link    write  admin

歌川国芳と歌舞伎と空豆と

浮世絵を観るのが好きです。
絵のことはわからないのですが、何となくその時代の庶民の粋を感じるのです。
何と今回は幕末から明治に活写された作品で、それだけでもわくわくして出かけました。

IMG_3948.jpg


私のお気に入りの人物「平清盛」、江戸時代の歌舞伎で演じられた顔なのです。
なかなかに男前ですね~

IMG_3943.jpg


人気の役者勢揃い、魅力的な目でした。
みんな私を見ている、ふふふ!

IMG_3941.jpg


一転してこちらは今時の歌舞伎座です。
とてもスマートであか抜けた雰囲気が、素人目にも感じられるのですがどうでしょうか?

IMG_7153.jpg


時代の大きな流れは変えようがないことを、歴史は教えてくれています。
幕末の江戸でひたすらに作られた浮世絵、彼らにどんな心持ちがあったのでしょうか?

IMG_3954.jpg


大好きな豆の季節は足早に過ぎています。
しんがりは空豆ですね。
「Bはこれが好きだったね」「居酒屋では一つ三百円ですよ」
ジジババがぼそぼそと話しながら空豆を食べた初夏の宵でした・・・

     そら豆はまことに青き味したり
               細見綾子

06:44 | 美術館 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
『かべのむこうになにがある?』 | top | 女の不作法

Comments

#
おはようございます kokoさん
浮世絵ですか 日本の誇れる版画ですね
日本人が好きな印象派の画家は浮世絵が好きですよね
空豆 今が旬ですね お店では見かけるのですが
手にしないです 手が出るのは冷凍品になります
by: ヨッシィー | 2019/05/22 08:57 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。
浮世絵は楽しいですね。

絵を描く人、版木を彫る人、刷るひと、その他…
それぞれがすごいプロフェッショナルで、寝ても起きても夢の中でも意匠を考えていたのだろうなぁ…半ば狂人かも…。
そんな職人の意気地が感じます。
う〜ん、それが粋にも通じるのでしょうね。

羨ましい展覧会です。
by: yokkorin | 2019/05/22 15:50 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
ヨッシィー様

 おはようございます。
 変人奇人のZの数少ない友人のお陰で、新鮮で甘い豆の数々を堪能しております。
 そら豆は今年は不作だそうです。
 それでも皮をむいていると、水分が飛んでくるので、「あー新しいのね」と喜びます。
 何にも手をかけずともおいしいのです。
 次はモロッコ豆ですって!
 楽しみで~す。
 
 そうなんですよね、西洋の画家たちは浮世絵を見て、どう感じたのかとても興味深いですv-93
by: koko | 2019/05/23 07:34 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
yokkorin様

 おはようございます。
 近ごろは日本のものが好きなのです。
 彫る人、摺師・・・大変な技がいるのに、表舞台には出ず無名のまま、縁の下の力持ちの存在。
 こういう人たちで社会は支えられているのですね~
 表に出てくる天才は狂人と紙一重だったり・・・
 おもしろいですね~
 力があったら小説でも書きたいですね、ふふふ!

 こちらは子供向けの展覧会が増えまして、自分の年齢や好みの偏りに呆れる毎日ですv-28
by: koko | 2019/05/23 07:45 | URL [編集] | page top↑
#
次々といろんなお豆が出てきますね〜浮世絵展 新しい視点で面白そう!
by: Kinoko | 2019/05/23 08:07 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
Kinoko様

 おはようございます。
 春は豆の季節、豆は種そして命です。
 豆を食べて元気ですよv-268
by: koko | 2019/05/24 07:05 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://cocohikari21.blog.fc2.com/tb.php/567-554a7fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)