link    write  admin

富岡八幡宮の骨董市

東京の下町を歩くと神社仏閣にしばしば出合い、江戸の名残を感じます。
日曜日には市が立つ富岡八幡宮まで、隅田川沿いを歩きました。
今日は骨董市でした。
いつもは100以上の出店だそうですが、今日は80店くらいとか。
寒いですものね~

IMG_3746.jpg


大島の着物もありましたが、近寄りません。
見たらほしくなります。

IMG_3340.jpg


和菓子の木型です。
廃業されたのでしょうか?
使い方でおもしろいでしょうね~

IMG_3768.jpg


まず敷いてある布に驚きました。
菊唐草の藍の古布です。
「昔は安かったな、今は高いよ」とおじさんが話していると、紳士が白いそばちょこの裏を見てすぐに行ってしまいました。
横目でながめながら店主は「白のそばちょこの価値物を探しているんだよ、裏を見れば年代がすぐわかる、あれは通だね」と言い古伊万里の見分け方を教えてくれましたよ!

IMG_3764.jpg


欲しいものがいっぱいでしたが、ぐっと我慢してこれだけにしました。
左はインドの首飾りです。

IMG_3390.jpg


八幡宮近くの商店街で偶然に入った天ぷら屋さんです。
夫婦とも極端に口数が少ないのですね。
こちらも遠慮してしまうほどでしたよ?
注文してしばらくすると油のはねる音がして、天丼と天ぷらごはんが運ばれてきました。
「うまい!」の一言、「味で勝負、文句あるか」の江戸っ子気質を目の当たりにしました。

IMG_3365.jpg


古伊万里に空也最中です。
いいでしょう?
もう2枚買えばよかった・・・と後悔しています。

空也もなか


先程の古伊万里の見分け方ですが、話を聞いている時は「なるほどね」とわかったつもりでした。
今考えると裏の厚みを見て・・・とそれ以外肝心なことは何にも思い出せません。
こんなことばかりです。

06:37 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2月の絵本会 | top | 山の上の家を訪ねて

Comments

#
こんにちは、kokoさん
空也最中、ガイドブックに載っていましたが
我が家は、やめたのです
たねやさんとか最中はこちらにもあるからね

しかし、kokoさんの記事を読んだら・・
次は買ってみようかな(笑)

骨董市、京都でも多いですが、どうしても買う気が
湧いてこないのです
骨董好きな人は、骨董の勉強が楽しいのでしょうね
勉強嫌いのヨッシィーには遠い道です

天ぷら、とっても美味しそうですね
東京に行って天丼が食べれなかったのが
残念な事の1つです

kokoさんは三泊四日ぐらいの旅行でしたか?
by: ヨッシィー | 2019/02/25 11:22 | URL [編集] | page top↑
#
骨董市という響きに惹かれますね〜 すでにある古いものに自分にとっての価値を見出すことは、「新しいものを買う」ことよりもずっと豊かな気がします。
by: 163 | 2019/02/25 20:40 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 空也最中は予約がおすすめですよ。
 平日の10時過ぎに予約済みを買いにいくと、5箱だけ当日売りがありました。
 わずか5分の間に初老の殿方が次々と来店で、あっという間になくなりました!

 ふふふ!ヨッシィーさんという強力ライバルが、骨董市にはおられないのですね。
 目利きになられたらいいものを全部、ヨッシィー家に持っていかれそうですもの。
 私は古いものや市や小さい店が好きな、いまだに昭和の人間です。

 ふー!5泊6日で毎日1万歩以上歩いていました。
 ちょっと休みながら記事を小分けして書きますので読んでくださいねv-107
 
by: koko | 2019/02/26 08:48 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
163様

 おはようございます。
 ようこそ!いらしてくださりとてもうれしいです。

 そうですか、古いものがお好きですか・・・
 若いころ「使い捨ての文化」に踊らされてずいぶんともったいない暮らしをしました。
 価値あるものを捨てて、今考えると後悔ばかりです。
 はい!「自分にとっての価値」を大切にします。
 ありがとうございますv-22
by: koko | 2019/02/26 08:54 | URL [編集] | page top↑
#
江戸の骨董市。
眺めて、ぶらつくだけでも粋ですよね。

掘り出し物がありましたね。
古伊万里と聞くと、手が届かないぐらいと想像するのですが、お手頃もあるのでしょうか。

いつ、どのようなお方が使用されていたのか・・・興味がわきますね。思いを馳せます。
「見分け方」
一目で、いいと思えばそれでいいのでしょうかね・・。


by: ぱす | 2019/03/01 22:09 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ぱす様

 おはようございます。
 やはり値段が大問題でしょうか?
 ずいぶん前に知人が古伊万里専門店でずいぶんと揃えました。
 お値段も相当で、それを聞き私の古伊万里熱は冷めました。
 うちの経済では無理と知ったのです。

 今回の市は川越から来ている人でずいぶんと安かったのです。
 本物?にせもの?

 一応幕末から明治のものと聞き、いろいろ教えてもらい、何より楽しい時間でした。
 値引きもしてもらい・・・満足!満足!
 でも本心は「あーなます皿と蓋つきとそばちょこもほしかったな」と今思っています。
 重くて持てないのを棚に上げてです、ふふふ!

 古いものはなにかしら、魅力があるのですねv-119
 
by: koko | 2019/03/02 08:48 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/547-c445bd11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)