link    write  admin

会えてよかった

この本を校閲されて十日後、作者は亡くなりました。
思い通りにいかない人生の生き方を、愛を込めて教えてもらえます。

どんな時でも人は笑顔になれる
渡辺和子
PHP

IMG_6818.jpg


安野氏が出会った50人余りの人の素顔の一部を覗けます。
藤原正彦氏が教え子だったこと・高峰秀子氏の別れの電話・・・驚いたり頷いたりの連続でした。

会えてよかった
安野光雅
朝日新聞出版

IMG_0424.jpg


何と食べることを大切にされるご夫婦ですね。
そして今おひとりになられてもテーブルクロスをかけて食事をされている英子さん、もちろんアイロンをかけてです。
洗いっぱなしの私は恥じ入ることばかりでした。

ふたりからひとり
つばた英子・しゅういち
自然食通信社

IMG_0091.jpg


あの連合赤軍を題材にした小説です。
結末の展開は思いもよらぬサプライズでした。
それぞれの親や兄弟や親族の辛い関わりに目がいくのは、私が年取った証拠です。

夜の谷を行く
桐野夏生
文芸春秋

IMG_0120.jpg


安野氏が後書きで「肩書きにこだわらない人ばかりの50人だった」と言われていました。
改めて安野氏の懐深い人柄を思います。

近頃のマスコミを賑わしているドタバタ劇の登場者との違いが、はっきりと見えてきますよ~

06:30 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
♪いいもの見つけた! | top | 憧れの石鎚山

Comments

#
こんにちは、coco21さん
ヨッシィーが手に取らないであろう本ですね
coco21さんは、映画も選び方がちょっと違うなと
いつも思っています
引き出しに一杯、詰まっている感じです
by: ヨッシィー | 2017/10/03 11:27 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。
「ふたりからひとり」4月頃予約してやっと借りる事ができました。
あと少しで読み終わります。

by: Hibisucus | 2017/10/03 14:35 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様
 
 おはようございます。
 ふふふ!
 偏っているでしょう?
 恰好つけて独断と偏見で選んでいる等と嘯いておりますが、どうにも読めなくなってきました。

 こういう人間をこちらでは<いちがいな女>と言います。
 何かにつけてこうですから困ったものですねv-12
by: coco21 | 2017/10/04 07:29 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
Hibisucus 様

 おはようございます。
 まぁ!ずいぶん待たれましたね!
 すぐ借りられた私は運がよかったのですね。

 ぜひともHibisucus さんの感想をお聞きしたいですよv-119
by: coco21 | 2017/10/04 07:32 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちわ。
安藤光雅さんの、装丁はやはりいいですね。

つばたさんのふたりからひとり、読みました。
ひとりは寂しい、でも毎日を送らなくてはならない。覚悟のようなものが伺えました。
お元気でしょうかと、知り合いのような気持ちでおります。

私たちは、ただ懸命に暮らすだけですね。
by: ぱす | 2017/10/05 14:03 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす 様

 おはようございます。
 ぱすさんも安野ファンでしたよね。
 彼の人間関係の深さと広さを改めて知りました。
 一目で彼の装丁とわかる・・・
 これってすばらしいことですね!

 そうそうそう思います。
 きびしい覚悟がひしひしと伝わりました。
 これが本の良さでしょうか?
 最後まで台所仕事を大切にされる英子さん、尊敬します。

 近頃はぱすさんの影響もあり、私も少していねいに食事作りをしていますよ。ふふふ!v-266
by: coco21 | 2017/10/06 07:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/426-4785f770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)