link    write  admin

砥部焼を訪ねて

松山市内からバスで40分余りの砥部町です。
田んぼと彼岸花と団地が隣り合わせの坂道を歩きます。

IMG_0514.jpg


どこへ行っても由緒ありそうな神社の佇まいには心惹かれます。

IMG_0501.jpg


何軒目かの窯元でやっと登り窯の写真がとれました。

IMG_0574.jpg


独特の土の匂いの中で焼き物の数に圧倒されました。

IMG_0540.jpg


若い夫婦のやっている店のランチです。
出される器はすべて砥部焼でした。

IMG_0523.jpg


器だけを見るのと料理が盛られているのとでは、印象が全然違うのですよ!、
盛り付け映えする器でしかも丈夫、和洋もケーキも何でもござれなのには驚きました。
ここで見て気に入り、また店に戻り買い足した皿もあるのです。
おかしいでしょう?

IMG_0524.jpg


デザートは奥さんの手作りで桃太郎マスカットを初めて食べました。
料理はおいしく店の雰囲気も温かで大満足、うれしい時間を過ごせました。

IMG_0527.jpg


窯元ではB級品コーナーもあり「なぜそうなのか」もていねいに教えてもらい、納得してそちらも買いました。
何となく得した気分です。

整理した台所に新しい器が入ると風が吹き込むでしょうね。
それだけでうきうきして「何を作ろうか」と心が弾みます。

「何を買ったか?」ですか。
ふふふ!
荷物がまだなのですよ、またご覧になって笑ってくださいね~



06:35 | | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
憧れの石鎚山 | top | ♪ららら!いちじくジャム

Comments

# 見たい見たい!!
どんなの買ったのか早く見たいです。
砥部焼、聞いてもピンとこないのですが見るとあれかと思います。
何にでも合う、料理が映える、良い焼き物ですね。
by: みどり | 2017/09/25 09:30 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは、coco21さん
我が家にも砥部焼の器がありますが、現地で
買った物ではないのです
うらやましいです

「ここで見て気に入り、また店に戻り買い足した
皿もあるのです。 おかしいでしょう?」

そんなことは、ないですよ
冷静に見ていられるのですね、わが家は、1度
落ち着くために、食事のお店に入ってから
購入することが多いです
勢いで買うと要らないものまで買いますからね

砥部焼は丈夫な作りですね
器の厚みが厚いので、ここが好みの分かれる処ですね

絵柄の線が伸びやかで、勢いがあります
北欧の器に通じるものがありますね

by: ヨッシィー | 2017/09/25 12:51 | URL [編集] | page top↑
# 砥部焼
いやいやいや・・・砥部焼とは驚きました。
愛媛の出身ですし、松山には息子や姉も
居りまして・・・
砥部焼の食器は我が家にも幾つか。
でも、又いつか行ってみたいなあ~ って
気持ちのどこかにあったのですよ!
こんな素敵なお食事を頂けるところまであるのですね! 益々行きたくなりました。
その前に、食器の整理をしてからの方がいいのかな?
by: tomoko | 2017/09/25 22:09 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわ。
砥部焼はいいですね~。私も大好きです。
千山窯さんのお皿も一枚、持っています。
今夜、ピクルスを盛りました。

窯元を訪ねるのはいいですね。
地道な、昔からの営みを感じることができます。
以前、梅山窯さんを訪ねたことがあり、家にある砥部焼はほとんどそこのものです。

マスカットのケーキのお皿と横のカップは
梅山窯さんかな~と拝見しました。
何を盛っても、食材が映えますよね。
和洋どちらにも、合うな~と私も思います。
そして、何より丈夫です!

COCOさんが選ばれた、砥部焼。
きっと、素敵でしょうね。
楽しみにしていますね。
by: ぱす | 2017/09/25 23:11 | URL [編集] | page top↑
# Re: 見たい見たい!!
みどり様

 おはようございます。
 砥部焼=うどん丼=ダサイと内心決めつけていました。
 ところがランチの店で驚きました。
 こんなに料理をおいしくしてくれる器なのかと。
 重い皿は買わないと決めていたのに、魅力に負けてしまいましたよv-14
by: coco21 | 2017/09/26 09:30 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 四国四県みんな好きなのですが、焼き物には縁がなく砥部焼も「うどん丼なんて・・・」と思っていました。
 ところが現地で見ていると、ヨッシィーさんが言われるように絵柄が実にいいのです。
 それぞれに<唐草・十草・なずな・お日様・菊>と名前がついているのもすてきです。
 そして重いけど丈夫、日常の器に徹している姿勢にも惹かれます。
 今の時代宣伝力を駆使しますが、敢えてそれもしようとしないのですねぇ。

 四国はお遍路さんの地です。
 Zのご贔屓の空気の柔らかい土地ですよ。
 ぜひはるみさんとお訪ねくださいねv-104
by: coco21 | 2017/09/26 09:46 | URL [編集] | page top↑
# Re: 砥部焼
tomoko様

 おはようございます。
 まあ松山にご親戚がいっぱいですね。
 大街道にお買い物に行かれるのでしょうか?
 何だかうれしくなりました。るん!るん!
 ところでタルトはどこの店のがお薦めですか?
 たくさんあって迷いました。

 砥部のおいしいランチの店はジュタロウです。
 行列のできる店ですって。

 ぜひ新しい器も入れてください。
 料理する気持ちが変わってくるのですよv-271
by: coco21 | 2017/09/26 09:55 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 おはようございます。
 お料理上手のぱすさんも砥部焼ファンとは!
 まるで買い物に太鼓判を押されたみたいでうれしいです。
 あのマスカットケーキの皿は千山窯のもので、正しくそれを買い足すために、また店に引き返したのですよ。
 
 梅山窯も行きました。
 たくさんあって目移りしましたが、あらかじめ決めておいたものだけにしましたよ。
 だって今大整理中なんです。うふふ!

 今回窯元に行って砥部焼の印象がずいぶん変わりました。
 そしてぱすさんに言われてはっとしました。
 そう<地道に物作り>をしている地なのですね。
 昔の日本では当たり前だって、今は忘れられていること・・・

 私もリセットをかけ地道に暮らしたいです。
 気づかせてくださり感謝ですv-22
by: coco21 | 2017/09/26 10:11 | URL [編集] | page top↑
# タルト
タルトの件ですが、一般的には
一六タルトが昔から有名です。
これも勿論お勧めですけれど、個人的には
六時屋のタルトも好き、 今頃の新しく出てきたものは解りませんが・・・
昔はタルトって、愛媛だけのお菓子だと思っていました。今は岡山でも売っているところもありますね(一六タルトやハタダとか)
ところで、お買い求めになったのは?
by: tomoko | 2017/10/03 06:17 | URL [編集] | page top↑
# Re: タルト
tomoko様
 そうそう!その2軒の前も歩きましたが、なぜかピンときまして白鷺堂で買ったのです。
 昭和の面影があったのです。
 そして切ってみるとアンコは手作り風でおいしいのですが、外がパサパサ、古いのか?とっても残念でした。
 Aが一六タルトを買っていまして、それはいつもの味でした。
 よ~し今度は六時屋を買いますね。

 ないしょの話?
 私の母も愛媛県出身です。
 ですから少し四国の血が私にも流れているのですよ。
 どうぞ仲間に入れてくださいね、ふふふv-10
by: coco21 | 2017/10/03 07:52 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/427-fd7517ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)