link    write  admin

2月いろいろ・・・

まだ朝晩は冴え渡り外では寒さが体に突き刺さるようです。

IMG_3821.jpg


毎年蔵元直送の酒粕をいただきます。
十五年以上も前あるサークルで出会い、そこを止めた今でも定期便のように寒い時期に届けてくださるのですよ。
とても忙しい方でいつも立ち話で終わり、さわやかな余韻もいっしょにおみやげです。

IMG_6216.jpg


2合炊きの土鍋で甘酒を作って、鍋帽子に入れておくと、仕事帰りのBが喜びます。
疲れていると甘いものが欲しいのでしょうね。

IMG_6223.jpg


そして粕汁です。
鮭によってずいぶん味がちがいますねぇ。
ダシを濃くするとまあ平均的においしくなるなぁと思っていますが・・・
家族が喜ぶ冬の献立です。

IMG_6225.jpg


近年めっきり寒さにも弱くなりました。
「脳みそが凍っているよ」と会う人毎に挨拶代わりに言っていましたが、「体がカチカチで~す」も付け加えないといけなくなりました。
加齢変化がまた増えましたよ。ふー。

IMG_1637.jpg

月に1度は会いおしゃべりしていた仲良しが近々遠い地へ越していきます。
お別れ会の花を買いに行った花屋さんはもう春でした。
さびしいけどもうちょっとがんばろう!


08:13 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

冬の山の味噌作り

今年も山の味噌作りに行きました。

35キロの大豆を煮ています。

IMG_6335.jpg


アク取りも混ぜるのも男性です。

IMG_6333.jpg


大豆と麹と塩を丁寧に混ぜて・・・

IMG_6327.jpg


どんどん積み重ねられていきます。

IMG_6324.jpg


それをミンサーにかけて容器に空気を入れないように詰めていくのです。

IMG_6331.jpg


右の2つの大鍋が大豆で左の羽釜ではご飯を炊いていますよ。

IMG_6326.jpg


持ち寄りのおかずの1部です。
おいしそうでしょう?

IMG_6336.jpg


ダシにこだわったおいしい豚汁もできました。

IMG_6340.jpg


薪で沸かした湯で淹れるコーヒーは格別でした。

IMG_6322.jpg


真っ赤な炎は生きているように揺れ動きます。

IMG_6344.jpg


味噌の容器はプラスチックでしたが、後は自然の恵みであふれた食べ物と時間でした。


08:10 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

みかんとゆずと金柑と

夏みかんが好きです。
それが近頃かごの中で腐らすことがよくあるのですよ。
皮に包丁で十字に切れ目を入れ、親指で剥くのに力が入らず難儀をするので、ついついほっぽらかすのです。

そこでまとめて剥いて房の口を鋏で切り皿に入れておくことにしました。
そうすると小腹が空いた時つまんで気軽に食べれるようになりましたよ。

IMG_6233.jpg


そして皮でみかんクリーナーを作ります。
bienesさんに教わりました。
柑橘類の皮を水に入れ鍋でしずかにに煮出し、冷ましてこしただけです。
台所・洗面所・トイレ・・・にスプレーしキュキュッと磨いておりますよ。
ほのかな香りと色でほっとしています。

IMG_6296.jpg


ゆずの皮は薄くはぎとり、バラ冷凍をして小びんに入れておくと漬物・和え物・飾り・・・と便利です。

IMG_6292.jpg


右はゆずの種を焼酎につけてできるハンドクリームです。
匂いを気にせず料理前後に使えます。
左はゆずの汁です。
同量のみりんとしょうゆでポン酢がすぐにできますよ。
洋酒の瓶の蓋がおわかりでしょいか?
瓶は資源回収に出し、きれいな蓋は何にでも帽子のように使います。

IMG_6294.jpg


ざくざく切って砂糖につけました。
たっぷりの果汁とやわらかい皮のゆずの砂糖漬、熱湯で割るとお腹も心もほっこりします。

IMG_6302.jpg


箱入り娘のような金柑の甘煮をもらいました。
我が家では生のまま齧り、あっという間になくなります。
手間暇かけたものはおいしいですねぇ。

IMG_6305.jpg


お日様色の果物を食べていると、窓からの日差しも力強くなったような気がしてきました。
もうすぐ春ですね~

07:46 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

牡蠣の季節で~す

牡蠣会社近くに住んでいる人から今年も届いた牡蠣です。
新鮮で大きくてもちろんおいしくて、これ以上のものを私は知りません。
それほどの牡蠣なのですよ。

IMG_6250.jpg


まずは牡蠣ごはんです。
三十年以上使っている無水鍋で炊きます。
この姿・形をご覧ください。
言葉はいりませんよ~

IMG_6274.jpg


他は小さい野菜と汁と納豆だけ。
何杯もごはんをお代わりします。

IMG_6256.jpg


翌日は牡蠣フライ、何とパン粉が切れていました。
それで全粒粉のクラッカーを砕いて衣にしましたがこれがけっこうおいしいのですよ!
にんじんのスープといつもの納豆です。

IMG_6263.jpg


今回Aお薦めのなたね油で揚げました。
おいしくておいしくて食べ過ぎました。

IMG_6304.jpg


海水温度の変化で海のものも減っているとか。
海の幸山の幸・・・次の世代にも手渡すためにも小さい暮らしを心がけたいです。

05:58 | | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

幸せ焼きたてパイ!

オーブンなしの暮らしになり何年たったでしょうか。
お菓子作りはあきらめておりました。

昨秋Aの家で焼きたてのアップルパイを食べました。
聞けばオーブントースターで焼いたと言います。
早速手取り足取り、詳しく教わってきました。

IMG_5787.jpg


CO・OPの冷凍のパイシートを使いますよ。
便利ですねぇ~

IMG_6237.jpg


煮りんごにせずりんごは薄くスライスしました。
得意の手抜きです。
ジャムを薄く塗りりんごを並べシナモンを振るだけ。
他にチョコレートをのせたりレモンをのせたり・・・

IMG_6239.jpg


さあできました。
ちょっと油断していて焦がしましたよ。ふふふ。
生のりんごパイはさわやかでなかなかおいしいですね!
チョコもいけました。

IMG_6244.jpg


今度はりんごジャムをたっぷりのせて、じーと火加減を見ていました。
十分でできあがり!
コーヒーといっしょにあっという間に三時の用意ができました。

IMG_6246.jpg


どんな有名店のパイより焼きたてのうちのパイがいいねえと喜ぶ冬の午後です。
これを幸せというのでしょうか・・・

06:46 | | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑