで「愛子」というのがたしかありましたよね。
 お兄さんもおもしろい人でした。
 あー懐かしい!

 沖縄は祈りの日なのに、本土は資質を疑うような人ばかりが国を動かしてドタバタしている。
 批判するのも大事ですが、私達が選んだ人だということも反省しなくては・・・と思うのですよ。

 どうぞ良い週末を!v-77
by: coco21 | 2017/06/24 07:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/405-e5765186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)